マウスピース矯正

マウスピース型矯正はバレる?バレる原因・対処法を解説

マウスピース矯正 バレる

マウスピース型矯正は周りにバレにくいのがメリットとされていますが、デメリットもあります。

歯並びが気になって歯列矯正をする際に、矯正装置が目立って周りにバレてしまうのを嫌がる方は少なくありません。

そこでバレにくいマウスピース型矯正が人気になっていますが、十分に理解されないまま治療を受けた結果、トラブルになるケースもあるようです。

この記事ではマウスピース型矯正の特徴と、周りにバレてしまう原因・バレないための正しい使い方を解説します。

マウスピース型矯正を検討されている方は、ぜひそれが本当に適した選択かどうか判断する参考にしてください。

マウスピース型矯正の特徴

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正の特徴を教えてください。
マウスピース型矯正は、透明のマウスピースを装着して歯並びや噛み合わせを矯正していく治療です。専門的にはアライナー型矯正とよばれ、一般的なマルチブラケット型矯正に比べて目立たず、他人から気付かれにくいことから近年選択する人が増えています。
マウスピースは患者さん自身で簡単に脱着ができるため、食事や歯みがきの際には取り外せるのも大きな特徴です。また、従来のワイヤーを使用するマルチブラケット型矯正に比べて、マウスピースは金属アレルギーのある方でも使用できます。
マルチブラケット型矯正では食べ物が挟まったり、歯みがきがしにくかったりが不満点としてよくあげられます。見た目や快適性に問題のあったマルチブラケット型より、不快感の少ない矯正方法として広まっているのがマウスピース型矯正です。
マウスピース型矯正はどのような人におすすめですか?
マウスピース型矯正はマルチブラケット型に比べて目立ちにくいため、矯正中に見栄えが悪くなったり、他人にバレたりするのが嫌な方におすすめです。ただし歯を動かす力が劣るため、歯並びの乱れが軽度な患者さんにのみ適応されます。
アメリカ製のインビザライン(※)であれば、マルチブラケット型と同様にほとんどの症例に適応可能です。いわゆる出っ歯(上顎前突)・受け口(反対咬合)・すきっ歯(空隙歯列)の度合いから、マウスピースでも矯正可能と歯科医が判断すればマウスピース型の方が見栄えも生活への影響も優れています。また、マルチブラケット型で矯正が終わった後の保定装置として、マウスピース型を使用される患者さんも少なくありません。
(※) 未承認医薬品等であるため医薬品副作用被害救済制度の対象とはならない可能性があります。
マウスピースは1日に何時間くらい装着するのですか?
日本の歯科医院でも導入されているアメリカ製のインビザラインは、1日に20時間以上装着することが必要です。日本矯正歯科学会による治療指針では、装着時間に応じて効果は大きく変わるとされています。
マウスピース型矯正の効果を得るには食事と歯みがきの時以外は常に装着していることが望ましく、装着時間が短けば効果も少なくなってしまうでしょう。一度外したら再装着するのをつい忘れてしまうことがあるため、マウスピース型矯正は患者さん自身の努力が重要な治療法といえます。
マウスピース型矯正は定期的に通院する必要がありますか?
マウスピース型矯正では歯の動き具合に応じて段階的にマウスピースを交換していくため、1~3ヵ月に1回程度の通院が必要です。通院のたびに歯科医師が矯正の進行具合をチェックし、新たなマウスピースに交換していきます。
一部では歯科医師が介在せずにマウスピース型矯正装置を販売しているケースがありますが、マウスピースであっても正確な矯正治療を行うには矯正歯科の専門的技量が不可欠です。
マウスピース型矯正をトラブルなく成功させるには、信頼できる矯正歯科医院に通って歯科医師の指導のもとに行うようにしましょう。

マウスピース型矯正がバレる原因

気にする女性

マウスピース型矯正は周りにバレることがありますか?
マウスピース型矯正はマルチブラケット矯正に比べて目立ちにくいのは確かですが、必ずしも他人にバレないわけではありません。透明とはいえ歯に装着しているので、間近で見れば気付かれることもあります。
特にマウスピースが汚れてしまっている場合などは、相手にバレる可能性も高くなるでしょう。
歯列矯正を他人に気付かれたくない場合にはマスクをするのがおすすめですが、マスクをするのならマルチブラケット矯正でもバレないため、マウスピース型矯正のメリットは薄いといえます。
マウスピース型矯正がバレてしまう原因を教えてください。
マウスピース型矯正が他人にバレるのは、近距離で長時間会話する・大きく口を開けるなどの場面です。このような日常的な動作は気をつければバレる確率を減らせますが、特に気をつけたいのはマウスピースや歯の着色汚れです。
マウスピースは本来透明ですが、コーヒー・カレー・唐辛子など色素の強い飲食物で着色してしまうことがあります。マウスピースを外さずに飲食すると歯やマウスピースが汚れて目立つため、他人にもバレやすくなります。また歯にマウスピースを装着することで滑舌が悪くなり、発音によって矯正がバレるのもよくあるケースです。
ただし、滑舌により影響があるのは裏側矯正(舌側矯正)で、マウスピース型矯正は裏側矯正(舌側矯正)に比べれば発音が原因でバレるリスクは低いといえるでしょう。
マウスピースにアタッチメントが付いていると目立ちやすいですか?
マウスピース型矯正の効果を高めるために使われるアタッチメントは、歯に直接突起物を貼り付けます。アタッチメント自体は透明で小さいため目立ちにくいですが、歯に突起物を付けるため、何もないよりは目立ちやすいです。
しかし、マルチブラケット型矯正のワイヤーに比べればとても小さくて歯の色に近いため、過度に心配する必要はありません。アタッチメントを付けることで矯正効果が高まり、矯正治療の期間が短くなれば、結果的にバレる可能性が低くなるといえます。

マウスピース型矯正がバレないための対処法

綺麗な歯並び

マウスピース型矯正がバレないための対処法があれば教えてください。
着色汚れによってマウスピースが目立ってバレるのを防ぐためには、こまめな着脱と洗浄が不可欠です。マウスピースは患者さん自身で簡単に着脱できるため、食事の際には必ず外すようにしましょう。
また外した際には流水で洗浄するようにして、汚れの沈着を予防します。マウスピース型矯正は1~2週間に1回のペースで交換していくため、よほど怠らない限りは着色汚れで目立つことはありません。
マウスピース装着による発音の変化が気になる場合は、誰もいないところで滑舌の練習をするとよいでしょう。マウスピース装着後に滑舌が悪くなったと感じる人は少なくありませんが、多くの場合1〜2週間で慣れて装着前と変わらない発音が可能です。
マウスピース型矯正以外にバレにくい矯正方法はありますか?
矯正装置が目立ちにくい方法として、歯の裏側(舌側)にマルチブラケットを装着する裏側矯正(舌側矯正)があります。マウスピース型矯正よりも歯を動かす力が強いため、マウスピースでは難しいといわれた患者さんでも選択できる矯正方法です。
ただし歯の裏側(舌側)に矯正装置を付けるため舌に不快感がでやすく、矯正装置で口の中が傷つくリスクも高くなります。歯の前側に付けるマルチブラケット矯正であっても、ジルコニアなど歯に近い色で目立ちにくい矯正装置もあります。
裏側矯正(舌側矯正)もジルコニア素材の矯正装置も保険適用外であるため、費用の相場は100万~150万円(税込)と高額になりますが、ほとんどの症例に適応できるのが特徴です。担当の歯科医師にバレたくないことを相談して、ご自身に合った矯正方法を選んでください。
マウスピースのお手入れ方法を教えてください。
マウスピース型矯正は歯の移動に合わせて1~2週間に1回交換することを前提とするため、マウスピース自体を丁寧にお手入れする必要性は低いといえます。主に1週間に1回程度の場合が多いでしょう。
歯ブラシなどで強くこすると変形する可能性があるため、毛先で丁寧に洗う程度にしてください。お手入れよりも重要なのは、そもそも汚れがつかないようにすることです。飲食や喫煙の際には必ずマウスピースを取り外すようにして、外したマウスピースは流水で洗浄しましょう。
水だけならマウスピースをしたまま飲んでも問題ありませんが、ジュースのように糖分を含む飲み物はマウスピースの中にたまってむし歯の原因となります。着色しやすい食べ物やタバコは、マウスピースに色がついて周りにもバレてしまう大きな原因となるため、マウスピースは必ず外してからにしてください。

編集部まとめ

マウスピース型矯正をする男性

マウスピース型矯正の特徴と、周りにバレるトラブルの原因について解説してきました。

透明のアタッチメントとマウスピースは、マルチブラケット矯正に比べて目立ちにくく、歯列矯正中に口元が気になる方に選ばれています。

しかしマウスピースであっても決してバレないとはいえず、正しく使用しないとマウスピースが汚れて口元の印象が悪くなってしまうでしょう。

またマウスピース型矯正は製品によっては歯を動かす力が弱く、適応できる症状も限られるため、まずは歯科医師との十分な相談が不可欠です。

十分な検討をせずに、バレたくないだけでマウスピース型矯正を選んでも、期待するような効果が得られなければ意味がありません。

マウスピース型矯正の特徴をよく理解して、ご納得のうえで個々の事情に適した矯正方法を選んでいただければ幸いです。

参考文献

この記事の監修歯科医師
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

  1. 前歯矯正にマウスピースは適応できる?治療費用やリスクを解説

  2. 裏側矯正(舌側矯正)で出っ歯は治せる?おすすめの人・費用についても解説

  3. 裏側矯正(舌側矯正)の滑舌への影響は?慣れるまでの期間・喋り方のコツを解説

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780