ワイヤー矯正

歯列矯正治療はするべき?メリットやデメリット・リスクについて徹底解説!

歯科矯正 アンカースクリュー 痛い

歯列矯正治療をお考えの方は多いかと思われますが、そのメリットやデメリット・リスクを理解することが重要です。 メリットとしては、美しい笑顔や噛み合わせの改善が挙げられますが、治療期間やコスト、不便な食事制限がデメリットとして考えられます。また、矯正治療中の痛みや口内感染のリスクも注意が必要です。 本記事では歯列矯正治療をするべきかについて、以下の点を中心にご紹介します。

  • 歯列矯正治療の種類について
  • 歯列矯正治療のメリット・デメリット
  • 歯列矯正治療のリスク

歯列矯正治療をするべきかについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。ぜひ最後までお読みください。

歯列矯正治療の種類

科矯正治療の種類

ワイヤー矯正とはどのような歯列矯正治療ですか?
ワイヤー矯正は、金属製のブラケットを歯に取り付け、ワイヤーで歯を調整する歯列矯正治療です。ブラケットとワイヤーの力によって歯を動かし、噛み合わせや歯並びを改善します。
患者さんによっては見た目が目立つことがありますが、近年は透明なセラミックブラケットやステンレススチールのブラケットが使われることもあります。
歯科医師による定期的な調整が必要ですが、治療法として広く利用されています。
舌側矯正(裏側矯正)とはどのような歯列矯正治療ですか?
舌側矯正(裏側矯正)は、舌側矯正とも呼ばれ、ブラケットを歯の裏側に取り付ける矯正治療です。これにより、ブラケットが外側から目立ちにくいため、見た目の問題が解消されます。
裏側矯正と舌側矯正は基本的に同じものですが、製法やブラケットの種類によって微妙な違いがあります。
舌側矯正(裏側矯正)は外側から目立たないため美観が向上しますが、患者さんへの違和感や治療の難易度が高い場合もあります。
マウスピース型矯正とはどのような歯列矯正治療ですか?
マウスピース型矯正は、取り外し可能な透明なプラスチック製のマウスピース(アライナー)を使用して歯を調整する矯正治療です。
マウスピース型矯正は透明で目立ちにくく、食事や歯磨きがしやすい利点があります。 マウスピース型矯正は治療前にコンピュータで3Dモデルを作成し、治療計画を立てます。一定期間ごとにマウスピースを交換し、徐々に歯を移動させます。
ただしマウスピース型矯正は、重度の歯並びの問題には向かない場合もあります。歯科医師と相談し、適切な治療法を選びましょう。

歯列矯正治療のメリット・デメリット

歯列矯正治療のメリット・デメリット

どのようなメリットがありますか?
歯列矯正治療のメリットは、美しい笑顔や噛み合わせの改善に役立つことです。 歯並びが整うことで自信が持て、コミュニケーションも円滑になります。また、正しい噛み合わせにより咀嚼や消化が改善され、口腔内の健康が促進されます。 さらに歯と顎の不調や頭痛の改善、歯の摩耗の予防にも役立ちます。 口腔内の清掃がしやすくなり、むし歯や歯周病のリスクを低減します。 美しさと機能の両面で、歯列矯正治療は多くのメリットを提供します。
どのようなデメリットがありますか?
一方で、歯列矯正治療にはデメリットも存在します。 治療期間が長期にわたるため、忍耐が必要です。 また、治療にかかる費用も高額であり、経済的な負担がかかることもあります。 食事制限も必要で、硬い食品や粘着性のあるものを避ける必要があります。 矯正器具が装着されている間は、口内環境の変化による違和感や痛みが起こることもあります。
さらに、矯正治療中の口内感染のリスクも考慮すべきです。 これらのデメリットを理解し、適切な治療法を選びましょう。

歯列矯正治療のリスク

歯列矯正治療のリスク

歯列矯正治療にはどのようなリスクや副作用があるか、教えてください。
歯列矯正治療には以下のようなリスクや副作用があります。

  • むし歯:
    歯列矯正治療によって歯と装置の接触が多くなることで、歯ブラシやフロスが届きにくくなり、歯垢が溜まりやすくなります。その結果、むし歯のリスクが高まることがあります。定期的な歯科検診と適切なオーラルケアが重要です。
  • 歯周病:
    歯周ポケットの深さが増し、歯周組織への炎症が生じることがあります。 歯列矯正治療中は歯垢の管理が難しいため、歯周病のリスクが増えることがあります
  • 痛みや違和感:
    矯正器具の調整や歯の移動に伴い、痛みや違和感が生じることがあります。
  • 噛み合わせの不調:
    治療途中に噛み合わせが合わなくなることがあり、一時的な咬合不調が生じることがあります。
  • 障害物による損傷:
    スポーツや日常生活での事故により、矯正器具が損傷を受けることがあります。
  • 歯の根の吸収:
    歯の移動により根の吸収(根が短くなる)が起こることがあり、歯が抜けるリスクが少しあります。
  • 矯正器具の不具合:
    器具の破損や外れが起こることがあり、早めに修理や調整が必要です。
念入りにオーラルケアをする必要がありますか?
歯列矯正治療中は念入りなオーラルケアが不可欠です。 矯正器具が食べカスを溜めやすくなるため、歯磨きや歯間ブラシを丁寧に行い、歯科医院での定期的なクリーニングを受けることが重要です。
清潔な環境を保つことで、むし歯や歯周炎のリスクを低減させましょう。
治療が完了するまでに時間がかかりますか?
治療期間は症例により異なりますが、軽度の場合でも数ヶ月以上、重度の場合は数年にわたることもあります。
治療の進行は個人差がありますが、歯科医師との定期的な診察で進捗状況を確認し、適切な治療プランを立てることが重要です。
歯や歯茎にダメージが生じることはありますか?
歯列矯正治療は過度な力がかかる場合や治療が不適切な場合に、歯や歯茎にダメージが生じる可能性があります。

  • エナメル質が削れる:
    矯正装置が装着されることで、一部の歯のエナメル質が削られる場合があります。
  • 歯の移動による痛み:
    歯が動く過程で一時的に痛みを感じることがあります。
  • 歯茎の炎症:
    装置が歯茎に圧力をかけることで、一部の場合に歯茎の炎症が生じることがあります。
  • 根管の変化:
    歯の移動により、歯の根管に変化が生じる場合があります。
  • 隣接歯の影響:
    矯正治療中、隣接する歯に影響が及ぶことがあります。

定期的に歯科検診を受け、リスクを抑えましょう。早期の発見と対応が重要です。

歯列矯正治療をおすすめできないケースはありますか?
歯列矯正治療が適さない方や歯の状態には、以下のようなケースがあります。

  • 重度の顎の骨格異常:
    顎の骨格が大きく歪んでいる場合、歯列矯正治療だけでは正確な修正が難しいことがあります。
  • 成長が完了していない子ども:
    歯列矯正治療は成長期に行われることが多いため、顎の成長が完了していない場合は適さない場合があります。
  • 妊娠中の方:
    ホルモンの変化により、歯茎や歯に異常が生じる可能性があるため、妊娠中は治療を控えることが一般的です。
  • インプラントなどの他の治療が必要な場合:
    歯列矯正治療を行う前に、他の治療が必要な場合もあります。
  • ケアが困難な場合:
    矯正治療は定期的な通院とオーラルケアが必要です。 矯正器具のケアや、通院のスケジュール調整が難しい方は治療に適さない場合があります。
  • 歯と歯の間に大きな隙間がある:
    歯の間に大きな隙間がある場合、歯を動かすことが困難なため、矯正が難しいことがあります。
  • 歯の欠損:
    歯が抜けて欠損している場合、矯正治療の前に補綴治療(人工歯を補う治療)が必要な場合があります。
  • 歯根の曲がり:
    歯根が曲がっている場合、矯正装置の取り付けや歯の移動が難しくなることがあります。
  • 歯周病などの歯周疾患:
    歯周疾患が進行している場合、矯正治療の前に歯周疾患の治療が必要です。
  • 歯髄病変:
    歯髄に病変がある場合、矯正治療の前に歯髄治療が必要となることがあります。

これらの状態がある場合は、矯正治療が適さないか、他の治療が必要となります。歯科医と相談し、適切な治療法を選ぶことが大切です。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで歯列矯正治療をするべきかについてお伝えしてきました。 歯列矯正治療をするべきかの要点をまとめると以下の通りです。

  • 歯列矯正治療には主にワイヤー矯正やマウスピース型矯正がある。器具の種類や組み合わせによって、治療法が変わる。
  • 歯列矯正治療のメリットとして、見た目や噛み合わせの改善等が挙げられるが、デメリットとして、長い治療期間や金銭的な負担等が挙げられる。
  • 歯列矯正治療のリスクには、むし歯や歯周病のリスク、歯や歯茎へのダメージ、矯正装置による口内の刺激や口内炎の可能性、一時的な痛みや違和感、装置の故障、治療期間の長さ、結果が予測できないことなどがある。

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

  1. 歯列矯正で手術が必要な場合の入院期間はどれくらい?どんな場合に手術が必要になるのか解説!

  2. 左右の歯の本数が違う!?歯列矯正で左右非対称を解消する方法

  3. 歯列矯正は最短どれくらいで終わらせられるの?早く終わらせるためのポイントを紹介します!

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780