ワイヤー矯正

歯列矯正で横顔は変わる?横顔に起こる変化や歯列矯正で横顔の変化がわかりやすい方の特徴も詳しく解説

ホット

歯並びを治す方法としては、歯列矯正が一般的です。歯列矯正をすることで、口腔内の機能向上はもちろんのこと、周りからの見た目も大きく改善されるケースが多いです。

歯列矯正を実施することにより、横顔の印象が大きく変わる場合も少なくありません。歯並びが悪い方は、歯列矯正をすることで、横顔がすっきりとしてきれいになる可能性があります。

今回は、歯列矯正をすることによる横顔の変化についての解説をします。どのような方が横顔の改善を得られやすいかについても解説をします。

歯列矯正によって、横顔の見た目の改善も目指してみてはいかがでしょうか。

歯列矯正で横顔は変わる?

矯正中

歯列矯正をすることにより、横顔に変化が起こるのは本当でしょうか。

歯並びの悪さを歯列矯正で治療することにより、歯の印象が変わるのは理解しやすいですが、横顔の印象に変化が起こることに驚きを感じる方もいるのではないでしょうか。

歯並びの悪さによって、噛み合わせが悪くなってしまい、様々なリスクが発生してしまうことがわかっています。例えば、噛み合わせの悪さにより肩こりや頭痛を引き起こしてしまうケースがあります。

また、通常よりもすき間が増えることで、食べ残しが多くなりがちです。虫歯や歯周病になりやすいというリスクもあるでしょう。

歯列矯正を行うことにより、これらの健康リスクの改善・予防を図れます。しかしそれだけではなく、歯列矯正により見た目の改善効果も期待できます。

顔を正面から見た印象が変わるだけでなく、横顔の印象も変わる可能性が高いです。歯並びの悪さは、Eラインと呼ばれる鼻先から顎先を結ぶ線をゆがませる要因になります。

歯列矯正をすることで、横から見たEラインがすっきりときれいな直線にできる可能性があります。きれいな印象の横顔を手に入れたい方は、歯列矯正の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

歯列矯正で横顔に起こる変化

顔

歯列矯正を行うことで、横顔にどのような変化が起こるのでしょうか。歯列矯正は、健康面におけるプラスの効果だけでなく、横顔の印象にも大きな影響を及ぼします。

歯列矯正により得られる横顔の変化の主なものについて、以下に3項目紹介します。

  • 笑ったときに歯が目立たなくなる
  • 話しているときに歯が目立たなくなる
  • 口を閉じているときのEラインがきれいになる

横から見た顔の印象の悪さは、歯並びが悪影響を及ぼしているかもしれません。歯列矯正により、横顔がすっきりときれいになる可能性があるので、一度歯科医に相談してみてはいかがでしょうか。

笑ったときに歯が目立たなくなる

女性

歯列矯正をすると、笑ったときに見える歯の印象が大きく変わる可能性があります。例えば、出っ歯の状態では、笑ったときに通常よりも前歯が前に大きくせり出しているような見た目になってしまいます。

口を閉じている状態でも、歯並びが悪い方の横顔は整っていない印象になりやすいですが、笑って口の中が見えると、顕著に形の悪さが目立ってしまうケースが多いです。

歯並びの悪さが原因で、自身の笑った顔に自信が持てなくなってしまう方も少なくありません。自然に笑えなくなり、周囲とのコミュニケーションに支障が及んでしまう可能性があります。

歯列矯正をすることで、笑ったときの歯が目立たなくなり、気兼ねなく笑えるようになる可能性が高いです。歯並びの悪さにより笑い顔に自信が持てない場合は、歯列矯正を検討してみましょう。

話しているときに歯が目立たなくなる

歯列矯正をすると、話をするときに見える歯の印象の改善が期待できます。笑ったときと同様、話したときは口の中の様子が見えやすくなります。

歯並びが悪い方は、話をしたときに周りに見える見た目の悪さを気にしてしまうケースが多くなりがちです。自然な会話ができなくなり、周囲とのコミュニケーションに悪影響が及んでしまいかねません。

また、歯並びの悪さは発音の悪さにもつながる場合が多いです。例えば、すきっ歯は余分なすき間のために口の中で空気を正しく使えず、サ行の言葉が話しづらくなってしまうケースが多くなります。

話をしているときの歯の見え方が気になる方は、歯列矯正をすることで大きな改善が期待できます。自然な会話をするためにも、歯列矯正を検討してみましょう。

口を閉じているときのEラインがきれいになる

横顔

歯列矯正をして歯並びを改善することで、口を閉じているときのEラインがきれいになる可能性があります。Eラインとは、エステティックラインの略称で、鼻先から顎先を結ぶ線のことです。

Eラインは、横顔の美しさを判断する際の代表的な指標として利用されます。唇の先がこのEライン上にあるか、少し中に入っている状態が美しく理想的な横顔であるとされています。

歯並びが悪い方は、Eラインよりも突出した位置に口がある場合が多いです。このため、横顔がでこぼこした印象になってしまい、整っていないという印象を周囲に与えてしまいます。

歯列矯正を行うと、歯の位置はもちろんのこと、歯の傾きやあごの位置に変化をもたらします。この影響で横から見た口の位置も変わり、Eラインが改善されるという仕組みです。

歯列矯正の種類や治療する歯並びの位置によって、Eラインに与える効果には違いがあります。矯正治療を行うことでEラインにどれほどの影響が及ぶのか知りたい場合は、歯科医に相談してみましょう。

歯列矯正で横顔の変化が起こりやすい方

にんまり

歯列矯正を実施する箇所によって、横顔に起こる変化は異なります。横顔に変化が起きやすいのは、どのような歯の方でしょうか。

歯列矯正で横顔に変化が起こりやすい歯列の特徴について、以下に代表例を6つ紹介します。

  • 口ゴボの方
  • 受け口の方
  • 出っ歯の方
  • オープンバイトの方
  • 噛み合わせが深い方
  • 下顎が小さい方

矯正治療を行う前に、自身の歯並びにどのような問題があるのかを知っておけば、治療後の見た目の変化があらかじめ予想しやすくなるでしょう。まずは自身の状態を理解することから始めましょう。

口ゴボの方

口ゴボとは、歯が通常よりも前に突出している状態を指します。口ゴボの方のほとんどが、Eラインよりも口が外に飛び出している見た目となり、横顔のバランスが悪いです。

口ゴボは先天的に発生するケースもありますが、指しゃぶりや過多な口呼吸など、後天的に発生するケースも多いです。

口ゴボにより、噛み合わせが悪くなってしまい健康面のリスクも起こりえますが、横顔の印象の悪さに与える影響が特に大きい状態といえます。

口ゴボを矯正治療により改善すれば、Eラインの改善に直結するケースが多いため、横顔の印象が大きく変わる可能性が高いといえるでしょう。

受け口の方

受け口とは、本来上の歯が下の歯より前に位置しているのが正常であるところ、下の歯の方が前にある状態を指します。

反対咬合(はんたいこうごう)あるいは下顎前突症(かがくぜんとつしょう)などと呼ばれることもあります。

受け口の状態のままで生活をしていると、無理やり上下の歯を噛み合わせることになってしまい、歯やあごの位置のずれが悪化する原因になる場合が多いです。

受け口の場合は、あごが突き出ているような横顔になりやすいです。矯正することで、あごの突き出しが改善され、きれいな横顔になれる可能性があります。

出っ歯の方

出っ歯とは、上の歯や上あごが前に突き出ている状態を指します。上顎前突(じょうがくくぜんとつ)とも呼ばれます。

先天的に発生するケースもありますが、爪噛みや舌での無意識的な歯の押し出しが原因によるものも少なくありません。

出っ歯は噛み合わせが悪く、会話もしづらいというデメリットがありますが、見た目を気にする方も多いでしょう。口の上の当たりが前に突き出ているような横顔になってしまいます。

出っ歯を矯正治療すれば、口の上の部分が引っ込み、きれいな顔のラインが手に入りやすいです。

オープンバイトの方

オープンバイトとは、上下の奥歯はかみ合っていても、前歯がかみ合わずに開いている状態を指します。「開咬」(かいこう)とも呼ばれ、前歯で食べ物をかみ切れない点や、発音しづらい点などがデメリットです。

オープンバイトは、上下の前歯が突き出していることが多いため、横から見るとEラインを口が突き抜けている状態になりやすいです。横顔の印象が悪くなりやすい状態といえるでしょう。

オープンバイトは、矯正治療で改善が見込めます。矯正により突き出した歯の位置が引っ込み、整ったEラインの横顔が手に入るかもしれません。

噛み合わせが深い方

噛み合わせが深い状態を「過蓋咬合」と呼ぶこともあります。過蓋咬合は、奥歯で食べ物などを噛んだとき、噛み合わせが深すぎて下の歯が上の歯によって隠されてしまう状態です。

過蓋咬合では、オープンバイトと同様、前歯で食べ物を噛み切れず、奥歯への負担が大きくなる傾向があります。身体全体にバランスの悪い負荷がかかってしまい、肩こりや頭痛などの原因になる場合もあります。

横顔の印象としては、出っ歯と同様口の上部が突き出ている印象になりやすいです。矯正治療により、口の上下がバランスよく整う効果が期待できます。

下顎が小さい方

下顎が小さく、バランスの悪い状態を小下顎症(しょうかがくしょう)と呼びます。小下顎症が発生する要因は、先天性のものもありますが、発育異常や癖などの後天性のものが多いです。

横から見ると、口の下部が引っ込んだ印象になり、バランスが悪くなります。矯正治療により上と下の顎のバランスを改善することで、自然で美しい横顔を得られる効果が期待できます。

理想のEラインを叶えるためにカウンセリングで要望を伝えよう

効果的な歯列矯正をして、美しい理想的なEラインの横顔を叶えるためには、信頼できる歯科医にカウンセリングを受けることから始めましょう。

歯列矯正を完成させるには、長期の治療を余儀なくされるケースが少なくありません。信頼できて気軽になんでも相談できる歯科医を選んで、安心して治療を進めるのが良いでしょう。

最初のカウンセリングで、きちんと自身の要望や理想を伝えることが大切です。単に歯列矯正をするだけではなく、バランスよく整った横顔をかなえたいと明確に伝えましょう。

親身になって対応してくれる歯科医であれば、安心して相談ができるのではないでしょうか。また、過去の矯正治療の実績の多さもあらかじめチェックしておくと良いでしょう。

まとめ

歯列矯正を行うことによって、横顔の印象は大きく変わる可能性があります。歯並びの悪さの状態や種類によって、歯列矯正による見た目の改善の度合いが異なるため、自身がどのような状態であるか理解することが大切です。

歯列矯正は、信頼できる歯科医に相談して治療を受けましょう。まずはカウンセリングを受けてしっかりと要望を伝え、歯科医の専門家としての意見を聞きましょう。

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780