ワイヤー矯正

歯科矯正治療の見た目悩み解決ガイド|矯正中の気になる見た目のケア方法

歯科矯正で顔の変化は期待できる?

歯科矯正治療をしていると、装置やワイヤーが目立ってしまって、自分の見た目に自信が持てなくなることがありますよね。正しいケア方法を実践して、矯正装置が目立たないような工夫をしてみませんか? 本記事では歯科矯正治療の見た目について、以下の点を中心にご紹介します。

  • 歯科矯正治療における悩み
  • 見た目に優しい矯正方法
  • 歯科矯正治療における見た目対策

歯科矯正治療の見た目について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。ぜひ最後までお読みください。

歯科矯正治療の見た目に関する悩み

歯科矯正治療の見た目に関する悩み

歯科矯正中の見た目で気になるポイントは何ですか?
矯正装置やワイヤーの目立ち方:矯正装置やワイヤーが目立ち、歯並びの悪さが強調される可能性があります。

  • 色素沈着: 矯正装置の周囲が黄ばんで見える、あるいは歯に色素沈着が生じる可能性があります。
  • 食べかすや汚れ: 矯正装置の中に食べかすや汚れが溜まりやすく、見た目が悪くなる可能性があります。
  • 装置の違和感: 矯正装置が口の中にあるため、話すときや食べるときに違和感が生じる可能性があります。
  • ホワイトワイヤーの目立ち方: ホワイトワイヤーは、通常のワイヤーよりも目立ちにくいですが、歯の色に合わせて選ぶ必要があります。
  • 透明なマウスピースの装着感: 透明なマウスピースを使った矯正では、装着感があるため、初めは慣れるまで違和感が生じる可能性があります。
矯正後の見た目に不安がある場合はどう対処すべきですか?
  • 矯正後のリテーナーの着用: 矯正が終わった後も、リテーナーを着用することで歯並びが保たれる可能性が高いです。リテーナーは、ワイヤータイプやマウスピースタイプなどがあります。
  • ホワイトニング: 矯正後の歯に色素沈着がある場合は、ホワイトニングをすることで、より美しい歯並びを手に入れましょう。
  • マウスピース型のマスクの着用: 歯科医師が作成したマウスピース型のマスクを着用することで、歯並びをキープしながらマスクを着用できます。
  • 矯正前の歯の形態修正: 歯の形態に不満がある場合は、矯正前に歯の形態形状修正ができます。

これらの対処方法をうまく活用して、矯正後も美しい歯並びを維持しましょう。ただし、歯科医師と相談の上で実行することが大切です。

見た目に優しい歯科矯正方法

見た目に優しい歯科矯正方法

マウスピース型矯正とは何ですか?
マウスピース型矯正は、歯列矯正治療に必要な力を、透明なマウスピースによって伝え、歯を動かす方法です。痛みが少ないとされ、取り外しも簡単なので、生活に支障が出ることが少ないという利点があります。
また、マウスピースを外して食事ができるため、普段の生活にも影響が少ないという利点もあります。
マウスピース型矯正のメリットとデメリットは何ですか?
メリット
見た目が目立たず、矯正装置の存在を気にしなくて良いことが特徴です。歯ブラシや糸ようじなどで簡単に取り外し可能なので、普段の生活に支障が少ないこともメリットの1つです。装置の材質が柔軟で耐久性があるため、痛みや不快感が少ないといわれています。

デメリット
・マウスピースを装着しなければならない期間が長くなるため、矯正治療の費用が高額になる可能性があります。装置を外してしまったり、着用しなかったりした場合、矯正成果が低下する可能性があります。
・歯を動かす力が弱いため、歯並びの歪みが軽度の場合に適しており、歯並びの矯正に限定される場合があります。
・マウスピースを装着する際に、口の中に違和感を感じる可能性があります。

治療方法や症例によっては、メリットやデメリットが異なる場合があります。適切な治療方法を選ぶためには、歯科医師とよく相談しましょう。

ワイヤー矯正とマウスピース型矯正の見た目の違いは何ですか?
矯正装置の目立ち方:ブラケットやワイヤーが歯に装着されているため、見た目が目立ちます。一方、マウスピース型矯正は透明のプラスチックでできており、歯にぴったりとフィットするため、装着していても目立ちにくいです。
色の選択肢:ブラケットやワイヤーには色の選択肢があり、白い目立たない装置を選べます。一方、マウスピース矯正には色の選択肢がありません。
見た目に優しい歯科矯正方法は他にもありますか?
セラミック製のブラケットを使用することで、金属製のブラケットよりも目立ちにくくなります。ただし、金属製のブラケットよりも価格が高くなる場合があります。
矯正装置にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、歯並びの状態や治療の目的に合わせて適切な方法を選択することが重要です。また、歯科医師に相談することもおすすめです。

矯正中の見た目対策

矯正中の見た目対策

矯正中に気になる見た目をどのようにケアできますか?
歯磨きをしっかり行う:矯正中は歯ブラシや歯間ブラシを使ってしっかりと歯磨きを行うことが大切です。矯正器具の隙間に食べかすや歯垢がたまりやすいため、毎食後に歯磨きをすることが望ましいです。
歯磨き粉の使用: 歯磨き粉を使用することで、口臭や歯垢の除去作用が高くなります。また、ホワイトニングが期待される歯磨き粉を使うことで、矯正中でも白い歯を保てるでしょう。
インビザラインの場合はクリーナーを使用する:インビザラインは透明のマウスピース型矯正器具であるため、見た目が気になる場合にはクリーナーを使って清潔に保ちます。
矯正器具の色の選択:歯の矯正器具は透明やホワイトのものがあります。矯正中でも目立ちにくくなるように、歯の色に合わせた矯正器具を選べます。
食事のときは注意する: 矯正器具が目立ちにくくなるように、食事の際には硬いものや粘り気のあるものを避けるようにしましょう。また、色の濃い飲み物や食べ物も歯に着色する可能性がありますので、できるだけ控えるようにしましょう。
矯正中の見た目で失敗しないためのポイントは何ですか?
歯並びを正しく理解する:矯正治療の目的は、歯並びを正しく整えることです。治療の過程で歯の動きが起こり、歯が生えている場所から移動するため、治療中は歯並びが悪化する恐れがあります。しかし、治療の目的を理解していれば、その過程が自然であることがわかります。
適切な矯正方法を選ぶ: 矯正治療には、マウスピース矯正、ワイヤー矯正、セラミック矯正など様々な方法があります。それぞれの方法には、メリットとデメリットがあります。自分に合った矯正方法を選ぶことが大切です。
矯正装置の色を選ぶ:ワイヤー矯正を行う場合、矯正装置(ブラケットやワイヤー)の色を選べます。無色透明や歯の色に近い色を選ぶことで、目立たなくなります。
歯の健康に注意する:矯正治療中は、歯のケアが特に重要です。虫歯や歯周病が進行してしまうと、治療が遅れる場合があります。適切な歯磨きや定期的な歯科検診を行うことで、歯の健康を保つことが大切です。
食生活に注意する:矯正治療中は、硬いものや粘り気のあるものなどを避けましょう。矯正装置が破損してしまう場合があります。また、歯列が整っていない場合は、歯ブラシで歯垢を落とすことが難しくなるため、虫歯や歯周病の原因になる恐れがあります。健康的な食生活を心がけましょう。
矯正中の見た目が気になる時の心構えや対処法は何ですか?
自分に合った矯正方法を選ぶ:見た目に優しい矯正方法を選ぶことで、見た目への影響を最小限に抑えましょう。
無理をせず、自分に自信を持つ:矯正中の見た目が気になっても、無理をせずに自分に自信を持ちましょう。矯正中は一時的なものであり、終われば美しい歯並びが手に入ると思って前向きに取り組むことが大切です。
美容に気を配る:矯正中は歯並びだけでなく、口の中全体が目立つため、歯磨きや口臭対策、リップケアなどの美容にも気を配ることで、自信を持って見せられるでしょう。
他人の意見に左右されずに自分の意見を大切にする:矯正治療中は周囲からの意見や評価に左右されやすいかもしれませんが、自分自身が納得するまで続けることが大切です。他人の意見に左右されずに、自分自身の意見を大切にしましょう。

以上のように、自分に合った矯正方法を選び、自信を持って取り組み、美容にも気を配り、自分自身の意見を大切にすることが、矯正治療中の見た目への心構えや対処法として重要です。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで歯科矯正治療の見た目についてお伝えしてきました。 歯科矯正治療の見た目についてまとめると以下の通りです。

  • 歯科矯正中気になるようであればマスクを着用する
  • マウスピース矯正は痛みが少なく、取り外しも簡単なので、生活に支障が出ることが少ないという利点がある。
  • 矯正中の見た目が気になっても、美容に気を配ることや自分の意見を大切にしましょう

本記事が少しでもお役に立てれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

  1. 左右の歯の本数が違う!?歯列矯正で左右非対称を解消する方法

  2. 歯列矯正は最短どれくらいで終わらせられるの?早く終わらせるためのポイントを紹介します!

  3. 歯列矯正で噛み合わせはよくなる?歯列矯正について徹底解説!

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780