マウスピース矯正

マウスピース型矯正を使う歯列矯正は効果的とされる?仕組みからメリット・デメリットまで解説!

歯科矯正治療を行うメリットとは?

歯列矯正をおこなうときは、マウスピース型やワイヤー型といった治療器具の種類があります。 今回の記事では、マウスピース型矯正装置について、下記内容を中心に解説していきます。

  • マウスピース型矯正のメリット
  • マウスピース型矯正のデメリット
  • マウスピース型矯正の費用・期間

マウスピース型矯正装置について理解するためにも参考にして下さい ぜひ最後までご覧ください。

マウスピース型矯正による歯列矯正とは

マウスピースによる歯科矯正とは

マウスピース型矯正で歯列矯正ができる仕組みや使用方法に関して解説していきます。

マウスピース型矯正で歯列矯正ができる仕組み

マウスピース型カスタムメイド矯正装置は、患者さんのお口の状態に合わせて作られ、歯型採取によって現在の歯並びをデータ化。そのデータをもとに理想の歯並びまでのシミュレーションを作成し、新しいマウスピース型矯正に交換していくことで、歯を動かしていきます。
マウスピース型矯正は、今の歯並びよりも少し理想の歯並びに近づいた形状に作られ、インビザライン治療では7日交換が標準です。マウスピース型矯正をはめると初めは窮屈な感じがしますが、数日たつと違和感がなくスッとはまるようになり、歯が動いている証拠になります。歯の移動量が多い症例では初回の治療計画のシミュレーションでは治療ゴールの位置まで歯を動かさずに、途中までで留め2回目以降の治療計画のシミュレーションで理想の歯並びのゴールに達成させることもあります。

マウスピース型矯正の使用方法

マウスピース型矯正の使用方法には、1日あたり20〜22時間の装着が理想的です。装着する際には、浮き上がらないようにしっかりフィットさせ、指先でゆっくりと均一に力を加えて装着し、アライナーチューイーも使用してください。
取り外す時は、過剰な力をかけないように、左右どちらかの奥歯の内側から指先を使って少しずつ浮かせ、前歯の方も同様に取り外してください。また、汚れを放置すると細菌の温床になり、虫歯や歯周病のリスクを高めるため、食事と歯磨き以外の時間は基本的に装着するようにしましょう。マウスピース型矯正による矯正治療では、アライナー・チューイーを使って咬みこむことでフィット感を高めます。

マウスピース型矯正で歯列矯正が向いている人

  • 抜歯をしなくても行える、歯並びの不正が軽いケース
  • ピンポイントで矯正したい方
  • 20時間以上毎日継続してマウスピース型矯正を装着できる方

マウスピース型歯列矯正のメリット・デメリット

マウスピース歯科矯正のメリット・デメリット

マウスピース型歯列矯正のメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

マウスピース型歯列矯正のメリットは、目立たない、取り外しが可能、金属アレルギーの心配がない、お口のトラブルを減らせるという点があります。また、通院頻度も少なく、歯にかかる負担が少なく、歯の矯正治療において注目を集めています。

デメリット

マウスピース型歯列矯正のデメリットは、規定時間の装着を守らないと歯が動かないこと、治療できないケースがあること、適応できる症例に限界があること、装着時間が長いこと、装着中の制限が多いこと、効果が本人次第であること、マウスピース型歯列矯正のケアが必要であることです。注意点を十分に理解した上で治療を行う必要があります。

マウスピース型歯列矯正の費用・期間

マウスピース歯科矯正の費用・期間

マウスピース型歯列矯正の費用と治療にかかる期間を見ていきましょう。

費用

マウスピース型歯列矯正にかかる費用は、部分矯正で30~70万円、全体矯正で70~120万円程度です。治療範囲や期間、ブランドによって異なるため、担当医に確認する必要があります。

期間

マウスピース型歯列矯正の治療期間は、部分矯正で6ヶ月、上下顎前歯6本までで6ヶ月、上下顎全体で2年、抜歯または全歯移動が必要な場合は2年〜2年半です。目安は2ヶ月〜3年程度です。

歯列矯正の種類

歯列矯正の種類

歯列矯正の治療方法の種類について紹介していきます。

マウスピース型矯正

マウスピース型矯正は、透明で目立ちにくく、取り外しが可能なため人目を気にせず、痛みや違和感が少なく、虫歯や歯周病リスクが低く、金属アレルギーの人でも利用できます。矯正とホワイトニングが同時にでき、リーズナブルなブランドもあります。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は広い適応範囲が特徴です。定期的な調整が必要で通院期間が長いですが、治療技術が完成されており、安定した治療結果が得られます。審美性に優れた種類も多いです。口内炎や歯磨きのデメリット、歯の動かし方で得意不得意がありますが、治療結果を重視する場合にはおすすめな治療器具といえます。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまでマウスピース型矯正装置についてお伝えしてきました。 マウスピース型矯正装置についてまとめると以下の通りです。

  • マウスピース型矯正のメリットは、目立たない、取り外しが可能なこと
  • マウスピース型矯正のデメリットは、規定時間の装着を守らないと歯が動かないことがあること
  • マウスピース型矯正の治療期間は、部分矯正で6ヶ月、上下顎前歯6本までで6ヶ月、上下顎全体で2年、抜歯または全歯移動が必要な場合は2年〜2年半かかる

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。 最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

  1. 八重歯の裏側矯正はどんな治療?メリットやデメリット、そのほかの矯正もあわせて解説

  2. 小児矯正のランパ(RAMPA)セラピーとは?一般的な小児矯正との違い

  3. 部分矯正は下の歯のみでも可能?適応例やメリット・デメリットを解説

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780