マウスピース矯正

マウスピースで歯列矯正を行う際の費用について徹底解説

歯科矯正 マウスピース 費用

マウスピース型矯正の費用についてお悩みはありませんか? 本記事ではマウスピース型矯正の費用について以下の点を中心にご紹介します!

  • マウスピース型矯正の費用について
  • マウスピース型矯正の矯正装置料の相場
  • 歯列矯正の種類について

マウスピース型矯正の費用について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。是非、最後までお読み下さい。

マウスピース型矯正の費用と内訳

マウスピース型矯正の費用と内訳

マウスピース型矯正のカウンセリング料の相場はいくらですか?
マウスピース型矯正のカウンセリング料金は、歯科医院や矯正歯科医院によって異なります。一般的には、無料の場合が多いですが、中には有料の場合もあります。有料の場合でも、1,000円から5,000円程度であることが多く、高額な場合でも10,000円程度に収まることが多いです。また、カウンセリングの内容によっては、追加で費用がかかることもあります。カウンセリングでは、矯正の必要性や適切な治療法、期間や費用の見積もりなどが話し合われます。治療前にカウンセリングを受けることで、不安や疑問点を解消でき、スムーズな治療ができるようになります。治療費用は、歯科医院や症状、治療期間によって変わるため、詳細については医師に相談することが重要です。
マウスピース型矯正の矯正装置料の相場はいくらですか?
マウスピース型矯正の矯正装置料は、歯科医院によって異なりますが、一般的には部分矯正だと30万円から70万円程度、全体矯正で約70〜120万円が相場となっています。ただし、矯正する歯の状態や治療期間、必要な処置によって料金が変動することがあります。また、マウスピース型矯正では、装置を作り直す必要がある場合があり、その都度費用が発生することもあるため、事前に歯科医院に確認することが重要です。一部の保険が適用される場合もありますので、保険の適用範囲についても確認しておくことをおすすめします。治療によっては、追加の処置や装置が必要になる場合があり、その際には費用が上乗せされることもあるため、事前に見積もりを出してもらうことが大切です。
マウスピース型矯正でその他にかかる費用はありますか?
カウンセリング料や矯正装置料のほかに、追加的な費用が発生することがあります。例えば、定期的な歯科検診やクリーニング、矯正装置の調整や修理、およびマウスピースの交換費用などです。また、治療によっては、歯の抜歯やその他の手術が必要となる場合があり、それに伴う費用が必要になることもあります。治療費用の総額は、患者さんの症状や治療期間、治療方法などによって異なりますので、カウンセリングや診断を受けることで、より正確な費用を把握できます。
歯列矯正費用を安く抑える方法はありますか?
歯列矯正は一度にかかる費用が大きいため、少しでも負担を減らす方法をいくつか紹介します。
歯列矯正は、デンタルローンを組めます。デンタルローンは分割で払えるので、まとめての負担は少々減ります。しかし、デンタルローンには金利があるため、そのことを理解しておきましょう。 他には、医療費控除を利用する、装置に使用される材料は安価なものを選択するなどで費用を抑えることが可能となります。

マウスピース型矯正とその他の治療方法

マウスピース型矯正とその他の治療方法

マウスピース型矯正以外の治療法はありますか?
マウスピース型矯正以外にも、ワイヤー矯正、舌側矯正(裏側矯正)など、さまざまな種類の歯列矯正治療があります。 ワイヤー矯正は、金属製のブラケットとワイヤーで歯列を矯正する方法で、重度の矯正が必要な場合にも対応しており、歯列矯正の方法として広く用いられています。 舌側矯正(裏側矯正)は、ブラケットを歯の裏側に取り付けることで外からは見えにくく、見た目に配慮したい人に選択されています。
どの治療方法が適しているかは、歯並びの状態や矯正の必要度によって異なります。歯科医師と相談し、適切な治療方法を選ぶことが重要です。
マウスピース型矯正と他の治療法の費用の違いを知りたいです。
歯列矯正にはいくつかの方法があり、費用もその治療方法によって異なります。
例えば、マウスピース型矯正とワイヤー矯正の費用には大きな差はないと言えます。 マウスピースは透明であり、着用していても目立ちにくいため、審美的な心配が少ないというメリットがありますが、1日20時間以上装着しなくてはならなく自分でマウスピースを交換する必要があります。
ワイヤー矯正は、ブラケットやワイヤーの種類によっても費用が異なります。安価に治療ができる場合があります。
セラミックブラケットを使用した透明な矯正装置や、舌側矯正(裏側矯正)など、それぞれ費用が異なります。矯正治療に関する費用は、治療方法や治療期間、患者さんの症状などによって異なりますので、まずは専門の歯科医師と相談することが大切です。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまでマウスピース型矯正の費用についてお伝えしてきました。 マウスピース型矯正の費用についての要点をまとめると以下の通りです。

  • マウスピース型矯正の費用は、症状や治療期間によって異なる
  • マウスピース型矯正の矯正装置料は、歯科医院によって異なるが、部分矯正は「30万円から70万円程度」「全体矯正は「約70〜120万円」が相場である
  • 費用面だけでなく、症状の改善や治療期間の短縮など、メリットも考慮して治療を決めることが望ましい

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

  1. 受け口(反対咬合)の歯列矯正|原因・治療方法を紹介します

  2. マウスピース型矯正で知覚過敏?!すぐに収まる?なんで痛いの?原因を解説

  3. 小児矯正とは|治療の種類と特徴やメリット・デメリットを解説

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780