未分類

前歯の部分矯正とは?部分矯正が適応となる症状やメリット・デメリット

部分矯正 前歯

歯列矯正は、噛み合わせや悪い歯並びを修正し、美しい歯並びを実現する治療です。歯列矯正は歯を全体的に矯正しなければいけないイメージがある方もいらっしゃると思いますが、実は前歯などのみを部分的に矯正できる場合があるんです。
そこで本記事では、前歯の部分矯正治療について以下の点を中心に解説します。

  • 前歯の部分矯正と全体矯正の治療の違い
  • 部分矯正で治療できる前歯について
  • 前歯の部分矯正のメリットとデメリット

前歯の部分矯正について理解を深めるために、参考にしていただけますと幸いです。
ぜひ最後までご覧ください。

前歯の部分矯正について

前歯の部分矯正について

前歯の部分矯正とはどんな治療ですか?
前歯の部分矯正は、主に審美的な目的で行われる治療法です。なかでも、前歯が不揃いな場合や突出している歯、捻じれている歯のみなど、目立つ部分の改善を望む患者さんに選ばれるとされています。前歯の部分矯正は、全ての歯を動かすことが目的ではなく、特定の前歯数本のみ動かすことを目的としていますが、単に2本の歯を整える場合でも、適切なスペースを確保するために、隣接する複数の歯を動かす必要があります。したがって、前歯数本のみの治療でもより多くの歯を動かす必要があります。
部分矯正と全体矯正の治療の違いについて教えてください。
歯列矯正治療は、歯並びと噛み合わせの問題を修正するためのものですが、全体矯正と部分矯正では、得意とする症状や治療目的が異なります。全体矯正は、患者さんの歯全体を対象とし、噛み合わせの全般的な調整と改善を目指します。この方法は、根本的な噛み合わせの問題を解決するために行われ、理想的な歯並びを実現します。

一方、部分矯正は、主に見た目に影響する前歯部分(主に上下12本の歯まで)に焦点を当てた治療で、特定の歯並びの問題を短期間で解決するのに適しています。この方法は、全体的な噛み合わせの調整を必要としない人に適しており、費用も時間も全体矯正に比べて少ない傾向にあります。

部分矯正で治らない歯並びはありますか?
部分矯正は、特定の軽度な不正咬合に対してのみ適応可能とされる治療法です。
軽度な不正咬合は、軽度の叢生や八重歯、上顎前突や下顎前突、捻転歯、すきっ歯、開咬などが含まれます。しかし、自己判断で軽度と考えても、実際には抜歯が必要だったり、開咬を伴ったりなど、より複雑な治療が必要なケースもあります。なかでも、歯を並べるスペースがない、歯の重なりが大きい、奥歯の噛み合わせが悪い、前歯だけでなく歯列全体の歯並びが悪い、骨格に問題がある不正咬合など、重度の不正咬合や骨格の問題を抱える場合は部分矯正では対応できません。 また、出っ歯や受け口、正中のズレなど、顎の骨に問題がある場合は全顎の矯正治療が必要になることが多いです。

したがって、自身の歯並びや噛み合わせの状態については、専門の歯科医師の診断を受け、適切な治療法を選択することが重要です。

前歯の部分矯正の装置について教えてください。
前歯の部分矯正には、主にワイヤー矯正とマウスピース型矯正の二つの方法があります。ワイヤー矯正では、特定の歯にブラケットとワイヤーを装着し、歯を移動させます。表側矯正の場合はワイヤーが目立つ可能性がありますが、効率的でコストパフォーマンスに優れています。そしてワイヤー矯正には裏側矯正(舌側矯正)もあり、裏側矯正(舌側矯正)は装置を歯の裏側に装着するので、視覚的に目立ちにくいですが、費用が高いというデメリットもあります。
最後に、マウスピース型矯正は透明な装置を使用し、自分で取り外せるため、日常生活での目立ちにくさと衛生的という利点があります。しかし、装置の連続使用が必要で、自己管理が求められます。各装置にはそれぞれのメリットとデメリットがあり、患者さんの状態やニーズに応じて適切な選択が必要です。

部分矯正で治せる前歯の症状

部分矯正で治せる前歯の症状

前歯が軽度の乱杭歯・叢生・出っ歯の場合は、部分矯正に向いていますか?
前歯が軽度の乱杭歯、叢生、または出っ歯の場合、部分矯正が適している可能性があります。軽度の叢生や出っ歯の例を挙げると、前歯数本のみが前方に突出している場合や、わずかに傾いている場合、若干重なっている場合、軽く凸凹している場合などです。奥歯を動かす必要がなく、骨格に問題がない場合には部分矯正は有効とされるでしょう。
しかし、顎の骨格に由来する出っ歯や、隣の歯との間に大きな段差がある場合など、より複雑な症例では部分矯正だけでは満足のいく結果を得られない可能性があります。
前歯がすきっ歯の場合は、部分矯正に向いていますか?
前歯部分に軽度のすきっ歯が見られる場合、部分矯正は治療の選択肢となり得ます。
特に前歯の小さな隙間を対象とし、その限定された範囲で歯の位置を調整します。すきっ歯の部分矯正が対応できるのは、隙間が比較的小さく、部分矯正によって十分閉じる状態であるかどうかです。しかし、隙間が広い場合や、部分矯正を施した結果として歯列のほかの部分に新たな隙間が生じる可能性がある状況では、全体矯正を考える必要があります。
また、噛み合わせの問題が伴う場合には、部分矯正だけでは対処が難しく、全体の歯列矯正を要する場合もあります。

そのため、個々の歯の状態を精密に評価した上で、歯科医師と相談し、適切な治療方法を選ぶことが大切です。

前歯が1本傾いている場合は、部分矯正に向いていますか?
前歯1本が傾いている状況では、特定の条件下で部分矯正が適切な選択肢となり得ます。部分矯正は、限定的な範囲の歯並びの問題や、以前の矯正治療で改善された後に再び問題が発生した歯を対象としています。
なかでも、前歯のような目立つ部分のわずかな傾きを修正する際に、部分矯正が向いており、大きな利点は、特定の歯だけを狙って動かすことで、治療期間と費用を大幅に削減できる点にあります。
必要な部分だけに対応でき、多くの患者にとって魅力的な選択肢となっています。
オープンバイトの場合は、部分矯正に向いていますか?
オープンバイト(開咬)、つまり上下の前歯に隙間が生じている状態に関しては、特定の条件下で部分矯正が適切な選択肢となり得ます。特定の条件下とは、隙間が生じている状態が前歯に限定されており、骨格的な問題がない場合、またはほかに顕著な歯の問題が見当たらない場合です。これらの条件を満たす場合、部分矯正により開咬を改善することが可能とされます。また、マウスピース型矯正は、オープンバイト(開咬)に対応する治療法として有効であるとされています。オープンバイト(開咬)の症状には食事や発音時の不便が伴うため、早期の対応が重要です。

前歯の部分矯正のメリットとデメリット

前歯の部分矯正のメリットとデメリット

前歯の部分矯正は費用が抑えられますか?
前歯などの一部の部分矯正の場合は、全顎矯正より必要な矯正器具の数が少なく、治療期間も短い傾向にあるため、総じて費用を節約できる可能性がある選択肢です。治療の範囲が限定されるため、全顎矯正よりも経済的負担が軽減されることが多いようですが、個々の症例によって費用は異なるため、具体的な金額は歯科医院で相談しましょう。
前歯の部分矯正は短期間で治療が完了しますか?
繰り返しになりますが、前歯の部分矯正は、その効率性と短い治療期間で注目されています。早い場合だと、わずか3ヶ月で治療を完了するケースもあり、通常は6ヶ月から1年程度の間で治療が可能とされています。これは、全顎矯正に必要な2年から3年の期間とより短いため、前歯などの一部の部分矯正は、忙しい方や特定のイベントまでに治療を終えたい方におすすめです。
前歯の部分矯正は歯を削る場合がありますか?
前歯の部分矯正に際しては、歯を理想的な位置に動かすために必要なスペースを作り出すプロセスで、歯や歯間を削る場合があります。この処置はIPRと称され、矯正に必要なスペース確保のために採用される可能性があります。IPRにより、ときには歯のエナメル質が減少し、冷たいものがしみるようになる可能性がある点に留意する必要があります。
前歯の部分矯正は歯の噛み合わせを調整できないのですか?
こちらも前述しましたが、前歯の部分矯正は、主に見た目の改善に焦点を当てた治療であり、特定の歯だけを移動させることが目的です。目的は、歯列の一部分に限定されているため、全体の噛み合わせの調整には対応していません。全顎矯正では、見た目の改善に加えて、噛み合わせ全体のバランスを整えることが可能とされており、これにより歯にかかる力を均等に分散させ、長期的に口腔内の健康を支えます。したがって、噛み合わせを調整したい場合は前歯などの一部の部分矯正ではなく、全顎矯正を選択した方が良いでしょう。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで前歯の部分矯正についてお伝えしてきました。前歯の部分矯正についてまとめると以下のとおりです。

  • 前歯などの一部の部分矯正は、限られた部分の歯の移動(前歯以外の複数の歯も含む移動)に焦点を当てた治療で、全体矯正は、噛み合わせの全体的な改善を目的とし、上下の歯を含めた広範囲で歯を移動させるという違いがある
  • 部分矯正で治療できる前歯は、軽度の乱杭歯、叢生、出っ歯、すきっ歯、1本だけ傾いている歯、オープンバイト(開咬)などがあるが、状態によって治療が難しい可能性もある
  • 前歯の部分矯正は、全顎矯正より必要な矯正器具の数が少なく、費用を節約できたり、短期間で治療を終わらせたりできるメリットがあるが、歯を動かすために歯や歯間を削る場合があることや、噛み合わせは調整できないデメリットもある

前歯の部分矯正は、さまざまな軽度の症例に対して治療の選択肢のひとつとして選ばれています。歯並びの問題は、自己判断では難しいため、歯科医院で相談をしてみましょう。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

  1. 前歯矯正にマウスピースは適応できる?治療費用やリスクを解説

  2. 裏側矯正(舌側矯正)で出っ歯は治せる?おすすめの人・費用についても解説

  3. 裏側矯正(舌側矯正)の滑舌への影響は?慣れるまでの期間・喋り方のコツを解説

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780