ワイヤー矯正

歯科矯正で小顔になる?効果を感じやすい人の特徴や期待できる変化もあわせて解説します!

歯科矯正 痛くない

歯科矯正で小顔になるのか知っていますか? 本記事では、歯科矯正で小顔になるのかについて以下の点を中心にご紹介します!

  • 歯科矯正とは?
  • 歯科矯正に小顔効果はあるの?
  • 小顔効果を感じやすい人

歯科矯正で小顔になるのかについて理解するためにもご参考いただけると幸いです。 ぜひ最後までお読みください

歯科矯正とは?

>歯科矯正とは?

歯列矯正は、美しい笑顔と健康な噛み合わせを目指すための治療法です。この治療は、特定の矯正装置を使用して歯の位置や噛み合わせを調整するもので、主にワイヤー矯正とマウスピース型矯正の二つの方法が一般的です。 ワイヤー矯正は、金属やセラミックのブラケットを歯に固定し、ワイヤーを通して歯を動かす方法です。このワイヤーによって、歯は徐々に所望の位置に移動します。この方法は、特に重度の歯並びや噛み合わせに適していますが、装置が目立つため、見た目に対する懸念があります。 一方、マウスピース型矯正は透明なプラスチック製のマウスピースを使用します。このマウスピースは、患者さんの歯列にぴったりと合わせて作成され、装着することで歯を微妙に動かしていきます。見た目が自然で取り外しが可能なため、日常生活における制限が少ないというメリットがあります。 どちらの方法も、矯正後の維持期間が必要です。これは、歯が元の位置に戻らないようにするための重要なステップです。 歯列矯正は単なる美容治療ではなく、噛み合わせの改善によって口腔内の健康をも促進する重要な治療です。選択する方法は、患者さんのニーズ、期待、そして費用によって異なるため、専門の歯科医師としっかりと相談することが重要です。

歯科矯正に小顔効果は期待できるの?

歯科矯正に小顔効果はあるの?

歯列矯正は、歯の位置や噛み合わせを整えるための治療法です。その主な目的は、口腔内の健康を維持・向上させることにあり、小顔効果を目的とした治療ではありません。しかし、歯列矯正の結果として、顔の形状やバランスが変わることがあるため、小顔に見えることがあるのです。 特に、もともとの歯並びや噛み合わせが悪く、それが原因で顔がふっくらとして見える場合、矯正によってその印象が変わることがあります。例えば、上下の歯が適切に噛み合わせるようになると、顎の位置が変わり、それに伴って顔のラインがすっきりとすることも考えられます。 しかし、すべての人が歯列矯正を受けることで小顔効果を得られるわけではありません。人それぞれの骨格や筋肉の構造、そして治療前の歯の状態によって、得られる効果は異なります。 矯正治療を受ける際には、小顔効果を期待するだけでなく、歯の健康や噛み合わせの改善を主な目的として考えることが大切です。小顔効果を追求する場合、それに特化した治療も存在するため、専門家との相談をおすすめします。

小顔効果を感じやすい人

小顔効果を感じやすい人

小顔効果を感じやすい人はどのような特徴があるのでしょうか?以下で解説していきます。

口元が前に出ている

口元が前方に突出している状態の場合、矯正治療を通じて口元を後方に移動させることが多く行われます。その結果、顔の輪郭がすっきりとし、小顔に見えることが期待されます。 特に、矯正治療後に唇がしっかりと閉じるようになると、顔の縦の長さが短く感じられることがあります。これは、唇が閉じられることで、顔の全体的なバランスが整い、面長の印象が軽減されるためです。歯並びの状態と顔の形状は密接に関連しており、矯正治療によって小顔効果を感じやすい人もいれば、そうでない人もいます。診断と相談が必要です。

噛み合わせが原因でエラが張っている

噛み合わせの不調和は、顔の筋肉に過度な負担をかけることがあり、結果としてエラが張って見えることがあります。食事時に特に顔の筋肉が不均衡に動くことで、筋肉が発達しやすくなります。歯列矯正を通じて噛み合わせを整えることで、筋肉のバランスが改善され、エラの張りが軽減されることが期待されます。 これにより、よりすっきりとした顔のラインを手に入れられるかもしれません。しかし、エラの張りの主な原因が骨格にある場合、歯列矯正のみでの改善は難しいことも考えられます。そのため、治療を検討する際には、歯科医師としっかりと相談し、原因を正確に把握することが大切です。

歯並びの影響で顎がずれている

歯並びの不調和は、顎の位置やフェイスラインに影響を及ぼすことがあります。特に、不均等なかみ合わせが続くと、顎が一方向にずれたり、筋肉のバランスが崩れたりすることで顔の形が変わる可能性があります。 歯並びを矯正することで、顎の位置が正常に戻り、均等なかみ合わせが得られるようになります。これにより、顔の筋肉が左右対称に動くため、フェイスラインが整い、すっきりとした印象になります。 また、一方の顎でのみ噛む習慣は、顔の非対称性を引き起こす可能性があるため、日常生活での食事時には左右の顎を均等に使用することが大切です。これにより、顔のバランスを保ちながら、小顔効果を実感することが期待できます。歯並びの矯正は、健康的なかみ合わせだけでなく、美しい顔の形状を手に入れるための一つの方法と言えるでしょう。

小顔以外で期待できる顔の変化

小顔以外で期待できる顔の変化

小顔以外で期待できるどのような顔の変化があるのでしょうか?以下で解説していきます。

Eライン

Eラインは、顔のプロポーションを示す重要な指標の一つで、鼻の先から顎の先までの線を指します。このラインは、横顔の美しさを評価する際の基準として広く認知されています。理想的なEラインは、上下の唇がそのラインのわずかに内側に位置することが望ましいとされています。 出っ歯や受け口、その他の歯列の不正により、唇がEラインから外れてしまうことがあります。このような状態は、顔のバランスを乱してしまう可能性があります。しかし、歯列矯正を行うことで、歯の位置を調整し、Eラインを適切な位置に戻せます。 歯列矯正の目的は、健康的なかみ合わせを実現するだけでなく、顔の美的バランスを向上させることにもあります。Eラインの改善は、その美的バランスを高めるための重要な要素となります。

顔のゆがみやフェイスライン

顔の歪みは、しばしば歯並びや噛み合わせの不均衡に起因しています。歯列矯正を行うことで、噛み合わせが正しく整うと、フェイスラインのバランスも自然に改善されることが期待されます。噛み合わせが不均等であると、噛む際の力が左右で異なるため、顔の筋肉のバランスが乱れ、顔の歪みが生じることがあります。 歯列矯正を受けることで、このような問題が解消され、顔の左右のバランスが整い、歪みが改善されることが多いとされています。顔の歪みやフェイスラインの不均衡に悩んでいる方は、歯並びがその原因である可能性が考えられます。そのため、歯科クリニックでの診断や相談を検討することで、顔の美しさと健康を同時に手に入れられるかもしれません。歯列矯正は、健康的な口腔環境だけでなく、顔全体のバランスをも整える効果が期待されます。

自然に口が閉じられる

口が自然に閉じることは、顔の印象や健康にも影響を与える要素の一つです。歯列矯正を行うことで、出っ歯や上顎前突などの症状が改善され、口がしっかりと閉じることが可能になる場合があります。 特に、出っ歯の症状があると、口を完全に閉じることが難しく、これが顔の印象を大きく左右することがあります。しかし、歯列矯正によって歯の位置や傾きが整えられると、口が自然に閉じやすくなり、それに伴って顔の全体的なバランスも向上します。 ただし、症状の重症度や個人の状態によっては、歯列矯正だけでは完全に口を閉じることが難しい場合も考えられます。そのため、治療の前には専門家としっかりと相談し、期待できる効果や治療の方針を理解することが重要です。歯列矯正は、健康的な口腔環境を実現するだけでなく、顔の印象をも変える可能性がある治療法です。

まとめ

まとめ

ここまで歯科矯正で小顔になるのかについてお伝えしてきました。 歯科矯正で小顔になるのかの要点をまとめると以下の通りです。

  • 歯列矯正は、美しい笑顔と健康な噛み合わせを目指すための治療法のこと
  • 歯列矯正は、顔の形状やバランスが変わることがあるため小顔に見えることがある
  • 「口元が前方に突出している」「噛み合わせが原因でエラが張っている」「歯並びの影響で顎がずれている」などの特徴がある人が小顔効果を感じやすい

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

  1. 八重歯の裏側矯正はどんな治療?メリットやデメリット、そのほかの矯正もあわせて解説

  2. 小児矯正のランパ(RAMPA)セラピーとは?一般的な小児矯正との違い

  3. 部分矯正は下の歯のみでも可能?適応例やメリット・デメリットを解説

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780