ワイヤー矯正

歯列矯正治療は保険適用できるの?歯列矯正治療にかかる費用についても徹底解説!

特化型矯正

歯列矯正治療は保険適用できるのか知っていますか? 本記事では歯列矯正治療は保険適用できるの?歯列矯正治療にかかる費用について以下の点を中心にご紹介します。

  • 歯列矯正治療とは
  • 歯列矯正治療は保険適用されるのか
  • 保険適用で歯列矯正治療を受けるために

歯列矯正治療は保険適用できるのかについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。ぜひ最後までお読みください。

そもそも歯列矯正治療とは?

そもそも歯列矯正治療とは?

歯列矯正治療は、歯や顎の不正な位置や咬合を改善するための治療方法です。歯並びの乱れや歯の隙間、噛み合わせの問題を解消し、美しい笑顔や正しい咬合を実現します。 主な矯正治療方法には、ワイヤー矯正やマウスピース型矯正などがあります。ワイヤー矯正は、金属やセラミックス製のブラケットとワイヤーを使用し、歯を引っ張る力をかけて位置を調整します。マウスピース型矯正は透明なプラスチック製のマウスピースを使用し、段階的に歯を移動させます。 矯正治療は美容面だけでなく、噛み合わせの安定や咬合の改善、歯の健康維持にも重要です。治療期間や費用は個人の症状や治療方法によって異なります。 歯列矯正治療は、歯科医師の専門的な知識と技術を必要とする治療です。矯正治療に興味がある場合は、歯科医師の診断と相談を受け、適切な治療プランを立てることが大切です。

歯列矯正治療は保険適用されるのか

歯列矯正治療は保険適用されるのか

歯列矯正治療は保険適用されるのでしょうか? 以下で解説していきます。

歯列矯正治療は基本的には保険適用外

歯列矯正治療は基本的には保険適用外の治療です。矯正治療には高額な費用がかかることが一般的です。しかし、費用の面で心配な方もいらっしゃるかもしれません。 健康な歯並びや自信を取り戻すために、矯正治療に向けての具体的なプランや費用面でのサポートを確認しましょう。歯科医師のアドバイスや経済的なサポートを受けながら、自分の理想の歯並びを実現しましょう。

保険適用される症例

歯列矯正治療の保険適用は、一部の症例に限られます。一般的には、咬合異常や歯列不正が重度で、機能や健康に影響を及ぼす場合に保険が適用されます。例えば、顎変形症や口唇口蓋裂などの先天性異常などが該当します。 日本矯正歯科学会のホームページに保険適用される疾患を検索することができます。 しかし、軽度な歯並びの修正や美容目的の矯治療正は保険の適用範囲外です。このような場合には、自費負担となります。治療前には、歯科医師と相談して保険の適用範囲や自費負担の見積もりを確認することが重要です。 保険適用される症例では、治療費の一部が保険でカバーされますが、自己負担額が発生する場合もあります 歯列矯正治療は個々の状態によって異なるため、保険適用の有無や費用については歯科医師の診断と相談が必要です。適切な治療プランと費用計画を立てるために、歯科医師の指導を受けることをおすすめします。

保険適用で歯列矯正治療を受けるために

保険適用で歯列矯正治療を受けるために

保険適用で歯列矯正治療を受けるためにはどうすればいいでしょうか? 以下で解説していきます。

保険適用で歯列矯正治療を受ける流れ

歯科矯治療正を保険適用で受けるためには、まず歯科医師の診断が必要です。歯並びや咬み合わせの問題がある場合、歯科医師は保険の適用基準に基づいて診断を行います。 保険適用が認められた場合、治療費用の一部が保険でカバーされます。適用条件や費用面について詳しく説明してもらい、治療のプランや費用負担について納得した上で治療を進めることが大切です。保険適用の有無や適用範囲については、歯科医院や保険会社に直接確認することが推奨されます。

厚生労働省が認定する医療機関の探し方

厚生労働省が認定する医療機関を探す方法は以下の通りです。まずは厚生労働省の公式ウェブサイトを訪れ、医療機関の検索ページを見つけます。そこで、矯正治療など特定の分野を指定して検索できます。 また、地域や所在地に基づいて検索することも可能です。検索結果には、厚生労働省が認定した医療機関のリストが表示されます。リストを参考にしながら、近くの認定医療機関を選べます。医療機関の認定は、高い技術水準と適切な治療を提供することを保証するものです。厚生労働省が認定した医療機関を選ぶことで、矯正治療を受けられます。 矯正歯科治療に保険診療が適用できる矯正歯科専門の医院のホームページには、指定自立支援医療機関または顎口腔機能診断料施設 と記載されています。

歯列矯正治療の費用

歯列矯正治療の費用

歯列矯正治療の費用はどのくらいかかるのでしょうか。 以下で解説していきます。

歯列矯正治療にかかる費用

歯列矯正の費用は、治療の種類や症状の重さによって異なります。一般的なワイヤー矯正の費用は80000円から100,000円程度です。マウスピース型矯正を使用する場合は、100-120万円程度です。歯の健康や自信を取り戻すために、費用や治療方法について積極的に情報を収集しましょう。

保険適用になる場合の費用

歯列矯正治療において保険が適用される場合、費用の面での負担を軽減できます。また、保険適用になる場合でも、自己負担や追加費用が発生することがあるため、治療費用の詳細や保険の適用範囲について事前に確認することが大切です。歯列矯正治療の費用を軽減するためには、保険の活用と合わせて割引制度や分割払いなどのオプションも検討しましょう。

まとめ

まとめ

歯列矯正治療は保険適用できるのかについてお伝えしてきました。歯科矯治療正は保険適用できるのかについての要点をまとめると以下の通りです。

  • 歯列矯正治療は、歯や顎の不正な位置や咬合を改善するための治療方法
  • 矯正治療に保険が適用される疾患は、日本矯正歯科学会のホームページで検索することができる
  • 歯列矯正治療を保険適用で受けるためには、まず歯科医師の診断が必要

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

  1. 左右の歯の本数が違う!?歯列矯正で左右非対称を解消する方法

  2. 歯列矯正は最短どれくらいで終わらせられるの?早く終わらせるためのポイントを紹介します!

  3. 歯列矯正で噛み合わせはよくなる?歯列矯正について徹底解説!

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780