ワイヤー矯正

歯科矯正治療を行うメリットとは?矯正を始めるかどうかの判断のポイントも紹介

歯科矯正治療を行うメリットとは?

歯科矯正治療を行うメリットについてお悩みはありませんか? 本記事で歯科矯正治療を行うメリットについて以下の点を中心にご紹介します!

  • 歯科矯正治療のメリット
  • 歯科矯正治療のデメリット
  • 歯科矯正を行う基準

歯科矯正治療を行うメリットについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。是非、最後までお読み下さい。

歯科矯正治療のメリット

歯科矯正治療のメリット

歯科矯正治療のメリットを教えてください。
歯科矯正治療のメリットにはいくつかの点が挙げられます。
まず、歯並びが改善されることで、見た目が美しくなり自信を持てるようになる点があります。また、歯並びが整うことで歯磨きがしやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが低くなるという健康面でのメリットもあります。
さらに、咬合が改善されることで、噛み合わせが良くなり、咀嚼が効率的になるため食べ物をしっかりと噛めるので、消化吸収が良くなる点もあります。
また、口臭や口腔内のトラブルも改善されます。さらに、歯科矯正を行うことで、口内清潔に注意する習慣が身につき、健康的な生活習慣を取り入れるきっかけにもなるかもしれません。
以上のように、歯科矯正治療には美容面や健康面、機能面、生活習慣面など多くのメリットがあります。
歯科矯正治療のデメリットもありますか?
歯科矯正治療には多くのメリットがありますが、一方でデメリットもあります。矯正装置を装着することで、食べ物を食べにくくなったり、痛みや違和感を感じたりする場合があります。また、矯正装置を装着している期間中は、口腔内の清掃がより困難になり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。さらに、矯正治療の期間が長い場合、歯の表面に白い斑点が残ることがあるなど、歯の見た目に影響を与える可能性もあります。
ただし、近年ではマウスピース型矯正という透明な矯正装置や裏側(舌側)矯正など、目立たない装置を用いた矯正治療できるオプションが増えてきています。また、矯正治療によって改善される歯並びの美しさや噛み合わせの正しさによって、口腔機能や健康に関するメリットが得られることも考慮すべき点です。治療前にデメリットについてもよく理解し、治療方法や期間、コストなどを考慮した上で、自分にとって合う治療法を選ぶことが大切です。
子供の歯科矯正治療のメリットを教えてください。
子供の歯科矯治療にはいくつかのメリットがあります。まず、歯並びが正常になることで見た目が改善され、自信がつくことがあります。また、歯並びが改善されることで、歯の噛み合わせが正しくなり、食事や発音などの機能面が向上することが期待できます。さらに、歯並びが悪い場合は、歯磨きが十分にできず、虫歯や歯周病のリスクが高まりますが、矯正治療によって歯並びが改善されると、歯磨きがしやすくなり、口腔衛生が維持しやすくなることもメリットの一つです。また成長を利用して、上下顎の前後的不調和を改善することも可能で、大人の矯正治療で抜歯を避けることができる可能性があります。
ただし、子供の場合は、成長に伴って歯並びが自然に改善されることがあるため、適切なタイミングでの矯正が重要となります。定期的な歯科検診によって、適切なタイミングを見極めることが大切です。
子供の歯科矯正治療のデメリットもありますか?
子供の歯科矯正治療において、デメリットといえるものはいくつか存在します。

一つ目は、治療期間中の食事制限です。矯正装置をつけていると、硬いものや粘り気のあるものを食べられないため、食事に制限がかかってしまいます。

二つ目は、矯正装置自体のお手入れが必要という点です。矯正装置は、口の中で汚れがたまりやすく、清掃が十分に行われないと虫歯や歯周病の原因になってしまいます。特に子供の場合は清掃が疎かになりがちなため、注意が必要です。

三つ目は、治療中の痛みや違和感です。矯正装置をつけていると、当初は口の中に違和感があり、痛みも感じることがあります。また、矯正装置を調整するたびに少し痛みが生じることもあります。

これらのデメリットはあるものの、子供の歯並びを整えることで将来の歯の健康を守り、自信をつけられます。しっかりとメリットとデメリットを考慮して、矯正治療を進めていくことが大切です。

歯科矯正を行う基準

歯科矯正を行う基準

成人が歯科矯正治療を行う基準を教えてください。
歯や噛み合わせの問題がある:歯並びが悪い、歯が前に出ている、噛み合わせが悪いなど、口腔内に問題がある場合は、歯科矯正治療が必要な場合があります。

健康な歯:歯科矯正治療を行う前に、虫歯や歯周病などの歯のトラブルを治療する必要があります。歯科矯正治療中に虫歯や歯周病が進行すると、治療に影響が出る可能性があります。

一定の経済力:歯科矯正治療は、治療期間や使用する装置によって費用が異なります。一定の経済力があることが、歯科矯正治療を行う基準の一つとなります。

継続的な通院が可能であること:歯科矯正治療は、一定の期間をかけて治療を行います。治療期間中は定期的な通院が必要です。通院が難しい場合は、歯科矯正治療を行うことが困難になる場合があります。

子供が歯科矯正治療を行う基準を教えてください。
子供が歯科矯正治療を行う基準は、一般的に永久歯が生え揃った後の10歳から14歳程度とされています。しかし、個人差があり、歯並びに関する問題がある場合は早期に治療を開始することが望ましい場合もあります。具体的には、乳歯が抜け落ちて永久歯が生えてきたかどうか、歯列が大きく乱れているかどうか、かみ合わせが不正であるかどうか、などが判断基準となります。
また、矯正治療を受ける前には、虫歯や歯肉炎の治療が必要です。早期に治療を受けることで、将来的な歯並びの問題やかみ合わせの不具合を予防できます。治療期間は症状の重さによって異なりますが、一般的には1年から3年程度とされています。矯正治療を受ける子供には、適切な口腔ケアの指導や、矯正装置のクリーニングなどが必要になります。
歯科矯正治療の必要がない人の基準はありますか?
歯科矯正治療の必要がないかどうかを判断するには、歯並びや噛み合わせの問題がないかをチェックすることが重要です。例えば、歯並びがきれいでかみ合わせも問題がない場合、矯正の必要はありません。また、歯の生え変わりがまだ完了していない子供の場合、矯正が必要かどうかは定かではありません。そのため、定期的に歯科医師に相談し、診察を受けることが大切です。
また、矯正治療には費用がかかるため、費用的な面も考慮する必要があります。必要がない場合には無理に矯正をする必要はありませんが、歯の問題がある場合は早めに歯科医師に相談しましょう。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで歯科矯正治療を行うメリットについてお伝えしてきました。 歯科矯正治療を行うメリットについての要点をまとめると以下の通りです。

  • 歯科矯正治療は、見た目が美しくなることや、歯並びが整うことで歯磨きがしやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが低くなること、噛み合わせが良くなって消化吸収が良くなることなど、さまざまなメリットがある
  • 歯科矯正治療は、矯正装置を装着することで食べ物を食べにくくなったり、痛みや違和感を感じたりする場合があることや、口腔内の清掃がより困難になり、虫歯や歯周病のリスクが高まるデメリットがある
  • 歯科矯正を行う基準は、歯や噛み合わせの問題があることや、一定の経済力があること、継続的な通院が可能であることなどが挙げられる

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

  1. 部分矯正ですきっ歯は治せる?治療方法のメリット・デメリットや治療できないケースについて解説

  2. 小児矯正の治療期間 | 第1期・第2期の器具ごとの期間と長引かせないための注意点を解説

  3. インビザラインをおすすめしない理由とは?その他の矯正との比較やメリットまで解説

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340