ワイヤー矯正

妊娠中でも歯科矯正できる?妊娠中に歯科矯正が与える影響について徹底解説!

歯科矯正 妊娠中

妊娠中でも歯科矯正を考えている方はいらっしゃるのではないでしょうか? 本記事では妊娠中の歯科矯正について、以下の点を中心にご紹介します。

  • 妊娠中に歯科矯正は可能なのか
  • 妊娠中の歯科矯正は通常の歯科矯正とどう違うのか
  • 妊娠中の歯科矯正で気を付けるポイントとは

妊娠中の歯科矯正について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

妊娠中に歯科矯正できるのか

妊娠中に歯科矯正できるのか

妊娠中に歯科矯正を開始することは可能ですか?
妊娠中でも矯正治療は可能です。 実際、産休や育休中に矯正を開始する人も増えています。しかし、妊娠中は体調の変化や胎児への影響を考慮し、一部の治療は避けることが推奨されます。 具体的には、妊娠前にレントゲン撮影や抜歯などの処置を済ませることが望ましいです。妊娠中に矯正治療を行う場合、つわりの影響や通院の困難さなどの問題が生じることもあります。 そのため、矯正治療を一時中断する選択も考慮されます。また、妊娠中はむし歯や歯周病になりやすくなるため、徹底的な口腔ケアが必要です。 矯正治療中の妊娠者は、歯医者や産婦人科との相談を通じて、適切な治療計画を立てることが重要です。

最終的に、妊娠中の矯正治療は個人の体調や状況に応じて進めるべきであり、母体と胎児を優先に考える必要があります。

妊娠中に歯科矯正のためのX線撮影は大丈夫ですか?
妊娠中のレントゲン撮影に関して、胎児への放射線被ばくの影響が心配されることがあります。 しかし、矯正治療の精密検査で行われるレントゲン撮影においては、撮影面積が狭く、お腹からの距離も離れているため、放射線被ばくの量は非常に少ないとされています。さらに、妊婦さんがレントゲン撮影を受ける際には、放射線からの保護を目的とした防護用エプロンを着用することで、さらなる対策がとられています。 したがって、妊娠中の歯科矯正のX線撮影は、適切な対策を講じることで胎児への影響リスクを下げることが期待できます。
妊娠中に矯正用のリテーナーやブレースを調整することは問題ありませんか?
妊娠中に歯科矯正用のリテーナやブレースの調整を行うことは、基本は問題ないとされています。 妊娠中でも矯正治療は可能で、産休や育休中に矯正を開始する人も増えています。 しかし、妊娠中は体調が日々変化するため、一部の治療や処置については注意が必要です。特に、妊娠中のつわりや体調の変化により、矯正器具の装着や調整がつらく感じる場合があります。 そのような場合、矯正治療を一時中断する選択も考慮されることがあります。 また、出産前後の1ヶ月程度は、出産時の体調変化を考慮して、矯正の中断が推奨されることもある。さらに、妊娠中はむし歯や歯周病になりやすく、矯正器具の存在がそのリスクを高める可能性があるため、徹底的な口腔ケアが求められます。結論として、妊娠中の歯科矯正のリテーナやブレースの調整自体には大きな問題はないとされています。 しかし妊娠中の体調や状況に応じて適切な治療計画を立てることが重要です。

妊娠中に歯科矯正が与える影響について

妊娠中に歯科矯正が与える影響について

妊娠中のホルモン変動は歯や歯茎にどのような影響をもたらし、それは矯正治療にどう影響しますか?
妊娠中のホルモン変動によって、歯周病と歯肉炎のリスクがあります。妊娠中から産後にかけてのホルモンバランスの変化は、口内の歯周病菌の増殖を促進させる可能性があります。 歯周病菌の増加により、歯肉炎のリスクが増加するため、特に歯周病への注意が必要です。また、妊娠中は「妊娠性歯肉炎」という歯周病の一種を予防するため、口の中を清潔に保つことが重要です。 つわりなどで歯磨きが困難な場合、液体ハミガキの使用や子ども用の歯ブラシを使うことが推奨されています。
妊娠中に歯科矯正治療の痛みや不快感が増すことはありますか?
妊娠中の歯科矯正では、下記のような不調が起こる可能性があります。

  • 体調の変化:妊娠中のつわりの症状は個人差が大きく、矯正器具が口の中にあるだけでも吐き気を催すことがある人もいます。体調の変化が起きやすい時期でもあるため、不調を感じた場合はすぐにクリニックに相談することが推奨されています。
  • 仰臥位低血圧症候群:歯科矯正治療中に長時間仰向けになると、胎児が母体の下腹部の血管を圧迫し、低血圧になる「仰臥位低血圧症候群」のリスクがあります。この症状になると、冷や汗やめまい、顔面蒼白、嘔吐、意識の喪失などの症状が現れることがある。対策としては、左側を下にして横になることで血流改善が期待できます。
  • 精神的ストレス:歯科矯正治療を始めると、通院が必要になることが多いです。クリニックに苦手意識があると、通院や治療により過度なストレスを感じることがあります。母体への過度なストレスは胎児に悪影響を与える可能性があるため、心身ともに落ち着いた状態で治療を進めることが重要です。

これらの情報を踏まえ、妊娠中の歯科治療に関しては、体調や感じる痛み・不快感を常に医師と共有し、適切な対応を取ることが大切です。

痛み止めなどの服薬はしてもいいのですか?
妊娠中、歯列矯正を行う際、歯が動くときなどに痛みを感じることがあります。歯が動いた痛みを和らげるために痛み止めを服用する場合がありますが、妊娠中は特定の痛み止めのみが推奨されています。 例として「カロナール」などが挙げられます。 しかし、妊娠初期や後期には服用できない薬も存在するため、自己判断での服用は避け、必ず担当医に相談することが重要です。痛み止めを服用することのリスクや注意点は、妊娠中の体調や胎児への影響を考慮する必要があります。 特に妊娠初期や後期は、体がデリケートであるため、薬の服用には慎重を要します。 そのため、痛みを和らげるための薬を服用する際は、担当医との十分な相談が必要となります。まとめると、妊娠中の歯列矯正において痛みを感じた場合、痛み止めの服用は可能ですが、適切な薬を選び、担当医との相談を欠かさないことが大切です。

妊娠中の歯科矯正ので注意点

妊娠中の歯科矯正ので注意点

妊娠中の歯科矯正でリスクや副作用はありますか?
妊娠中の歯科矯正では、下記のように避けた方が良い治療や副作用があります。

  • 局所麻酔を用いる抜歯: 抜歯の際には局所麻酔が行われることが多いですが、妊娠中の抜歯は避けることがおすすめされます。
  • 痛み止めの薬や抗生剤: 妊娠初期や後期は薬の影響が心配されるため、服用を控えることが推奨されます。
  • ホルモンバランスの変化やつわりによる影響:妊娠中はホルモンバランスの変化やつわりなどの体調の変化があり、これが矯正治療に影響を及ぼすことが考えられます。矯正器具の装着や通院が困難になる場合もあるため、そのような場合は矯正治療を一時中断することも考慮されます。

妊娠中の歯列矯正は可能ですが、母体や胎児への影響を考慮し、必要な治療や処置については十分な相談と配慮が必要です。

妊娠中の歯科矯正は口腔内のケアをしていく必要がありますか?
妊娠中はホルモンの変動や体調の変化が含まれ、これらの変化は口腔内にも影響を及ぼすことがあります。 具体的には、妊娠中のホルモンや体調の変動により、むし歯や歯肉炎などの口腔内のトラブルが起こりやすくなることが知られています。妊娠中は定期的に歯科医に通って、専門家のアドバイスを受けることも推奨されます。これにより、妊娠中の口腔内のトラブルを早期に発見し、適切なケアを受けられます。総じて、妊娠中の歯列矯正を行っている場合でも、口腔内のケアは非常に重要です。妊娠と矯正の両立は十分可能ですが、口腔内の健康を維持するためのケアを怠らないよう心がけることが大切です。
つわりなどで歯磨きがつらいときはどうすればいいですか?
妊娠中、特につわりの時期には、歯磨きするのが非常に困難になることがあります。 つわりで歯ブラシを口に入れるだけで吐き気を感じる人も少なくありません。 以下は、そんな時の対策をまとめたものです。

  • 歯磨き粉や歯ブラシの変更:歯磨き粉の強いミントの味が苦手な場合、ソフトミントや柑橘系の味の歯磨き粉に変えてみると良いでしょう。また、歯ブラシはヘッドの小さいものを選ぶと、少し楽に歯磨きができることがあります。
  • 歯磨きの方法の工夫:歯磨きする際、顔を下に向け、歯ブラシを大きく動かさずに小刻みに動かすよう心がけると、吐き気を感じにくくなることがあります。特に奥歯を磨く際は、横から歯ブラシを当てるなど、口の中での負担を減らす工夫が必要です。
  • 液体歯磨きの利用:どんな方法を試しても歯磨きが困難な場合、ゆすいで使うタイプの液体歯磨きを利用すると、口の中をさっぱりさせられます。
  • 体調の良い時の歯磨き:つわりがひどい時は、無理に歯磨きする必要はありません。しかし、むし歯のリスクも考慮に入れ、体調が良い時には、1日1回でも歯磨きするよう努力することが大切です。

妊娠中は体調の変動が激しく、日常のケアが難しくなることもあります。 上記のような工夫をすることで、口腔内の健康を維持する手助けとなるでしょう。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで妊娠中の歯科矯正についてお伝えしてきました。 妊娠中の歯科矯正の要点をまとめると以下の通りです。

  • 妊娠中も歯科矯正は可能だが、避けた方が良い治療もある
  • 妊娠中の歯科矯正は、矯正器具に敏感になることや、つわりによって通常の歯科矯正よりも不快感が出ることがある
  • 妊娠中の歯科矯正では、口腔内のケアが重要になってくる

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

  1. インビザラインの費用はいくら?費用の内訳や安く抑える方法もまとめました

  2. マウスピース型矯正のインビザラインとは?ほかのマウスピース型矯正との違いも解説

  3. 下の歯だけ歯列矯正できる?部分矯正のメリット・デメリットについて解説

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340