ワイヤー矯正

歯列矯正治療中はどんな痛みがある?矯正治療中に感じる痛みを事前に知って不安を減らそう!

歯科矯正 痛み

歯列矯正治療を受けてみたいけれど、痛みが心配で踏み切れない方は多いのではないでしょうか? 本記事では、歯列矯正治療中の痛みについて以下の点を中心にご紹介します!

  • 歯列矯正治療中の痛み
  • ワイヤー矯正のトラブル
  • 歯列矯正治療中の痛みの対処法

歯列矯正治療中の痛みについて理解するためにもご参考いただけると幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

歯列矯正治療中の痛みについて

歯列矯正治療中の痛みについて

歯列矯正治療は痛いですか?
矯正治療は人によって感じ方が異なるため、一概に「痛い」と言い切ることはできません。矯正治療中に歯が痛むのは一般的なことであり、歯が動いている証拠でもあります。実際には、初めのうちは痛みを感じることがありますが、慣れてくると痛みをほとんど感じないという方もいます。 痛みの程度や感じ方は個人差がありますが、治療が進むにつれて痛みも和らぎますし、痛みがあることで治療の進行を実感できることもあります。また、矯正治療は美しい歯並びや健康な噛み合わせを得るための長期的な投資であり、痛みに耐える価値があると考える人もいます。 もし痛みが不安で踏み切れない場合は、歯科医師としっかりと相談しましょう。痛みを軽減する方法やアドバイスを得ることで、不安を和らげることができるかもしれません。また、矯正治療の進め方や矯正器具の選択肢なども個別に検討できます。
歯が動いていると痛みを感じますか?
はい、歯列矯正中に歯が動いていると痛みを感じることがあります。この痛みは人によって感じ方が異なり、「歯が浮いたような痛み」や「うずくような痛み」と表現されることがあります。 特に、ワイヤー矯正では、ワイヤーを調整した直後の数日間は歯の周辺組織が吸収と再生を繰り返すため、痛みを感じやすくなります。この痛みは一時的なものであり、歯が徐々に移動し、組織が適応していく過程で軽減されていきます。 もし痛みが強くて我慢できない場合は、歯科医師に相談することが大切です。医師は矯正の進行や痛みの状況を確認し、適切な対処法を提案してくれます。また、患部を冷やすなどして痛みを和らげることもできます。
矯正器具が当たると痛いですか?
矯正治療中は装置が口の中に入っている時間が長くなるため、装置が歯茎や頬の粘膜に当たり痛みを感じることがあります。特に、ワイヤー矯正ではよく見られる現象であり、奥歯のワイヤー処理が不十分な場合、違和感や痛みを感じやすくなります。矯正装置の処理が不適切であれば、口の中に違和感を覚えることがあります。 調整後は、舌や頬を動かしてワイヤーが当たっていないか入念に確認することが大切です。少しでも気になる点があれば、遠慮せずに歯科医師に相談し、処理をしてもらいましょう。装置が当たっていると痛い場合、その原因を特定して適切な調整を行うことで、痛みを軽減できる可能性があります。 装置が当たる痛みは一時的なものであり、徐々に慣れていくことが多いですが、我慢できないほどの痛みが続く場合は早めに医師に相談しましょう。
硬いものを噛むと痛いですか?
矯正治療中は食事をする際に歯に負荷がかかりやすいため、一時的に痛みを感じることがあります。特に、硬い食べ物を噛む際には痛みを感じることがよくあります。 硬い食べ物を噛むと、矯正装置に加えて歯にも負担がかかります。そのため、りんごやお肉・パンなどの堅い食べ物は、痛みを感じる可能性が高いです。このような場合、痛みが治まるまでの期間は、柔らかくて噛まなくても食べられる食品を選ぶことをおすすめします。例えば、お粥やヨーグルトなどは食べやすく、歯にかかる負担が少ないため、矯正中の食事に適しています。 矯正治療中は、特に硬い食べ物には注意が必要であり、食事の際には柔らかい食品を選ぶことで、痛みを軽減することができます。また、食べ物をかむ際に無理な力を加えず、優しくかみましょう。

ワイヤー矯正のトラブルについて

ワイヤー矯正のトラブルについて

ワイヤーが飛び出して痛い場合はありますか?
歯列矯正中にワイヤーが飛び出して頬の内側に当たる場合、痛みを感じることがあります。このような場合は、まずは歯科医院で教えた方法で当たる場所をガードしてみることがおすすめです。白い棒状の粘土状のものを使って、ワイヤーと頬の間にクッションを作ることで、痛みを和らげることができます。 もしガードしても痛みが改善されない場合は、早めに歯科医院に予約をとり、飛び出したワイヤーを修正してもらうと良いでしょう。ワイヤーの修正は簡単に行うことができますので、問題解決が早いです。 ワイヤーが飛び出す理由は、歯が動き始めるとワイヤーがまっすぐになるために余分に出てくることが主な原因です。また、前歯が後方に引っ込むことやワイヤーが左右にずれることによっても飛び出すことがあります。
ブラケットが外れて痛い場合はありますか?
ブラケットが外れる場合は、その状況によって痛みの程度と緊急性が異なります。 もしブラケットが外れて頬の内側や歯茎に当たる場合、痛みを感じる場合は早めに専門家へ連絡することをおすすめします。このような場合は早急に修理か応急処置が必要です。ただし、特に痛みを感じない場合であれば、緊急性は低いですが、一応連絡して次回に修理を行うか予約して修理を行うか応急処置をするかを検討します。 また、ブラケットが中間の部分で外れた場合は、一般的に緊急性は低いです。しかし、ブラケットがクルクル回ったり、位置がずれている場合に気になる場合は専門家へ連絡することをおすすめします。修理か応急処置を行うことで対応します。 ブラケットが外れる原因は、治療中に外れやすい設計になっていることがあります。食事では固めの食べ物や粘着性の強い食べ物には注意が必要です。矯正治療中は硬い食べ物を避け、治療に配慮した食事を心掛けると良いでしょう。

歯列矯正治療で生じる痛みの対処法について

歯列矯正治療で生じる痛みの対処法について

冷やすことにより痛みは軽減できますか?
歯が動いていることによる痛みは、冷やすことで一時的に軽減できます。保冷剤や氷を薄い布で包み、患部を冷やすことにより、痛みは和らぐでしょう。特にお風呂上りや寝る前など、身体が温まっているときに痛みが強く感じられる場合に有効です。
鎮静剤は飲んでもいいですか?
歯列矯正中に痛みを和らげるために鎮痛剤を服用することは、短期的な緩和を図る手段として考えられます。しかし、市販の痛み止めを自己判断で服用する際は注意が必要です。矯正治療では歯を動かすことが重要であり、過度な痛み止めの使用は治療の進行を鈍化させる可能性があります。 鎮痛剤を服用したい場合は、医師に確認してからの方が良いでしょう。医師は患者さんの状態をよく理解しており、適切な鎮痛剤の使用方法や適量をアドバイスが期待できます。そのため、歯が動いている痛みが耐えられない場合や緩和を希望する際は、医師に相談してみてください。
ワックスを使用すると良くなりますか?
矯正用ワックスはワイヤーやブラケットが頬や舌に当たって痛い場合に効果が期待できます。矯正治療中は装置が口の中にあるため、時折当たることがありますが、ワックスを使用することで保護できます。 ワックスの使い方は簡単で、軽くまるめて痛む箇所に押し付けるだけです。これにより、ワイヤーやブラケットと頬や舌との間にクッションを作り出し、直接的な当たりを和らげます。口内炎や過度の痛みを防ぐために重要な対処法です。 ワックスは食事や歯磨きの際に外れやすいため、痛みがある期間中は適宜再度使用する必要があります。ワックスを使うことで痛みが軽減され、治療期間を快適に過ごすことができるでしょう。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで歯列矯正治療中の痛みについてお伝えしてきました。 歯列矯正治療中の痛みの要点をまとめると以下の通りです。

  • 歯列矯正治療中の痛みは、歯が動いていることや器具が当たる事が原因で起こる
  • ワイヤー矯正が飛び出る、外れることで痛みが起こる場合もある
  • 歯列矯正治療中の痛みの対処法は、患部を冷やすこと、鎮静剤の使用、ワックスの使用などがある

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

  1. 噛み合わせの違和感の原因は?歯列矯正による治療法も解説

  2. インビザラインとワイヤー矯正はどっちがおすすめ?それぞれの特徴を比較

  3. 噛み合わせの治療は保険適用になる?適用される条件や費用相場

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780