ワイヤー矯正

歯科矯正はつらいって本当?つらさや痛みの原因・対処法を徹底解説!

歯科矯正 つらい

歯科矯正はつらいと聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。本記事では歯科矯正はつらいのかについて以下の点を中心にご紹介します。

  • 歯科矯正がつらくなる原因
  • 歯科矯正における痛みの原因
  • 歯科矯正の痛みを和らげる方法

歯科矯正について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

歯科矯正がつらくなる原因

歯科矯正がつらくなる原因

歯科矯正中の痛みについて教えてください。
歯科矯正中の痛みは、歯の移動に伴う負荷や装置の摩擦によって生じることがあります。歯の周りの骨が再生する過程での痛みや、歯並びが悪い部分に食べ物が挟まって感じる痛みが一般的です。 一部の人は、食事が困難なほどの痛みを感じることもあるかもしれません。また、矯正装置が口の中の粘膜に擦れることで口内炎や擦り傷が生じ、それが痛みの原因になることもあります。痛みを軽減するためには、定期的なクリーニングやドクターの指示に従うことが大切です。
歯科矯正中のオーラルケアは大変ですか?
はい、歯科矯正中のオーラルケアは大変だと感じる方も多いでしょう。特にワイヤー・ブラケット矯正などの装置を着けている場合は、食事後に食べ物が装置に挟まりやすく、毎食後に丁寧に歯磨きをする必要があります。歯並びが悪い部分や矯正装置を着けている部分は、細かく丁寧に磨かなければ磨き残しになり、歯石や歯肉炎の原因になる可能性があります。 そのため、こまめな歯磨きや丁寧なブラッシングが必要で、矯正治療中のオーラルケアは多くの人にとって課題となります。しかし、適切なケアを怠らず、定期的なクリーニングやドクターの指示に従うことで、治療の成功と健康な口内環境を維持できます。
歯科矯正中は滑舌や見た目に影響がでますか?
歯科矯正中は滑舌や見た目に影響が出ることがあります。特にワイヤー・ブラケット矯正は金属の装置が目立ち、見た目が気になる人もいます。また、裏側矯正は目立たないものの、滑舌に影響を与えることがあるため、言葉が発しにくくなる場合もあります。 しかし、矯正治療の期間は限定されており、その後の美しい歯並びや健康な口腔環境を手に入れられます。矯正治療の際には、見た目や滑舌について不安を感じる場合は、ドクターと相談しながら適切な治療法を選ぶことが大切です。

歯科矯正における痛みの原因

歯科矯正における痛みの原因

歯が動くときに痛みが生じるのはなぜですか?
歯科矯正中、矯正装置による圧力で歯が移動する際に生じる痛みは、歯根膜への刺激によりプロスタグランジンE₂が分泌されることによるものです。初めて矯正装置を付けたりワイヤーを調整した後の最初の3日間は痛みが特に強いですが時間とともに痛みは軽減します。そして痛みがひどい場合においては痛み止めが効果的です。ですが我慢できないほどの痛みであれば歯科医に相談をしましょう。
矯正装置が口内にあたって痛みが生じるのはなぜですか?
矯正装置が口内にあたって痛みは、主にワイヤーやブラケットなどの矯正器具が口の内側や舌に接触することで起こります。これにより、口内炎が発生し、それが痛みの原因となります。 特に、ワイヤーとブラケットを使用する矯正治療ではこのような痛みが起こりやすいです。口内炎が発生した場合、痛みのピークは大体3~4日で、1週間もすれば自然に治る場合が多いです。 また、矯正治療中には楽器の演奏やスポーツなどで口内に衝撃が加わると、唇や粘膜が傷つく可能性があります。これらの痛みに対処するためには、矯正用ワックスを使用して矯正器具をカバーすると良いでしょう。
歯科矯正中、咀嚼するときに痛みが生じますか?
歯科矯正中に咀嚼する際に痛みが生じることがあります。特に、ワイヤーの交換や締め直しをした後、歯が動くことによって痛みを感じることが一般的です。 この痛みは食事の際にも感じられ、特に硬い食べ物を噛むと痛く感じることがあるかもしれません。痛みが治まるまでの数日から1週間程度は、歯に優しい食事である、おかゆやスープなどがおすすめです。この間は歯にかかる負荷を減らすため、食べ物の硬さに注意すると良いでしょう。 痛みの感じ方は個人差があるため、特に強い痛みを感じる場合は歯科医に相談することが重要です。

歯科矯正の痛みが続く期間

歯科矯正の痛みが続く期間

痛みのピーク時期はいつですか?
一般的にワイヤー矯正における痛みのピークは、矯正開始やワイヤー調整の2〜3日後に訪れます。この期間は個々の体質や矯正の進行度により異なりますが、1週間程度で痛みはおさまる傾向にあります。しかし、痛みが続く場合や耐え難い痛みがある場合は、歯科医師に相談することが重要です。 痛みの軽減策としては、ワイヤーの調整や鎮痛剤の処方、堅い食べ物を避けるなどがあります。
痛みがおさまる時期はいつですか?
ワイヤー矯正による痛みは、個人差が大きいため一概には難しいですが、一般的な傾向としては、痛みのピークは矯正開始から2〜3日後に来ることが多いです。その後、1週間程度経てば痛みはおさまってきます。痛みに対する対処法としては、ワイヤーの調整、鎮痛剤の処方、堅い食べ物を避ける、痛みの原因を取り除くなどの方法があります。

歯科矯正の痛みを和らげる方法

歯科矯正の痛みを和らげる方法

矯正用ワックスを使用すると痛みが和らぎますか?
矯正用ワックスの使用は、歯列矯正中の痛みを和らげる効果が期待できます。特に、ワイヤー矯正の装置が頬や舌に当たって痛みを感じる場合、矯正用ワックスを装置に使用することで保護し、痛みを軽減することが可能です。 しかし、食事や歯磨きの際に容易に取れてしまうため、痛みが続く期間はワックスの付け替えが必要となります。また、矯正用ワックスの使用は一時的な対策であり、我慢できないような痛みが続く場合は医師の診察を受けることが推奨されます。 したがって、矯正用ワックスは一部の痛みを軽減するための一時的な手段であり、全ての痛みを解消するわけではありません。
柔らかいものを食べると痛みをおさえられますか?
歯列矯正中に痛みを感じる場合、柔らかい食べ物を食べることは一つの対処法となります。歯に痛みが出ている時は、前歯に力が入らず噛み切れないことがあります。したがって、調整後は歯に負担をかけず、豆腐や蒸しパン、おかゆなどの柔らかい食べ物を中心に摂取し、硬い食べ物は控えることが良いとされています。 ただし、柔らかい食べ物ばかりを食べていると顎の筋肉バランスが崩れてしまう可能性があるため、痛みが減ってきたら適度に歯ごたえがあるものを食べるようにしましょう。
痛み止めを服用してもよいですか?
歯列矯正中に痛みを感じる場合、痛み止めの服用が一つの選択肢となります。しかし、頻繁に市販の痛み止めを使用すると、歯周組織の炎症を抑えるため、歯の動きが鈍る可能性があります。 そのため、痛み止めを服用する際は、医院で処方されたものを使用するか、市販のものであれば医師に確認することが推奨されます。また、痛みが我慢できないほど強い場合や続く場合は、すぐに歯科医院へ連絡し口腔内を確認してもらうことが重要です。 痛みは歯が動いている証拠でもありますので、適切な対処をしつつ治療を続けましょう。
患部を冷やすことは効果的ですか?
歯列矯正中に痛みを感じた場合、その一つの対処法として患部を冷やす方法があります。この方法は、歯が動いていることによって感じる痛みに対しての手段とされています。 具体的には、保冷剤や氷を薄い布で包み、冷やして、様子を見ると良いとされています。特に、お風呂上りや寝る前など、身体が温まると痛みが出やすいので、痛みで眠れないときに効果が期待できます。ただし、頻繁に冷やしすぎると矯正力が弱まる可能性があるため、長時間冷やし続けるなどの行為は避けましょう。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで歯科矯正はつらいのかについてお伝えしてきました。歯科矯正はつらいのかについての要点をまとめると以下の通りです。

  • 歯科矯正がつらくなるのは、歯の移動に伴う負荷や装置の摩擦によって生じる痛みが出ることや、歯科矯正中のオーラルケアが大変なこと、歯科矯正中は滑舌や見た目に影響が出ることなどが挙げられる
  • 歯科矯正における痛みは、歯科矯正が歯に負荷をかけることや、ワイヤーやブラケットなどの矯正器具が口の内側や舌に接触することや、咀嚼が原因
  • 歯科矯正の痛みは、矯正用ワックスを使用したり、柔らかい食べ物を食べたり、痛み止めを服用したり、患部を冷やすことで和らげる

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
山田 雅一医師(宇都宮矯正歯科院長)

山田 雅一医師(宇都宮矯正歯科院長)

平成13年3月 茨城県立水戸第一高等学校卒業 / 平成20年3月 東北大学歯学部歯学科卒業 / 平成25年3月 東北大学大学院歯学研究科 顎口腔矯正学分野 卒業 歯学博士 / 平成25年4月 東北大学大学院歯学研究科 顎口腔矯正学分野 非常勤講師 / 平成25年9月 東北大学病院矯正歯科 医員 / 平成27年11月 日本矯正歯科学会 認定医取得 / 平成28年10月 医療法人プライムオルソ 宇都宮プライム矯正歯科 院長 / 令和元年5月 宇都宮矯正歯科 院長 / 令和3年 インビザライン ダイヤモンドプロバイダー

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
山田 雅一医師(宇都宮矯正歯科院長)

平成13年3月 茨城県立水戸第一高等学校卒業 / 平成20年3月 東北大学歯学部歯学科卒業 / 平成25年3月 東北大学大学院歯学研究科 顎口腔矯正学分野 卒業 歯学博士 / 平成25年4月 東北大学大学院歯学研究科 顎口腔矯正学分野 非常勤講師 / 平成25年9月 東北大学病院矯正歯科 医員 / 平成27年11月 日本矯正歯科学会 認定医取得 / 平成28年10月 医療法人プライムオルソ 宇都宮プライム矯正歯科 院長 / 令和元年5月 宇都宮矯正歯科 院長 / 令和3年 インビザライン ダイヤモンドプロバイダー

  1. 抜歯後に血が止まらない?原因や対処法について解説します

  2. 舌側(裏側)の歯列矯正のメリット・デメリットを詳しく解説!

  3. 歯科矯正と黄ばみの関係は?黄ばまないために気をつける事とは?

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780