ワイヤー矯正

歯科矯正の装置を飲み込んだらどうすれば良い?原因や対処法について紹介

歯科矯正の装置を飲み込んだらどうすれば良い?

歯科矯正の装置を飲み込んでしまったらどうしたらいいのでしょうか? 本記事では歯科矯正の装置を飲み込んだ際の対応について以下の点を中心にご紹介します。

  • 歯科矯正の装置が外れる原因
  • 歯科矯正の装置を飲み込んだ場合の対処法
  • 歯科矯正の装置を飲み込まないための工夫

歯科矯正の装置を飲み込んだ際の対応について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

歯科矯正の装置が外れる原因

歯科矯正の装置が外れる原因

ブラケットが外れてしまう原因は何が考えられますか?
ブラケットが取れることには、いくつかの要因が考えられます。以下の点が主な原因として挙げられています。 強い負荷がかかった場合:
歯に強い負荷がかかることで、ブラケットが外れる可能性があります。これは、固い食べ物を食べたり、歯を強く噛んだりすることによって起こる可能性があります。
装着時の不具合:
ブラケットの装着時に何らかの不具合があった場合、それが外れる原因となる可能性があります。
手や舌で触れる癖:
手や舌でブラケットを触る癖がある人は、ブラケットが外れるリスクが高まります。
歯に挟まったものを取ろうとする:
歯に何かが挟まったときに、それを取ろうとする行動はブラケットが外れる原因となる可能性があります。
ガムやキャラメルの摂取:
ガムやキャラメルを食べることによっても、ブラケットが外れる可能性があります。
固いものを食べる:
固い食べ物を食べることが、ブラケットが外れる原因となる可能性があります。
接着剤の問題:
ブラケットを装置する接着剤が弱い、または適切に装着されていない場合、ブラケットが外れる可能性があります。
クリーニングやエッチングの不足:
歯科医院側でクリーニングやエッチングが十分に行われていない場合、ブラケットが外れる可能性があります。 不適切な歯磨き方法:
歯磨きの方法が不適切である、または強すぎると、ブラケットが外れる可能性があります。
歯ぎしりや食いしばり:
歯ぎしりや食いしばりの癖がある人は、ブラケットが外れるリスクが高まります。
これらの原因のいくつかは、患者さん側の行動に関連しているため、ブラケットが外れるリスクを減らすためには、これらの行動を避けることが重要です。また、定期的な歯科検診を受けて、ブラケットの状態を確認し、必要に応じて調整を受けることも重要です。それにより、矯正治療が順調に進行し、不必要なトラブルを避けられます。
インビザラインのアタッチメントやゴムが外れる原因は何ですか?
インビザラインのアタッチメントが外れる原因について以下に詳しく述べます。
硬い食べ物を食べたとき:
硬い食べ物を噛む力が強いため、アタッチメントが歯から外れる可能性があります。
マウスピースの着脱方法が間違っている場合:
マウスピースの着脱を誤って行うと、アタッチメントに過剰な力がかかり、これが外れる原因となります。
被せ物にアタッチメントをつけている場合:
被せ物の表面が滑らかであるため、アタッチメントの固定が難しくなり、外れやすくなります。
お口の中に汚れがたまっている状態:
口内の汚れがアタッチメントの固定を阻害し、これが外れる可能性が高まります。
矯正中の噛み合わせの状態:
矯正治療中の噛み合わせの変化により、アタッチメントに予期せぬ力がかかることがあり、これが外れる原因となります。
歯の状態は外れやすさに関係しますか?
歯の状態は矯正装置の外れやすさに影響を与えます。例えば、歯の接着面積が少ない場合、装置が外れやすくなります。また、歯磨きが不十分や銀歯、フッ素塗布の影響で接着剤が正しく固定できない場合、装置が外れる可能性が高まります。これらの条件は、装置が適切に固定されることを妨げ、結果として外れやすくなります。

歯科矯正の装置を飲み込んだ場合の対処法

歯科矯正の装置を飲み込んだ場合の対処法

歯科矯正の装置を飲み込んでしまったのですが、どうすれば良いですか?
矯正装置を飲み込んだ場合、以下の対処法が推奨されます。
落ち着く:
通常、矯正装置は消化管を通過し、自然に排出されます。
歯科医師に連絡:
装置を飲み込んだことを歯科医師に通知し、アドバイスを受けます。
症状の監視:
腹痛や嘔吐などの症状が出た場合、すぐに医療機関に連絡します。
これらの対処法は、飲み込んだ装置の種類や個人の状況によって異なる場合があります。したがって、歯科医師の指示に従うことが重要です。
ブラケットを飲み込んで痛みがない場合、病院へ行かなくても大丈夫ですか?
ブラケットを飲み込んだ場合、即座の痛みがなくても、一部の状況では危険が伴う可能性があります。飲み込んだブラケットが消化管を通過できなかったり、内部を傷つけたりするリスクがあります。これらのリスクを回避または早期に対処するために、病院に行くことが推奨されます。病院では、X線や他の診断手法を使用してブラケットの位置と状態を確認し、必要に応じてさらなる指示を仰ぐことを推奨します。歯科矯正装置を飲み込んだ後に歯科医師に連絡し、適切なアドバイスを受けることが重要です。
飲み込んだ矯正装置は、便と一緒に出てきますか?
矯正装置を飲み込んだ際、多くの場合、矯正装置は消化管を通過して便と一緒に排出されます。しかし、矯正装置が消化管を通過する際に内臓に損傷を与えるリスクがあります。特に、矯正装置が鋭利な場合や大きい場合は、消化管に傷をつける可能性があります。損傷のリスクを減らすため、及び装置の位置を確認するために、歯科医師に連絡し、X線検査を受けることが推奨されます。損傷の兆候(例:腹痛、嘔吐、出血)がある場合、または矯正装置が数日間排出されない場合は、医療機関に連絡することが重要です。具体的な対処法やリスクについては、歯科医師にご相談ください。

歯科矯正の装置を飲み込まないようにするために

歯科矯正の装置を飲み込まないようにするために

舌の癖や位置はどうやったら直せますか?
舌の癖や位置を修正するためには、口腔筋機能療法(MFT)の実施が推奨されています。この療法は、個々の筋肉を訓練し、咀嚼、嚥下、発音、および呼吸の動作を改善し、唇と舌の正しい位置を維持することを目指します。具体的な取り組みには、水を含ませたコットンロールを下唇の裏に挿入し、舌の先を上顎に保持しながら唇を閉じて30分間保持する、またはストローを噛むなどのエクササイズが含まれます。
歯科矯正中に避けるべき食べ物を教えてください。
歯科矯正中には固い食べ物や粘り気のある食べ物を避けることが推奨されています。具体的には、固い食べ物は矯正装置を壊す可能性があり、粘り気のある食べ物は装置にくっついて取り除くのが困難になる可能性があります。リンゴやステーキなどは小さく切って食べることが推奨されています。また、矯正装置に問題が発生した場合は、歯科医師に相談することが重要です。
歯科矯正中におすすめの食べ物を教えてください。
歯科矯正中には、柔らかい食べ物や簡単に噛める食べ物を選ぶことがおすすめです。例えば、ヨーグルト、プリン、豆腐、マッシュポテト、スムージーなどがあります。これらの食べ物は歯に負担をかけず、矯正装置を飲み込むリスクを減らします。また、食べ物を小さく切ったり、適切に噛んだりすることでさらにリスクを減らします。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで歯科矯正の装置を飲み込んだ際の対応についてお伝えしてきました。歯科矯正の装置を飲み込んだ際の対応の要点をまとめると以下の通りです。

  • 歯科矯正装置が外れる原因には、強い負荷がかかったり、歯ぎしりや食いしばりの癖による影響を受けたりするなど患者さん側の行動に関連している事が多い
  • 歯科矯正装置が外れて飲み込んでしまった際は、速やかに歯科医師に相談することを推奨する
  • 歯科矯正装置を飲み込まないために、舌の癖や位置を改善したり、食べるものを工夫したりすることが重要

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

  1. マウスピースを使った歯列矯正の費用は?少しでも安くする方法はある?

  2. リンガルブラケットとは?メリット・デメリットを解説

  3. 【歯列矯正】マウスピース型矯正の期間:期待できる効果と治療期間の見極め方

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780