ワイヤー矯正

歯列矯正ですきっ歯は治る?すきっ歯治療のメリット・デメリットも解説

歯科矯正 すきっ歯

歯列矯正で「すきっ歯」は治るのか知りたい!という方はいませんか?本記事では、歯列矯正ですきっ歯は治るのかについて、以下の点を中心にご紹介します。

  • すきっ歯と歯列矯正について
  • すきっ歯の矯正の種類
  • 歯列矯正ですきっ歯を治療するメリット・デメリット

歯列矯正ですきっ歯は治るのか理解するためにもご参考いただけますと幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

すきっ歯と歯列矯正について

すきっ歯と歯科矯正について

どのようなすきっ歯だと歯列矯正に適していますか?
すきっ歯は、歯と歯の間に隙間がある状態を指します。このすきっ歯がどのようなものであれば歯列矯正が適しているのか、以下に詳しく説明します。
すきっ歯の原因は様々ですが、歯のサイズが小さすぎる、歯の数が少ない、あごの大きさと歯のサイズのバランスが取れていないなどが考えられます。これらの原因により生じたすきっ歯は、歯列矯正によって修正することが可能です。
特に、前歯の間に隙間がある場合や、歯の並びが不均等で隙間が生じている場合は、歯列矯正によって美しい歯並びにすることが期待できます。また、すきっ歯が原因で発音に問題がある、食べ物が挟まりやすいといった機能的な問題も、矯正治療によって改善できるでしょう。
すきっ歯を気にされている方は、まずは歯科医師に相談し、適切な治療方法を選択することが重要です。
すきっ歯の歯列矯正の期間を教えてください。
すきっ歯の矯正治療の期間は、使用する矯正方法やすきっ歯の程度、患者の歯の状態や成長具合によって異なります。以下に、主な矯正方法とその期間について詳しく説明します。

  • ワイヤー矯正(表側): 歯の表側にワイヤーを装着して矯正を行う方法で、1~3年程度が平均的な期間です。ワイヤーは歯と歯の間の距離に応じて力を強く働くため、矯正期間が短縮されることがあります。
  • 舌側矯正(裏側矯正): 歯の裏側にワイヤーを装着して矯正を行う方法で、2~3年程度が一般的です。
  • 部分矯正:格安マウスピース型矯正: この方法は、上下合わせて12本の歯しか矯正できないため、5ヶ月~1年3ヶ月程度の期間が必要です。具体的な治療計画は立てられず、検診の度に矯正の継続を決めるため、治療開始時に終了時期は明確ではありません。

すきっ歯の矯正治療を検討している方は、まずは歯科医師に相談し、自身の歯の状態や希望に合った矯正方法と期間を確認することが重要です。

すきっ歯の費用はどのくらいかかりますか?
すきっ歯の矯正治療にかかる費用は、選択する矯正方法や治療の範囲、クリニックの設備や地域によって異なります。以下に、主な矯正方法とその費用相場を示します。

  • ワイヤー矯正(表側): 歯の表側にワイヤーを装着して行う矯正方法で、60万~90万円程度が相場です。
  • 舌側矯正(裏側矯正): 歯の裏側にワイヤーを装着するこの方法は、120万~150万円程度の範囲での費用が一般的です。
  • 格安マウスピース型矯正: この方法は手軽に始められる矯正方法で、費用は初期費用として約2万円、総額としては約10万~30万円程度が相場となっています。

これらの費用はあくまで一般的な相場であり、具体的な金額はクリニックや地域、治療内容によって変動します。矯正治療を検討している方は、複数のクリニックでの相談や見積もりを取ることをおすすめします。

歯列矯正を行うことで、すきっ歯は治るのですか?
すきっ歯の原因は様々ですが、歯の位置を調整することで、その隙間を縮小または解消することが可能です。歯列矯正により、歯を適切な位置に動かすことで、すきっ歯を治療できます。ただし、すきっ歯の大きさや原因、患者の口腔内の状態によっては、一部の歯だけを動かすだけで治療が完了することもあります。
歯列矯正は時間と費用がかかる治療方法ですが、すきっ歯を根本的に治したい場合、おすすめできるでしょう。矯正治療を検討する際は、歯科医師との相談を通じて、適切な治療計画を立てることが大切です。

すきっ歯の矯正の種類

すきっ歯の矯正の種類

ワイヤー矯正について教えてください。
ワイヤー矯正は、歯の表面に小さな金属やセラミックのブラケットを固定し、それらのブラケットを結ぶワイヤーを通して歯を所定の位置に動かします。ワイヤーの張力を調整することで、歯を徐々に正しい位置に導いていきます。
ワイヤー矯正の大きな特徴は、治療期間中、定期的に歯科医師のもとでワイヤーの調整を受けることで、矯正の進行を確実にコントロールできる点です。また、ワイヤー矯正は、歯の位置や咬み合わせの問題を総合的に解決することが可能です。
その一方で、装置が目立つため、見た目の面で気になる方もいるかもしれません。しかし、自分の本来の歯を保護しながら矯正を行うメリットを考慮すると、多くの人々に選ばれている理由がわかります。ワイヤー矯正は、長年の実績と信頼性があり硬貨が期待できる歯列矯正方法と言えるでしょう。
マウスピース型矯正ですきっ歯を改善できますか?
マウスピース型矯正は、近年の歯列矯正技術の進化により、多くの人々に選ばれるようになった方法です。この矯正方法は、特製の透明なプラスチック製のマウスピースを使用して、歯を段階的に所定の位置に移動させることで、すきっ歯や歯並びの問題を改善します。
マウスピース型矯正の特徴は、マウスピースはほとんど目立たず、日常生活の中での違和感が少ないため、特に大人の患者さんからの支持を受けています。また、マウスピースは取り外し可能なため、食事時や歯磨きの際には外してケアできます。これにより、日常生活の中でのストレスを最小限に抑えられます。
すきっ歯の改善にも、マウスピース型矯正は非常におすすめです。矯正治療の初めに、患者さんの歯の状態に合わせてカスタマイズされたマウスピースが作成され、定期的に新しい形状のマウスピースに交換しながら治療を進めます。このプロセスを通じて、すきっ歯は徐々に狭まり、理想的な位置に歯が並ぶようになります。

歯列矯正ですきっ歯を治療するメリット・デメリット

歯科矯正ですきっ歯を治療するメリット・デメリット

歯列矯正ですきっ歯を治療するとどのようなメリットがありますか?
歯列矯正によるすきっ歯の治療は、見た目の美しさだけでなく、口腔の健康面にも多くのメリットをもたらします。

  • 自分の天然の歯を活かせる
    歯列矯正を行うことで、自分の天然の歯を活かしながら、すきっ歯を修正できます。
    これにより、人工的な見た目になることなく、自然な美しさを手に入れられます。
  • 咬み合わせの改善や、食べ物の噛み砕きやすくなる
    すきっ歯の治療は、歯の位置や角度の調整を伴います。
    これにより、咬み合わせの改善や、食べ物の噛み砕きやすさなど、口腔の機能面でも大きなメリットが得られます。
  • 口内全体のバランスを整えられる
    全顎矯正により、口内全体のバランスを整えられます。
    これにより、歯の摩耗や歯肉の問題を予防することが期待できます。
  • 部分矯正を選択できる
    すきっ歯の範囲や程度に応じて、部分矯正を選択することも可能です。特に前歯のみの矯正を希望する方には、短期間での治療が目指せます。さらに、裏側矯正(舌側矯正)やマウスピース型矯正を選べば、目立ちにくい治療が叶います。

歯列矯正によるすきっ歯の治療は、美しさと機能性を両立させる適切な方法と言えるでしょう。

歯列矯正ですきっ歯を治療するデメリットについて教えてください。
歯列矯正によるすきっ歯の治療は、多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットも考慮する必要があります。

  • 治療期間が長い
    歯列矯正のデメリットの一つは、治療期間の長さです。特に全顎矯正の場合、約1~2年の治療期間が必要となります。さらに、歯の位置を保つための保定期間も必要となります。この期間中、定期的な通院やケアが求められるため、生活スタイルや仕事の都合を考慮する必要があります。
  • 治療の制限がある
    歯列矯正は、自身の歯を動かすことを主目的としているため、生まれつきの小さな歯や特定の形状の歯の大きさや形を変えることは難しいです。補綴治療のように、人工物を使用して歯の形や大きさを調整することはできません。
  • 矯正装置の不快感がある
    矯正装置の取り付けや調整による一時的な痛みや違和感、また、装置が口の中で邪魔になることもあるため、日常生活において一定のストレスを感じることがあります。
  • 費用が高額
    高度な技術や専門的な知識が必要となる歯列矯正は、治療費が高額になることが一般的です。治療方法や期間、クリニックによっても費用は異なるため、事前にしっかりと情報収集や相談を行うことが大切です。

歯列矯正によるすきっ歯の治療を検討する際は、これらのデメリットを理解し、十分な情報収集や歯科医師との相談を行うことが重要です。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで歯列矯正ですきっ歯は治るのかについてお伝えしてきました。歯列矯正ですきっ歯は治るのかの要点をまとめると以下の通りです。

  • 前歯の間に隙間がある場合や、歯の並びが不均等で隙間が生じている場合は、歯列矯正によって美しい歯並びが期待できる
  • すきっ歯の矯正には、「マウスピース型矯正」「ワイヤー矯正」「舌側矯正(裏側矯正)」などがある
  • 歯列矯正ですきっ歯を治療するメリットは、天然の歯を活かしすきっ歯を修正できること。1〜2年の治療期間が必要となることがデメリット

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

  1. 床矯正は大人でも可能?注意点や治療中の生活についてもご紹介します

  2. マウスピースで歯列矯正を行う際の費用について徹底解説

  3. マウスピースを使った歯列矯正の費用は?少しでも安くする方法はある?

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780