ワイヤー矯正

歯科矯正の値段について知りたい!歯科矯正の方法別費用や保険適用についてご紹介します!

歯科矯正 値段

歯科矯正の値段について知っていますか?本記事では、歯科矯正の値段について知りたい方へ、歯科矯正の方法別の費用や保険適用について以下の点を中心にご紹介します。

  • 歯科矯正が保険適用される症例
  • 歯科矯正の保険適用
  • 矯正方法別の値段相場について

歯科矯正の値段について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。ぜひ最後までお読みください。

そもそも歯科矯正の方法にはどんな種類があるのか

歯科矯正 器具

歯科矯正の方法にはどんな種類があるのでしょうか?以下で解説していきます。

ワイヤー矯正(表側)

この方法では、歯に装着されたブラケットとワイヤーを使用して、歯の位置を正しい位置に移動させます。ワイヤー矯正は主に表側に装着されるため、目立ちにくく見た目に配慮した治療が可能です。ワイヤーは一定期間ごとに調整され、歯の移動を促進します。この方法は、歯の咬み合わせや噛み合わせの問題、不正咬合、歯並びの乱れなどを改善できます。ワイヤー矯正は矯正期間や治療の進行具合によりますが、通常は数ヶ月から数年かかります。

裏側矯正

歯科矯正にはさまざまな方法がありますが、その中でも「裏側矯正」と呼ばれる方法が注目されています。裏側矯正は、歯列矯正装置を歯の裏側に装着することで、見た目に矯正治療がわからないという利点があります。この方法は、特に外見への懸念を持つ成人にとって魅力的です。

マウスピース矯正

この方法では、専用の透明なマウスピースを歯に装着し、歯の移動を促進します。マウスピースは個々の患者に合わせて作られ、定期的に変えることで徐々に歯を動かしていきます。この方法の利点は、目立たずに矯正ができることや、食事や歯磨きの際に外せることです。

矯正方法別の値段相場について

歯科矯正 費用 マウスピース

矯正方法別の値段相場はどのくらいなのでしょうか?以下で解説していきます。

ワイヤー矯正(表側)の値段相場

ワイヤー矯正(表側)の平均費用は、約60万〜130万円程度です。ただし、治療の種類や内容によって費用は変わります。表側矯正は、裏側矯正やハーフリンガル矯正より安価です。治療費用には、矯正装置代金の他にも、診断やレントゲン、定期的な調整などの費用が含まれます。一部の治療では、保険が適用されることもあります。治療を検討する際には、事前に歯科医師と相談し、治療費用や保険の適用状況を確認することが重要です。

裏側矯正の値段相場

裏側矯正の費用相場は、一般的には110万〜180万円程度とされています。ただし、症例や医院によって費用は異なるため、正確な費用は各医院に確認する必要があります。裏側矯正は表側矯正より費用が高い傾向があります。

マウスピース矯正の値段相場

部分矯正の費用は、一般的には10〜50万円程度です。完全矯正(奥歯含む)の費用は60〜100万円程度です。ただし、これらは目安価格帯であり、実際の費用は治療の程度や個別の状況によります。また、矯正の程度、治療期間、使用するブランドによっても変わります。

歯科矯正でかかる費用の内訳

歯列矯正 後戻り

歯科矯正でかかる費用の内訳を知っていますか?以下で解説していきます。

カウンセリング料

歯科矯正の費用の内訳には、カウンセリング料が含まれます。カウンセリングは矯正治療の最初のステップであり、患者と歯科医師が相談し、治療計画を立てる重要な時間です。カウンセリング料には、医師の診断と治療計画の作成、レントゲンや歯型などの検査費用が含まれます。この料金は、患者の個別の状態に基づいて決定されます。カウンセリングは矯正治療の成功に不可欠なステップであり、費用は矯正治療全体の一部として考慮する必要があります。

矯正治療費用

まず初診時には、歯の状態や問題の程度を評価するための診断費用がかかります。その後、矯正装置の種類や治療期間に応じて、装置の費用や調整のための定期的な診察費用が発生します。また、必要に応じて抜歯や歯の移動に関連する手術費用や、治療中に起こる予期せぬトラブルの修復費用も含まれる場合があります。さらに、治療後の保定装置や定期的なメンテナンスにかかる費用も忘れてはなりません。矯正治療の費用は個人の状況によって異なるため、詳細なカウンセリングや診断を受けることが重要です。

調整料・処置料

歯科矯正には、内訳調整料と処置料という2つの費用がかかります。内訳調整料は、矯正装置の設置や調整に関連する費用であり、矯正治療のプランニングや装置の取り外し・取り付けなどが含まれます。一方、処置料は、矯正装置の使用やメンテナンスにかかる費用であり、定期的な調整や装置の修理、必要な付属品の提供などが含まれます。これらの費用は、矯正治療の種類や治療期間によります。また、保険の適用や施設の料金設定によっても費用は変動します。

保定装置代金

保定装置は、矯正治療後の歯列を安定させるために使用されます。この装置は、矯正治療の最終段階で取り付けられ、歯の移動を固定し、歯並びの変化を維持します。保定装置の代金は、装置の種類や材料によりますが、一般的には矯正治療全体の費用の一部を占めます。保定装置の価格には、製作費用や取り付け費用が含まれます。また、装置のメンテナンスや修理にかかる費用も考慮する必要があります。

保定観察料

歯科矯正にかかる費用の内訳の一つに、保定観察料があります。保定観察料は、歯列矯正治療が終了した後の歯の位置を安定させるために必要な費用です。矯正装置の取り外し後、歯の移動やずれを防ぐために、保定装置(リテーナー)を使用します。この装置は、個別に作られるため、追加の費用がかかります。保定観察料は、リテーナーの調整や定期的な歯科検診・メンテナンスなども含まれます。保定観察料は治療の継続的な成功を確保するために不可欠であり、矯正治療の最終段階における重要な要素です。

歯科矯正の保険適用について

歯科矯正の保険適用される症例は何があるでしょうか?以下で解説していきます。

歯科矯正は保険適用にはならない

歯科矯正治療は、保険適用の対象外とされています。保険制度では、一般的に治療の必要性が高く、健康への重大な影響がある疾患や症状に対してのみカバレッジが提供されます。しかし、歯科矯正は美容的な要素が強いため、保険の範囲外とされているのです。歯列矯正を希望する場合、患者は一般的に自己負担で費用を負担する必要があります。しかし、歯科矯正は個々のケースによって異なるため、医師と相談することが重要です。

歯科矯正が保険適用される症例

保険適用の症例には、顎変形症で外科的矯正治療を適応する場合や6歯以上の先天性欠損、保険適応に定められた症候群などがあります。保険適用の条件には、症状の重篤さや機能障がいの程度が考慮されます。症例ごとに異なる保険適用基準が存在するため、歯科医師との相談が必要です。保険適用の症例では、治療費の一部が補償されるため、患者さんにとって経済的な負担を軽減する助けとなります。

まとめ

歯科矯正の値段についてお伝えしてきました。歯科矯正の値段の要点をまとめると以下の通りです。

  • 保険適用の症例には、顎変形症で外科的矯正治療を適応する場合や6歯以上の先天性欠損、保険適応に定められた症候群の患者さんが含まれる。
  • 歯列矯正を希望する場合、患者は一般的に自己負担で費用を負担する必要がある。
  • 矯正方法によって値段相場は異なる。

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

  1. マウスピースを使った歯列矯正の費用は?少しでも安くする方法はある?

  2. リンガルブラケットとは?メリット・デメリットを解説

  3. 【歯列矯正】マウスピース型矯正の期間:期待できる効果と治療期間の見極め方

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780