ワイヤー矯正

歯科矯正で使用するネジとは?アンカースクリューのメリットとデメリットについて徹底解説!

歯科矯正で使用するネジとは?

歯列矯正で使用するネジについてご存知ですか? 本記事では歯列矯正で使用するネジについて以下の点を中心にご紹介します。

  • 歯列矯正で使用するネジの役割や材質
  • 歯列矯正で使用するネジのメリット・デメリット
  • 歯列矯正で使用するネジの注意点

歯列矯正で使用するネジについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

歯列矯正で使用するネジとは

歯列矯正で使用するネジとは

歯列矯正でのネジの役割は何ですか?
歯列矯正治療におけるネジ、特にアンカースクリューは、歯を動かす際の支えとして利用されます。これらのネジはチタン製で、人体に対する侵襲性が低い材料から作られており、骨に直接打ち込むことで、動かしたい歯を効率的に、かつ特定の方向に動かすことを可能にします。アンカースクリューを利用することで治療期間を短縮することが可能であり、また抜歯や外科手術などの必要を減らします。しかし、アンカースクリューの使用には麻酔が必要であり、清潔に保たないと細菌感染のリスクがあります。
歯列矯正のネジの種類や材質は何ですか?
歯列矯正用アンカースクリューは、チタン製の小さな医療用ネジで、直径1〜2mm、長さ6〜10mmのチタン製ネジです。 従来の矯正治療では、歯を動かすために、歯にブラケットと呼ばれる金属製の装置を取り付け、ワイヤーで繋いでいました。しかし、この方法では、歯の動かし方に限界があり、治療期間が長くなることがありました。一方、アンカースクリューを使用することで、歯をより自由自在に動かすことが可能になり、治療期間を短縮できます。このネジは人工関節や人工歯根にも使われるため、生体に優しい材質とされています。埋入部位とアンカースクリューの長さは治療に応じて変わり、通常は歯科用局所麻酔を用いて埋入されます。アンカースクリューは、従来の矯正治療と、以下のような違いがあります。

  • 土台の位置: 従来の矯正治療では、ブラケットを歯に取り付けることで、歯を動かす土台としていました。一方、アンカースクリューは、歯以外の場所(例えば、歯茎や顎骨)に取り付けられます。このため、歯をより自由自在に動かせます。
  • 治療期間: アンカースクリューを使用することで、歯をより自由自在に動かせるため、治療期間を短縮できます。
  • 痛み: アンカースクリューを使用することで、歯をより自由自在に動かせるため、従来の矯正治療より、痛みが少なくなることがあります。
矯正治療後、ネジは取り外せますか?
矯正治療が完了した後、アンカースクリューは取り外されることがあります。具体的な期間は治療の進行状況や個人の状況によりますが、通常は治療の終了時に装置と一緒にネジが取り外されます。取り外し後の跡はきれいに消えるため、特に心配する必要はありません。

アンカースクリューのメリット・デメリット

アンカースクリューのメリット・デメリット

アンカースクリューは治療期間を短縮できますか?
アンカースクリューは、骨にしっかりと埋められ、動かないため、通常のワイヤー矯正治療で問題となる奥歯の前方への動きを無視できます。この動きを打ち消すために努力するのが通常のワイヤー矯正治療のアプローチですが、アンカースクリューを使用することでこの問題を回避し、治療期間を短縮することが可能になります。
アンカースクリューは難症例にも対応できますか?
アンカースクリューは、難症例においても効率的な治療方法となることがあります。特に重度の出っ歯(上顎前突)や重度の受け口(下顎前突)の場合、アンカースクリューを利用することで、前歯を大きく後方に移動させることが可能となり、これにより上唇の突出感を改善したり、下顎前歯を大きく後方に移動させたりできます。また、アンカースクリューを使用することで、抜歯後の後方臼歯の前方移動のリスクを考慮する必要がなくなるため、前歯だけを大きく動かすことが可能となり、これにより難症例にも対応しやすくなります。
アンカースクリューは費用が高くなりますか?
アンカースクリューを使用することで治療費が高くなる可能性があります。これは、アンカースクリューの材料コストや埋め込む手術の費用が含まれるためです。詳細な費用の相場については、矯正歯科に問い合わせることをおすすめします。また、アンカースクリューが要求されるケースの複雑さや治療計画によっても費用が変わる可能性があります。

歯列矯正用アンカースクリューの注意点

歯列矯正用アンカースクリューの注意点

アンカースクリューを清潔に保たないと歯茎が感染を起こしますか?
アンカースクリュー周辺の歯茎が感染する可能性がありますが、これはお口の中が不潔な状態である場合に限られます。感染を防ぐためには、タフトブラシを使用してアンカースクリュー周囲を清潔に保つことが推奨されています。また、衛生士からスクリューの清潔に保つ方法についての指導を受けることも可能です。これらのケア方法を遵守することで、アンカースクリュー周辺の歯茎の感染を予防します。
アンカースクリューには痛みがありますか?
アンカースクリューの痛みは、主に3つの段階に分けられます。 最初に、スクリューを植え込む際に少量の麻酔を使用し、適切な処置が行われれば強い痛みは感じないとされています。 処置後の2〜3日間は軽度の痛みを感じる可能性があり、この痛みは鎮痛剤で管理できます。スクリューが安定した後は、特に違和感や痛みはほとんど感じなくなりますが、頬に擦れて口内炎を引き起こす可能性があります。 最後に、スクリューを除去する際には表面麻酔を行い、そのため痛みはほとんどないかわずかです。
アンカースクリューが抜けてしまうことはありますか?
アンカースクリューの成功の確率は大体70-80%範囲にあり、10人中2〜3人はアンカースクリューがしっかり固定されずに外れてしまう可能性があります。若者、喫煙者、お口の中に汚れが多い人はアンカースクリューの安定性が下がる可能性があります。アンカースクリューが抜けた場合は、別の箇所に再設置するか、アンカースクリューを使用しない治療法を選択する必要があり、治療のゴールが変更になる可能性があります。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで歯列矯正で使用するネジについてお伝えしてきました。歯列矯正で使用するネジの要点をまとめると以下の通りです。

  • 歯列矯正ではチタン製の小さな医療用ネジが用いられ、歯を動かす際の支えとして利用されるものを歯列矯正用アンカースクリューという
  • アンカースクリューを用いることで治療期間を短縮でき、難症例にも対応できるメリットがある一方、費用が高くなるデメリットがある
  • アンカースクリューを介した歯茎の感染や、痛み、またアンカースクリューが安定せず抜けてしまう恐れがあるため、問題が生じた際は速やかに歯科医院に相談することを推奨する

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

  1. 小児矯正にはどのようなメリットがあるの?デメリットも併せて解説

  2. 歯科矯正治療で出っ歯は治せる?出っ歯の原因や治療について徹底解説!

  3. 小児矯正は第1期のみで終了するケースもある?治療の目的・流れを解説

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340