マウスピース矯正

【歯列矯正】マウスピース型矯正の期間:期待できる効果と治療期間の見極め方

歯科矯正 マウスピース 期間

マウスピース型矯正の期間についてお悩みはありませんか?本記事では、マウスピース型矯正の期間について以下の点を中心にご紹介します!

  • マウスピース型矯正の基礎知識
  • マウスピース型矯正の治療期間について
  • マウスピース型矯正の装着時間について

マウスピース型矯正の期間について、理解するためにもご参考いただけますと幸いです。是非、最後までお読み下さい。

マウスピース型矯正とは

マウスピース型矯正とは

マウスピース型矯正の仕組みはどのようなものですか?
マウスピース型矯正は、透明なプラスチック製のマウスピースを装着することで歯列を矯正する方法です。まず、歯科医師が患者さんの歯列をスキャンし、それをもとに特注のマウスピースを作成します。このマウスピースは、歯列を徐々に移動させるための歯列矯正装置として機能します。患者さんは、マウスピースを一定期間使用し、一定の期間ごとに新しいマウスピースに交換する必要があります。マウスピースは、患者さんの口に合わせて特別に作られています。マウスピース型矯正の仕組みは、装着されたマウスピースによって歯列に軽微な圧力がかかり、その圧力によって歯が徐々に移動します。マウスピースは透明であるため、ほとんど目立たないため、日常生活の中で装着できます。
マウスピース型矯正以外の治療方法はありますか?
マウスピース型矯正以外にも、歯列矯正にはさまざまな方法があります。例えば、金属製のブラケットを歯に取り付け、ワイヤーで歯を動かす「従来型矯正治療」や、透明なセラミック製のブラケットを使う「クリアブラケット矯正治療」、舌側から矯正装置を取り付ける「舌側矯正(裏側矯正)」などがあります。治療方法は個人差があり、症状や予算、治療期間、見た目の美しさなどを考慮して、歯科医師と相談して選ぶことが大切です。それぞれの治療方法にはメリット・デメリットがありますが、最終的には、患者さんの希望に応えながら、適切な治療法を提供することが重要です。
マウスピース型矯正のメリットは何ですか?
マウスピース型矯正のメリットは、見た目が気になることなく矯正ができることです。マウスピースは透明で、装着していてもあまり目立ちません。また、金属アレルギーの心配がないこともメリットの一つです。そして、治療前の予測が正確であるため、治療期間が予測しやすくなるという点も挙げられます。
マウスピース型矯正のデメリットは何ですか?
マウスピース型矯正のデメリットとして、治療期間が従来型の矯正治療に比べて長くなる場合がある点が挙げられます。また、装着するマウスピースの素材によっては、強度が不足しているために破損しやすい場合があります。さらに、重度の出っ歯や不正咬合などの難しい症例には対応しない場合もあります。そして、マウスピースを簡単に取り外しできるため、装着時間が短くなることがあり、使用状況により治療効果が期待し難い場合もあるため、患者さん自身が治療に対するコミットメントを持つことが必要です。

マウスピース型矯正の期間

マウスピース型矯正の期間

マウスピース型矯正の期間を決める要素は何ですか?
マウスピース型矯正の期間を決める要素には、歯の移動量や歯列の状態、患者さんの年齢、治療目的などが挙げられます。歯の移動量が多い場合や歯列の状態が複雑な場合は、治療期間が長くなることがあります。また、患者さんの年齢も治療期間に影響を与えます。成長期の子どもの場合、骨が柔らかいため治療期間が短くなることが多く、逆に成人の場合は治療期間が長くなることがあります。最終的には、患者さんの歯の状態に合わせて、歯科医師が適切な期間を設定することが重要です。患者さん自身も、定期的に歯科医師の指示に従い、マウスピースの装着やケアを行うことが大切です。
ワイヤー矯正とマウスピース型矯正のどちらが期間が長いですか?
ワイヤー矯正とマウスピース型矯正の治療期間は、患者さんの歯並びの状況や矯正の必要性によります。ワイヤー矯正は矯正装置をつけっぱなしにするため、常に矯正の力が働いており、また、マウスピース型矯正よりワイヤー矯正の方が強い力で歯を動かせます。これらの理由から、ワイヤー矯正の方が早く終わることがあります。一方、マウスピース型矯正は患者さん自身が取り外しを行うため、装着時間を守っていないと治療が長引くことがあります。また、重度の症例ほど多くのマウスピースが必要となり、治療期間も長くなります。

しかし、これらの治療期間はあくまで平均であり、患者さんの口腔の状態や矯正の必要性により、個々の治療期間は異なります。また、ワイヤー矯正とマウスピース型矯正とでは、扱う症例にそもそも違いがある場合や、歯の移動の仕方によって得意不得意があるため、一概に治療期間を一般化するのは難しいとされています。

マウスピースは1日何時間装着しますか?
マウスピース型矯正の装着時間は、通常は1日に20〜22時間程度が推奨されます。歯を正しい位置に移動させるためには、一定の圧力をかけ続ける必要があるためです。そのため、マウスピースを装着している時間が少ないと、効果が得られにくくなることがあります。 食事の時間や歯磨きの時間を除いた残りの時間については、できるだけ装着することが望ましいとされています。ただし、患者さんの状況によっては、歯科医師によって装着時間が異なる場合もありますので、指示された適切な装着時間を守りましょう。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまでマウスピース型矯正の期間についてお伝えしてきました。マウスピース型矯正についての要点をまとめると以下の通りです。

  • マウスピース型矯正は、透明なプラスチック製のマウスピースを装着することで歯列を矯正する方法
  • マウスピース型矯正の治療期間を決める要素には、歯の移動量や歯列の状態、患者さんの年齢、治療目的などが挙げられ、歯の位置や個人差によって異なる
  • マウスピース型矯正の装着時間は、通常は1日に20〜22時間程度が推奨され、定期的な歯科医師の診察と適切な装着時間が必要

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

  1. 八重歯の裏側矯正はどんな治療?メリットやデメリット、そのほかの矯正もあわせて解説

  2. 小児矯正のランパ(RAMPA)セラピーとは?一般的な小児矯正との違い

  3. 部分矯正は下の歯のみでも可能?適応例やメリット・デメリットを解説

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780