ワイヤー矯正

奥歯の歯科矯正治療は抜歯が必要?部分矯正で治療できる?奥歯の歯科矯正治療について徹底解説!

歯科矯正 奥歯

奥歯の歯並びにお悩みの方も多いのではないでしょうか? 本記事では、奥歯の歯科矯正治療について以下の点を中心にご紹介します!

  • 奥歯の歯並び
  • 奥歯の歯科矯正治療
  • 奥歯の矯正治療の注意点

奥歯の歯科矯正治療について理解するためにもご参考いただけると幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

奥歯の歯並びについて

奥歯の歯並びについて

奥歯の歯並びが悪いとはどのような状態を指しますか?
奥歯の歯並びが悪い例として、奥歯が傾いて倒れかけている状態が挙げられます。このような状態では、奥歯が正しく噛み合わせられず、強い力がかかることで噛み合わせが乱れてしまいます。噛み合わせが悪いと、口腔内の全体の歯並びにも影響が及びます。 奥歯は咀嚼に重要な役割を果たす丈夫な歯であり、これらの歯を健康な状態に保つためには、不具合を感じたら早めに歯科医師に相談し、適切な矯正治療を受けることが重要です。
奥歯の歯並びが悪いと身体にどのような影響を及ぼしますか?
奥歯の歯並びや噛み合わせが悪いと、歯が磨きにくく汚れが溜まりやすいため、虫歯や歯周病菌が増殖しやすくなります。さらに、奥歯の歯並びや噛み合わせが不均衡だと、片方の顎関節に負荷がかかり、それが顎関節症を引き起こすことがあります。また、顔面の筋肉に偏った発達をもたらし、歪みを生じさせることがあります。それに伴い、顎・首・肩・背中などの骨格にも歪みが生じ、肩こりや頭痛などの症状が現れることもあります。さらに、歯ぎしりや食いしばりが発生しやすくなります。 このように、口腔内だけでなく全身の健康にも悪影響を及ぼす可能性があるため、早めに矯正治療を行うことが重要です。

奥歯の歯科矯正治療について

奥歯の歯科矯正治療について

奥歯の歯科矯正治療の種類について教えてください
奥歯の歯科矯正治療には、いくつかの方法があります。一般的なのは、ブラケット矯正と呼ばれる方法です。歯にブラケットを装着し、ワイヤーを通して歯を少しずつ動かしていきます。金属製のブラケットだけでなく、目立たない白色や透明のブラケットも選べます。 次に、マウスピース矯正があります。透明な板でできたマウスピースを装着し、期間ごとに付け替えていく方法です。目立たないのが特徴で、装着を外すこともできるため使用感が良いですが、適用できる症例には限りがあります。
奥歯の歯並びが悪い場合、抜歯をする必要がありますか?
必ずしも抜歯をする必要はありません。親知らずや他の奥歯が前に突出していたり、噛み合わせが不適切であったりする場合でも、抜歯を回避する治療の選択肢があります。 例として、親知らずや他の奥歯を1本分前に移動させる治療が挙げられます。抜歯を避けることで、歯の本来の機能や咀嚼に必要な役割を維持できる上、見た目的な側面でも奥歯が欠損することを回避できます。ただし、治療方法は患者の状態や歯並びの問題によって異なるため、歯科医師との詳細な相談と検査を通じて、適切な治療プランを立てることが重要です。
奥歯の歯科矯正治療は部分矯正で治療ができますか?
奥歯は口腔内で最も大きな歯であり、その大きさや歯根の形状により、部分矯正での移動が困難です。 大臼歯の大きさは約1cmほどあり、これを前に移動させるためには、ミニインプラント(歯科矯正用アンカースクリュー)などを用いて歯の動きを促す必要があります。また、奥歯の歯根は湾曲しており、動かしにくい特徴があります。 さらに、奥歯の場所や向きが正しくない場合は、咬み合わせのトラブルが併発していることも多いです。このため、奥歯の部分矯正だけで完全な改善を得ることは難しい場合があります。 一方で、奥歯が歯列から少しだけずれている程度のケースであれば、部分矯正が可能な場合もありますが、それでも完全な改善を得ることは難しいとされています。 したがって、奥歯の矯正治療を行う場合、一般的には上下左右ともに全体的な矯正がより良い方法とされます。

奥歯の矯正治療の注意点について

奥歯の矯正治療の注意点について

奥歯の矯正治療中に気を付けるポイントを教えてください
治療中は、歯科医師の指示に従って治療を進めることが大切です。矯正装置の装着や調整を正確に行い、治療の進捗を確認するために定期的な通院を守りましょう。 また、食事や食べ方に気を付けることも大切です。硬い食べ物や粘り気のある食べ物を避け、口腔内の清潔を保つために歯磨きやフロスの正しい方法を実践しましょう。
歯科矯正治療のメリットやデメリットを教えてください
歯科矯正治療には、見た目の美しさを取り戻すだけでなく、噛み合わせや咀嚼機能の改善により、健康的な口腔機能を取り戻すなどの大きなメリットがあります。しかし、治療中に痛みや違和感を感じる、ワイヤー矯正では歯の表面にブラケットを装着するため、磨きにくくなるなどのデメリットがあります。そのため、矯正治療によるメリットとデメリットをよく理解し、適切な治療方法を選択することが重要です。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで、奥歯の歯科矯正治療についてお伝えしてきました。

  • 奥歯の歯並びが悪いと口腔内だけでなく全身の健康にも悪影響を及ぼす可能性がある
  • 抜歯をせずに歯科矯正治療ができる場合がある
  • 奥歯の部分矯正は難しい

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

  1. 部分矯正ですきっ歯は治せる?治療方法のメリット・デメリットや治療できないケースについて解説

  2. 小児矯正の治療期間 | 第1期・第2期の器具ごとの期間と長引かせないための注意点を解説

  3. インビザラインをおすすめしない理由とは?その他の矯正との比較やメリットまで解説

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340