ワイヤー矯正

歯列矯正で隙間ができた!これって失敗?

歯列矯正 隙間

歯列矯正中の隙間、気になりますよね?本記事では歯列矯正の際の隙間について以下の点を中心に解説いたします。

  • 歯列矯正中になぜ隙間ができるのか?
  • 歯列矯正中にできる隙間への対策方法はある?
  • 歯列矯正後に隙間ができた場合は矯正失敗なのか?

これらの情報が、歯列矯正の際の隙間について参考になれば幸いです。ぜひ最後までお読みください。

歯列矯正での「隙間」とは

歯列矯正での「隙間」とは

歯列矯正中に歯と歯の間に「隙間」ができる原因は何ですか?
歯列矯正中に歯と歯の間に「隙間」ができる原因としては、以下のようなものが考えられます。
  • 歯の移動が進むにつれ、歯冠と歯冠の間に隙間ができる場合があります。これは正常な現象で、歯の移動によって歯並びが整っている証拠ともいえます。
  • 歯列矯正装置が正しく装着されていない場合、歯の移動が思うように進まず、歯冠と歯冠の間に隙間ができることがあります。定期的な歯科医院でのチェックや調整が大切です。
  • 歯垢や歯石がたまってしまうと、歯と歯の間に隙間ができることがあります。歯磨きや定期的なクリーニングを心がけることが大切です。
  • 歯の大きさが小さい場合、歯と歯の間に隙間ができることがあります。この場合、隙間を埋めるために矯正装置の調整が必要になることがあります。

以上のような理由によって、歯列矯正中に「隙間」ができることがあります。

歯列矯正でどうして歯と歯の間にできる「隙間」を作るのですか?
歯列矯正でわざと隙間を作ることがあるのは、歯の移動や調整によって生じる場合と、あえて作る場合があります。
例えば、上下の歯並びが重なり合っている場合には、まず矯正治療で隙間を作り、その後歯を動かして歯並びを整えるためや、隙間を作ることで歯の動きをスムーズにするためです。また、歯の大きさや顎の大きさに不釣り合いがある場合には、歯列矯正である程度の隙間を作って歯を動かすことで、歯を寄せることなく審美的な歯並びを作る方法があります。隙間を作ることで歯並びを整えられるため、歯列矯正では隙間を作ることが一定の目的としてあります。
歯列矯正で「抜歯」すると隙間ができるのですか?
歯列矯正治療において、場合によっては抜歯が必要になることがあります。特に、顎の大きさに対して歯の本数が多いために重なってしまっている場合、抜歯によってスペースを作ることで、歯列を正常な位置に整えられます。抜歯によって、本来は狭い場所にあった歯が広がり、隙間ができることがあります。しかし、この隙間は矯正装置やワイヤーの調整によって、最終的にはきちんと詰まるように調整されます。
歯列矯正治療中に「隙間」があいた場合の対処法はありますか?
歯列矯正治療中に歯と歯の間に「隙間」があいた場合の対処法については、以下のような方法があります。歯科医師に相談する:歯科医師に相談して、治療計画の見直しや矯正装置の調整をすることが考えられます。毎日のケアをしっかり行う:歯磨き、フロス、うがいなど、毎日の口腔ケアをしっかり行うことで、隙間がさらに広がることを防げます。重要なのは、隙間があいた場合には、自己判断せずに必ず歯科医師に相談し、適切な処置を行うことです。

歯列矯正治療後に「隙間」があいた場合

歯列矯正治療後に「隙間」があいた場合

歯並びが良くなると隙間ができると聞いたのですが、どういうことですか?
歯並びが良くなると隙間ができる場合があります。これは、歯並びが悪い場合、歯同士が重なっているため歯周組織に負担がかかり、歯槽骨が変形していることがあります。矯正治療によって歯並びが良くなると、歯同士の接触が少なくなり、歯周組織への負担が軽減されます。そのため、歯槽骨が元の位置に戻り、隙間が生じる場合があります。ただし、全員に隙間が生じるわけではなく、個人差があります。
「後戻り」とはなんですか?
歯列矯正治療後に歯並びが悪くなることを「後戻り」と言います。歯列矯正は、歯の位置を動かすことで歯並びを整える治療方法であり、長期間の治療と努力が必要です。しかし、治療が完了した後に、歯の位置が元に戻ってしまうことがあります。これは、矯正治療中に歯を移動させるためにかかる力が、歯や骨に変化を与えるために必要であることから、治療が完了した後も、歯や骨が元の位置に戻ろうとする力によって起こります。また、歯磨きの不十分さや、咬み合わせの異常、歯周病、歯列矯正治療時の保定期間の不十分なども後戻りの原因となることがあります。治療が終わった後も、定期的に歯科医師に通い、メンテナンスをすることが大切です。
隙間を作らないために、何に気をつければよいですか?
歯と歯の間に隙間ができないようにするためには、適切な歯磨きや口腔ケアが必要です。以下のポイントに注意することが重要です。
  • 正しい歯磨きをすること。
  • 歯間ブラシを使って、歯と歯の間の汚れを取り除くこと。
  • デンタルフロスを使って、歯と歯の間の汚れを取り除くこと。
  • 歯科医院での定期的なクリーニングやメンテナンスを受けること。
  • 食生活にも注意すること。粘着性のあるものや砂糖を含むものを避け、歯に噛み砕く力が必要な食べ物を食べる際には十分に噛むようにしましょう。

以上のことに注意することで、歯と歯の間に隙間を作らないようにできます。

「隙間」を埋めるためには、どのくらいの期間が必要ですか?
歯列矯正で隙間を埋める期間は、症状の程度や治療方法によって異なります。便宜抜歯をした隙間の場合だと6か月から1年程度の期間が必要ですが、個人差があります。また、治療期間中にしっかりと矯正装置を装着し、定期的に歯科医師の指示に従って治療を進めることが重要です。歯列矯正治療には、患者さんの協力が必要であり、定期的な通院と適切な歯磨きが欠かせません。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで歯列矯正の隙間についてお伝えしてきました。 歯列矯正の隙間についてまとめると、以下の通りです。

  • 歯を動かすスペースが必要な場合は抜歯をするため、歯列矯正中には隙間ができることがある
  • 歯と歯の間に隙間があいた場合、装置を調整する、徹底的に毎日ケアする、適切な食事をとるなどの対策ができる
  • 矯正により歯並びが改善し、歯槽骨が元の位置に戻り隙間が生じることもある

本記事が少しでもお役に立てれば幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

  1. 部分矯正ですきっ歯は治せる?治療方法のメリット・デメリットや治療できないケースについて解説

  2. 小児矯正の治療期間 | 第1期・第2期の器具ごとの期間と長引かせないための注意点を解説

  3. インビザラインをおすすめしない理由とは?その他の矯正との比較やメリットまで解説

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340