ワイヤー矯正

子どものすきっ歯が気になる!永久歯が生える前に治療すべき?

子どものすきっ歯が気になる!永久歯が生える前に治療すべき?

一度は、子どものすきっ歯が気になった時期があるのではないでしょうか。 すきっ歯は見た目に影響を与え、子ども自身の自信に影響を及ぼす可能性があります。 また、すきっ歯は噛み合わせや発音に影響を与え、食事の際の効率や言葉の明瞭さに影響することがあります。
本記事では、以下の内容にフォーカスして解説します。

  • 子どもがすきっ歯になる原因
  • 子どものすきっ歯は放置しても良いのか
  • 永久歯が生えた子どものすきっ歯治療について

ぜひ最後までお読みください。

子どもがすきっ歯になる原因

子どもがすきっ歯になる原因

永久歯に生え変わる時期は、すきっ歯になるものですか?
永久歯に生え変わる時期にすきっ歯になることはありますが、一時的な現象であることが多いといわれています。
乳歯から永久歯への生え変わりは、口腔内の空間と歯の大きさのバランスが変化するため、一時的にすきっ歯が発生することがあります。多くの場合、時間が経つにつれて歯並びは自然と調整され、すきっ歯は解消されます。
指しゃぶりはすきっ歯の原因になりますか?
指しゃぶりは、長期間続けるとすきっ歯の原因になる可能性があります。
指を口に入れ続けることで、前歯に不自然な圧力がかかり、歯並びが変わることが原因です。3歳を過ぎても習慣が続くと、永久歯にも影響を与えることがあります。指しゃぶりを卒業させるための対策には、まず指しゃぶりの原因やきっかけを理解することが大切です。子どもが何らかのストレスや不安を感じている場合は、原因を取り除く努力が必要です。
また、指しゃぶりをしているときにはほかの行動に置き換えることや、指しゃぶりを忘れさせるためのおもちゃを与えることも方法の一つです。

指しゃぶり以外にも、遺伝的要因や、乳歯の早期喪失、長期間の哺乳瓶使用、おしゃぶりの過剰な使用などがあります。
遺伝的要因では、親から子へ歯並びの特徴が受け継がれることがあります。
乳歯の早期喪失は、永久歯が正しい位置に生えるスペースを確保できなくなることが原因となります。

長期間の哺乳瓶使用やおしゃぶりの過剰な使用は、歯や顎の発達に影響を及ぼし、歯並びを悪化させることがあります。
これらの習慣が、歯や顎の成長に不自然な圧力をかけ、すきっ歯の原因となることが考えられます。

どのような歯だとすきっ歯になりやすいですか?
すきっ歯になりやすい歯の状態には、歯のサイズが小さい場合や、歯の数が少ない場合、または顎の骨が大きい場合があります。
これらの条件は、歯と歯の間に余分なスペースが生じ、すきっ歯の原因となることがあります。これまでに何度か提示している通り、歯と顎のバランスは歯並びに影響を与えます。歯が顎のサイズに対して小さい場合や、逆に顎が歯に比べて大きい場合、適切なスペースが確保できず、歯が詰まり合うか、逆に隙間ができすぎることがあります。
また、顎の成長が不均一であると、歯が正常に生えるスペースが不足したり、歯が前後に傾いたりする原因となり得ますので、早めに受診をしましょう。

子どものすきっ歯は放置しても良いのか

"子どものすきっ歯は放置しても良いのか

永久歯が生えた子どものすきっ歯は、治療が必要ですか?
永久歯が生えた子どものすきっ歯が治療を必要とするかは、すきっ歯の程度や原因、およびそれが発音や噛み合わせにどのような影響を及ぼしているかによります。
軽度の場合は自然に改善することもありますが、噛み合わせの問題や見た目の懸念がある場合は、歯列矯正治療が推奨されることがあります。
永久歯が生えていなければ、すきっ歯はそのままでも大丈夫ですか?
乳歯の段階でのすきっ歯は、永久歯が生え揃うまでの自然な過程の一部であり、多くの場合、治療を必要としません。
乳歯のすきっ歯は、永久歯が生える際にスペースを提供する役割もあり、永久歯が生え変わる過程で自然に調整されることが多いといわれています。
子どものすきっ歯を放置するとどうなりますか?
発音が明瞭でなくなったりすることも考えられます。
しかし、すきっ歯が永久歯の成長や健康に害を与えるわけではないため、状況に応じて適切な時期に治療を検討することが重要です。

永久歯が生えた子どものすきっ歯治療について

永久歯が生えた子どものすきっ歯治療について

永久歯が生えた子どものすきっ歯は、いつ頃治療を始めれば良いですか?
永久歯が生えた子どものすきっ歯の治療開始時期は、個々の状況によりますが、全ての永久歯が生え揃った後、顎の成長がある程度落ち着いた時期がいいとされています。
大体の場合、初期の永久歯が生え始める7歳頃から歯列矯正治療の検討を始めています。
子どものすきっ歯治療には、どのような方法がありますか?
子どものすきっ歯治療には、口腔の状態やすきっ歯の程度によって異なりますが、矯正装置を使用します。取り外し可能な装置や、永久歯の成長を促すための固定式ブラケットが含まれます。
固定式ブラケットは精密な歯列矯正が可能といわれていて、複雑な歯並びも改善できるメリットがありますが、クリーニングが難しく、むし歯や歯周病のリスクが増えるデメリットがあります。子ども時代のすきっ歯を放置しておくと、長期的には噛み合わせの問題が発生するリスクがあり、食事時の不便さや消化不良に繋がります。
顎関節症は顎の痛みや頭痛、耳鳴りなどを引き起こす可能性があるので、日常生活において多大なるストレスとなり得ます。

さらに、すきっ歯は発音の問題や自己意識の問題を引き起こすことがあり、社会的な自信の欠如に繋がることもあります。
ほかにも、美容上の問題に加えて、不適切な歯並びは歯のクリーニングを困難にし、むし歯や歯周病のリスクを高めることがあります。

編集部まとめ

編集部まとめ

これまで、子どものすきっ歯は永久歯が生える前に治療すべきかどうかについて解説しました。要点をまとめると、以下の通りです。

  • 乳歯から永久歯への生え変わりは、口腔内の空間と歯の大きさのバランスが変化するため、一時的にすきっ歯が発生することがある
  • 指しゃぶりは、指を口に入れ続けることで、前歯に不自然な圧力がかかり、歯並びが変わってしまうので対処が必要
  • 永久歯が生えた子どものすきっ歯治療は、大体が初期の永久歯が生え始める7歳頃から検討し始める

いかがでしょうか。 幼少期から整った歯並びを持つ人は、大人になっても多くの利点をもたらします。まず、美しい笑顔は自信を高め、人間関係や社会生活において好印象を与えるだけでなく、健康な歯があることで、咀嚼能力を向上させ、消化や栄養摂取に良い影響を及ぼします。

また、早期からの口腔ケアはむし歯や歯周病のリスクを減少させ、将来的に高額な歯科治療の必要性を低減します。
子どもの頃からの正しい歯のケアは、美しさだけでなく、健康と経済的なメリットをもたらすのです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

  1. 噛み合わせの違和感の原因は?歯列矯正による治療法も解説

  2. インビザラインとワイヤー矯正はどっちがおすすめ?それぞれの特徴を比較

  3. 噛み合わせの治療は保険適用になる?適用される条件や費用相場

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780