マウスピース矯正

歯科矯正の新技術!マウスピース型矯正とは?

歯列矯正の新技術!マウスピース矯正とは?

マウスピース型矯正は、透明で取り外し可能なマウスピースを使用して歯並びを矯正する方法です。インビザライン、クリアコレクトなど多数のメーカーがあります。マウスピースは取り外しができるため、食事や歯磨きがしやすく、見た目も目立ちにくいというメリットがあります。しかし、治療前には歯科医院選びが重要です。

本記事ではマウスピースによる歯列矯正について以下の点を中心にご紹介します。

  • マウスピースでの歯列矯正にかかる期間
  • 歯列矯正用マウスピースの種類
  • マウスピースの取り扱い方や注意点

マウスピースによる歯列矯正について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

歯並びが悪くなる原因について

歯並びが悪くなる原因について

歯並びが悪くなる生活習慣とは?
歯並びが悪くなる生活習慣として、指しゃぶりや口呼吸などの癖や習慣が挙げられます。これらの習慣は、歯列や顎の成長を妨げることがあり、歯並びの悪化につながる可能性があります。また、悪い姿勢や噛み合わせも歯並びに影響を与えます。
食生活の乱れや栄養不足も歯並びに悪影響を与えることがあります。特に、砂糖や脂肪の過剰摂取はむし歯を引き起こし、むし歯による歯の欠損が歯並びに悪影響を与えることがあります。また、栄養不足による歯や骨の弱化も、歯並びの悪化につながることがあります。
歯周病も歯並びに影響を与えることがあります。歯磨き不足や不適切な歯磨き方法によって歯垢や歯石が歯に付着したり、歯ぎしりや噛み締めによって歯に強い力が歯に加わると、歯の根やその周囲の骨組織に負担をかけ、特定部分の骨が吸収されることがあります。 このように歯周病が悪化すると歯を支える組織がなくなるため、歯並びが悪くなる可能性があります。 睡眠中の歯ぎしりは、不規則な生活やストレスが原因と考えられていますが、まだ解明されていません。これらの生活習慣は歯並びに悪影響を与える可能性があるため、改善が必要です。
歯並びが悪くなる原因の解決策とは?
歯並びを整えるためには、矯正治療が必要です。矯正治療は、歯を動かすことで歯並びを改善する方法で、矯正装置の種類には、ブラケット矯正、インビザライン、裏側矯正などがあります。
生活習慣の改善も歯並びを改善するために重要です。例えば、指しゃぶりや口呼吸などの悪癖を改めること、良い姿勢や噛み合わせを保つこと、バランスのとれた食生活を心がけること、適切な歯磨きを行うこと、ストレスや睡眠不足を解消することが挙げられます。これらの改善によって、歯並びが悪くなるリスクを減らせます。
最後に、虫歯や歯周病の予防には、定期的な歯科健診が非常に重要です。歯科医師による専門的な検診やクリーニングは、歯の健康維持に欠かせないものであり、歯並びを良好に保つためにも定期的に受けることが必要です。

歯列矯正治療のメリットデメリットについて

歯列矯正治療のメリットデメリットについて

歯列矯正治療のメリットとは?
歯並びを改善することで、見た目が整い、顔立ちも変化する可能性があります。また、歯並びが整うことで、口元の印象が変わり、口元を気にすることなく会話を楽しめるようになります。
大人の場合、歯列矯正で歯並びを改善すれば、歯の寿命が延びることもあります。歯の負担が均等に分散されるため、歯にかかる負担が軽減され、寿命が延びる場合があります。
矯正治療によって、歯の摩耗や抜け落ちを防げるでしょう。
歯列矯正治療のデメリットとは?
歯列矯正治療には、デメリットもあるものの、恩恵は大きいといえるでしょう。歯列矯正は治療費が高額だったり、治療期間が長かったり、矯正器具が目立ってしまうことがあるものの、それでも多くの方が治療を受けています。また、目立ちにくい矯正方法が増えたことで、より多くの方々が治療を受けられるようになっています。

マウスピースでの治療方法について

マウスピースでの治療方法について

マウスピースによる歯列矯正はどのくらいの期間かかりますか?
マウスピース型矯正の期間は、個人差がありますが、平均的には1〜2年程度が目安とされています。
症状によっては数ヶ月で終了することもありますが、重度の矯正では2年以上かかる場合もあります。
マウスピース型矯正では、1ヶ月で0.5〜1mmほど歯を動かせますが、全体矯正で奥歯から動かす場合は、前歯を動かすのが最後になるため、効果を実感するまでに時間がかかることがあります。治療期間を延ばさないためには、定期的な歯科医院でのチェックアップや、マウスピースの着用時間を守ることが大切です。また、マウスピースを正しく装着することや、食事の際にはマウスピースを外すことも必要です。
矯正中には歯磨きにも気を配り、歯垢や歯石をしっかりと除去するようにしましょう。
最後に、矯正後のリテーナーも重要です。矯正器具を外した後は、歯列を元の状態に戻さないために、リテーナーの着用や、定期的な歯科医院でのチェックアップが必要です。
歯列矯正マウスピースはどのような種類がありますか?
マウスピース型矯正には、インビザライン、クリアコレクトなどのメーカーが代表的であり、種類は増加していますが、インビザライン治療で使われるマウスピースの素材と治療計画のシミュレーションソフトのクオリティだけでしか、ワイヤー矯正と同じ様に正しい歯並びと噛み合わせを得られる可能性は現段階では低いです。
マウスピース型矯正は、透明なマウスピースを交換しながら歯並びを整える歯列矯正であり、ワイヤーやブラケットの見た目がネックとなる人には人気があります。マウスピースは着脱が簡単で、清潔に保ちやすく、食事の際に外せるため、生活に適応しやすいというメリットがあります。
ただし、マウスピースを正しく装着することが重要であり、装着時間を守ることが必要です。また、マウスピース型矯正は、軽度から中程度の歯並びの問題に対応できますが、重度の矯正には向いていません。治療の前には、歯科医師に相談し、自身に適した矯正方法を選ぶことが大切です。
歯列矯正用マウスピースの取り扱い方法と注意点はありますか?
マウスピース型矯正は透明で目立ちにくいため、見た目に気を遣う方にはおすすめです。
マウスピースは取り外し可能であるため、取り外す際には力を入れすぎないように注意する必要があります。力を入れすぎるとマウスピースが変形してしまう可能性があるため、優しく取り外すようにしましょう。
また、取り外した後は清潔な場所に保管し、なくさないするようにしましょう。
さらに、マウスピースは定期的に洗浄する必要があります。洗浄方法については、マウスピースのメーカーによって異なるため、取扱い説明書を確認するか、歯科医師に相談することが望ましいです。マウスピースは口の中で使うため、清潔に保つことが重要です。また、マウスピースを洗浄する際には、ブラシや歯磨き粉、熱湯を使用しないようにしましょう。これらの方法を使用すると、マウスピースが傷ついたり変形したりする可能性があります。
最後に、マウスピース型矯正は矯正期間中にマウスピースを正しく着用することが重要です。マウスピースを正しく着用しないと、歯列矯正の効果が薄れたり、矯正期間が長くなったりする可能性があります。定期的な歯科医院での検診や、マウスピースの着用時間を守ることが大切です。以上の注意点を守ることで、効果的なマウスピース型矯正につながるでしょう。

矯正方法の違いと、歯列矯正を行う時期について

矯正方法の違いと、歯列矯正を行う時期について

ワイヤー矯正との違いはなんですか?
ワイヤー矯正は金属製のブラケットとワイヤーを使用して歯を徐々に所定の位置に移動し、マウスピース型矯正は透明なプラスチックトレイを使用して歯に穏やかな圧力をかけ、徐々に動かします。
どちらの方法にも、痛み、費用、ライフスタイルへの影響の違いなど、長所と短所があります。ワイヤー矯正は、特に最初の配置後および調整後に、マウスピース型矯正よりも不快感を引き起こすことが知られています。
ワイヤーが邪魔になる可能性があるため、食品を食べることも難しい場合があります。
一方、マウスピース型矯正は一般的に痛みが少なく目立たないため、見た目を意識している人に人気があります。取り外し可能であるので、食事やお手入れのしやすさがメリットです。
ただし、治療期間が長くなる場合があり、従来のワイヤー矯正よりも高価な傾向にあります。
どちらを選択するかは、患者さんの口腔状況や、ライフスタイル、および個人的な好みによって異なります。健康で美しい笑顔を実現するための最良の選択肢を決定するために、資格のある歯科矯正医に相談することが重要です。
小児から歯列矯正を始めた方がいい理由とは?
小児期に歯列矯正を行う理由は、成長期にあごをしっかり成長させることで、上顎の劣成長を改善し、永久歯が正常な位置に生え、歯並びが整うためです。
小児矯正には第1期治療と第2期治療があります。第1期治療は、歯が生え揃う前に行われる治療で、歯並びや噛み合わせを改善するための矯正です。
第2期治療は、永久歯が生え揃った後に行われる治療で、歯並びの矯正や咬合(こうごう)の調整を行います。小児期に早めに治療を始めることで、後から抜歯などの大がかりな治療をせずに済む可能性が高まります。また、小児の時期に矯正を行うことで、噛み合わせが改善され、将来的な歯や口腔のトラブルを防止できます。
適切なタイミングで適切な治療を行うことが重要です。
子供の成長に合わせた治療を行うことで、より効果的な治療が可能となります。
小児の矯正には、矯正歯科医の専門的な診断と治療計画が必要です。歯並びや噛み合わせの問題がある場合は、早めに歯科医院を受診し、専門的なアドバイスを受けることをおすすめします。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまでマウスピースによる歯列矯正についてお伝えしてきました。 マウスピースによる歯列矯正の要点をまとめると以下の通りです。

  • マウスピース型矯正の治療期間は、個人差はあるが本格的に全ての矯正治療を行う場合はワイヤー矯正同様2〜3年必要。
  • 歯列矯正用マウスピースは、インビザライン、クリアコレクトなどのメーカーが代表的
  • マウスピースを取り外す際には力を入れすぎないよう注意し、なくさないようにする。また、定期的に洗浄し、清潔に保つことが重要

歯列矯正をして歯並びを改善することで、自身の歯に自信が持てるようになります。痛みを伴うことがありますが、デメリットよりメリットのほうが多いとされています。マウスピースの矯正期間は、大体1~2年程度が目安とされています。自身が納得して治療を受けられる科医院を選ぶようにしましょう。

この記事の監修歯科医師
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

  1. 前歯矯正にマウスピースは適応できる?治療費用やリスクを解説

  2. 裏側矯正(舌側矯正)で出っ歯は治せる?おすすめの人・費用についても解説

  3. 裏側矯正(舌側矯正)の滑舌への影響は?慣れるまでの期間・喋り方のコツを解説

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780