マウスピース矯正

お金がない高校生でも歯列矯正治療はできるの?矯正治療の方法や支払い方法も合わせて解説!

お金がない高校生でも歯科矯正治療はできるの?

お金がない高校生でも歯列矯正治療ができることを知っていますか? 本記事では、矯正治療の方法や支払い方法について以下の点を中心にご紹介します。

  • お金がない高校生が歯列矯正治療を受けるには
  • 歯列矯正治療の費用について
  • 歯列矯正治療の種類

お金がない高校生でも歯列矯正治療ができることについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。ぜひ最後までお読みください。

お金がない高校生でも歯列矯正治療を受ける方法

お金がない高校生でも歯列矯正治療を受ける方法

お金がない高校生でも歯列矯正治療を受ける方法はあるのでしょうか? 以下で解説していきます。

お金を貯める

アルバイトやパートタイムの仕事を探して収入を増やすことも考えましょう。さらに、無駄な出費を減らし、貯金に回せるように予算を立てることも大切です。自身の目標に向かって努力し、賢くお金を使いながら、将来の健康に投資できるでしょう。

家族に頼る

まず、親や保護者に相談し、治療に関する希望を伝えましょう。家族の理解と協力を得ることで、治療費の一部や分割払いなどの支援を受けられる可能性があります。また、保険適用の可能性もあるため、保険制度や医療費補助制度について調べ、必要な手続きを家族と一緒に進めましょう。重要なのは、家族とのコミュニケーションと協力です。

大人になってから歯列矯正治療を受ける

収入が安定する社会人になってから歯列矯正治療を始めることもひとつの方法です。矯正治療は子どものうちに行うものというイメージがありますが、実際には歯や骨が健康であれば、何歳からでも治療を開始することができます。歯列矯正治療は長期間にわたる治療であり、継続的なケアが求められます。大人であれば、自らの意志で矯正装置のケアや歯磨きを徹底できるため、治療の成果を引き出せるでしょう。

医療費控除を使う

医療費控除は、治療や健康管理にかかる費用が一定の基準を超えた場合、確定申告をすることで所得控除が受けられる制度です。歯列矯正治療においても、噛み合わせの問題が原因で歯の健康や機能に影響がある場合は医療費控除の対象になります。見た目の改善を目的とした矯正治療は控除の対象ではありませんが、歯科医師の診断によって噛み合わせの問題があると判断されれば、控除の対象となることもあります。歯列矯正治療を検討している方や受けている方は、医療費控除を活用して負担を軽減しましょう。

保険診療対象か調べる

保険診療の対象となるには、矯正治療が医学的に必要であり、かつ保険の基準を満たしている必要があります。歯科医師は保険適用の有無や治療費用について詳しく説明してくれます。また、保険診療が適用されない場合でも、医院によっては分割払いや割引制度を提供していることもありますので、相談してみると良いでしょう。
日本矯正歯科学会のホームページで、保険が適応になる疾患を検索できます。
(日本矯正歯科学会のホームページ:歯列矯正治療が保険診療の適応となる場合とは)  https://www.jos.gr.jp/facility

モニターで歯列矯正する

モニターとは、治療の実施や結果をデータとして提供することで、治療費用を一部または完全に免除する制度です。モニターに参加するためには、歯科医院や大学の矯正科などが実施しているモニター募集に応募する必要があります。

募集は定期的に行われており、選考のうえ、モニターとして治療を受けられます。ただし、モニター治療は医療研究の一環であり、治療の期間や条件が特定されていることがあります。矯正治療を検討している場合は、近くの歯科医院に相談し、モニター制度の有無や詳細を確認してみるといいでしょう。

歯列矯正治療の費用について

歯列矯正治療の費用について

歯列矯正治療の費用はどのくらいかかるのでしょうか? 以下で解説していきます。

歯列矯正治療にかかる費用

歯列矯正治療の費用は、治療の種類や治療の複雑さ、クリニックの立地などによりますが、一般的な費用の範囲は、50~150万円に及ぶことがあります。例えば、ワイヤー矯正の場合、一般的な費用は60万〜150万円程度です。マウスピース型矯正を使用する場合は、部分矯正治療で数十万円程度、全体的な矯正治療で100~150万円の費用がかかることがあります。

また、保険の適用や割引制度なども費用に影響を与える要素です。矯正治療の費用は個別の症例によって異なるため、まずは歯科医師と相談し、正確な見積もりを得ることが重要です。矯正治療は、美しい歯並びや健康な咬合を実現するための長期的な投資であり、歯の健康と自信につながる治療です。

マウスピース型矯正を使用する場合、部分補正の費用は数十万円から100万円程度です。成人の矯正治療の費用は、歯の状態の重症度や治療の種類によります。より複雑な治療が必要なため、高校生よりも成人の方が治療費が高くなる可能性があります。

矯正治療の費用は個別の症例によって異なるため、正確な見積もりを得るためには、歯列矯正医院での相談が重要です。治療費には診断やレントゲン、定期的な調整などの費用も含まれますので、詳細について医師と相談することをおすすめします。矯正治療は健康な歯並びを実現するための重要な投資であり、自信と快適な咬合を得るために価値のある治療法です。

高校生と大人の歯列矯正治療の費用の違い

高校生と大人の歯列矯正治療の費用に大きな違いはありません。矯正治療は自由診療であり、各矯正歯科医院によって費用は異なります。永久歯が生えそろった後の矯正治療の費用は、一般的に60万〜150万円ほどと言われています。 ただし、矯正歯科医院によってはトータルフィー制という料金体系を採用しているところもあります。この場合、矯正器具の調整料などは別途請求されず、最初に治療費の総額が提示されます。

歯列矯正治療の支払い方法

歯列矯正治療の支払い方法

歯列矯正治療の支払い方法を知っていますか? 以下で解説していきます。

デンタルローン

デンタルローンは、歯科治療に限定されたローンのサービスです。
デンタルローンでは、金融機関や信販会社が歯科医院に対して治療費を一括で支払い、ローン契約者は分割払いで返済する仕組みです。これにより、一括で高額な治療費を支払う必要がなくなり、分割払いによって負担を軽減することができます。
ただし、デンタルローンを利用するには審査が必要であり、すべての金融機関が取り扱っているわけではありません。ですので、デンタルローンを利用したい場合は、デンタルローンを提供している金融機関や信販会社を調べて、申込や審査の手続きを行う必要があります。

クレジットカード

歯列矯正治療の支払い方法の一つとして、クレジットカードが利用されます。クレジットカードを使用することで、一括払いや分割払いなど、柔軟な支払いプランが選べます。多くの歯科クリニックでは、一定の金額以上の治療費に対して分割払いのオプションを提供しています。

クレジットカードの利用により、一度に大きな費用を支払う必要がなく、治療費の負担を軽減できます。ただし、クレジットカード会社によっては手数料や利息が発生する場合もあるため、事前に確認が必要です。歯列矯正治療を検討する際には、クレジットカードの利用が可能かどうか、また利用条件や手数料についても確認しましょう。

分割払い

歯列矯正治療の費用は一括で支払うことが難しい場合、分割払いの選択肢があります。分割払いは、総費用を複数回に分けて支払う方法で、患者さんの経済的負担を軽減する手段となります。具体的な支払い方法は、クリニックや保険によって変わりますが、月額分割や治療段階ごとの分割などが一般的です。分割払いは利息や手数料が発生する場合もありますので、事前にクリニックと相談し、支払い条件や負担金額について詳細を確認することが重要です。分割払いは、患者さんが治療を受けやすくするための柔軟な支払い方法の一つです。

トータルフィーシステム

歯列矯正治療の費用を支払う方法の一つに、トータルフィーシステムがあります。このシステムでは、治療費用を一括で支払うのではなく、分割払いやローンなどで月々の支払いが可能です。患者さんは通常、初診時に初期費用を支払い、その後は月々の支払いが続きます。

トータルフィーシステムは、負担を分散しやすく、経済的な面での負担を軽減するために利用されています。ただし、医院やクリニックによって異なる支払いプランが存在するため、事前に詳細を確認することが重要です。歯列矯正治療の費用に関しては、患者さんの経済的な状況や希望に合わせた支払い方法を提案してくれる歯科医師との相談が必要です。

歯列矯正治療の種類

歯列矯正治療の種類

歯列矯正治療にはどのような種類があるのでしょうか? 以下で解説していきます。

マウスピース型矯正

マウスピース型矯正は、歯列矯正治療の一種であり、歯並びの改善や咬合の調整をする治療法です。この矯正方法では、特製の透明なマウスピース(アライナー)を使って歯を徐々に移動させます。マウスピースは口腔内に装着するだけであり、金属ブラケットやワイヤーは使用しません。このため、見た目に配慮したい方に適しています。また、取り外しが可能なので、食事や歯磨きの際にも便利です。治療期間や費用は、矯正の程度や使用するブランドによります。マウスピース型矯正は、快適さや見た目への配慮を求める患者さんに適した選択肢となっています。しかし、正確な治療計画や費用については、歯科医師との相談が重要です。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、歯列矯正治療の一種であり、不正咬合や歯並びの問題を改善するために使用されます。この治療法では、金属のワイヤーとブラケットを歯に取り付け、力を加えて歯を移動させます。ワイヤー矯正は、患者さんの咬合や歯並びの美しさを向上させます。治療期間は個人の症状や治療の進行によって変わりますが、通常は数ヶ月から数年にわたるプロセスです。ワイヤー矯正は痛みや違和感を感じることもありますが、定期的な調整やケアを受けることで快適に過ごせます。

まとめ

まとめ

お金がない高校生でも歯列矯正治療ができるのかについてお伝えしてきました。お金がない高校生でも歯列矯正治療ができるのかについての要点をまとめると以下の通りです。

  • お金がない高校生でも歯列矯正治療をするには、相談を通じて自分に合った方法を見つけることが大切
  • 歯列矯正治療の費用は、治療の種類や治療の複雑さ、クリニックの立地などによって異なる
  • マウスピース型矯正は、快適さや見た目への配慮を求める人におすすめ

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

  1. 噛み合わせの違和感の原因は?歯列矯正による治療法も解説

  2. インビザラインとワイヤー矯正はどっちがおすすめ?それぞれの特徴を比較

  3. 噛み合わせの治療は保険適用になる?適用される条件や費用相場

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780