ワイヤー矯正

部分矯正で出っ歯は治せる?治療できないケースや出っ歯の治療ができる部分矯正も詳しく解説

マウスピースをはめる女性

「部分矯正で出っ歯は治るって本当?」
「自分の出っ歯が部分矯正で治るのか知りたい」

歯並びは、人と話すときや笑うときなど、自然と目に入りやすいため見た目に大きな影響を与えます。できることなら、部分矯正をして治したいと思っている方も多いのではないでしょうか。

出っ歯は別名「上顎前突」ともいわれており、部分矯正で治すことのできる不正咬合の一種です。しかし、なかには部分矯正でも治せないケースもあります。

そこで本記事では、以下の3点を詳しく解説していきます。

  • 部分矯正ができない状態の歯並び
  • 出っ歯の治療ができる部分矯正4つ
  • 出っ歯の部分矯正にかかる治療費の目安

これから部分矯正で出っ歯を治したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

部分矯正で出っ歯は治せる?

悩む女性
部分矯正で出っ歯は治せる場合もありますが、出っ歯には程度の差があり、軽度の出っ歯は部分矯正で治療が可能です。しかし、多くの症例は部分矯正では治らず、全体的な矯正治療が必要な場合がほとんどです。

以下の3つに該当する場合は、軽度の出っ歯になります。

  • 噛み合わせに大きなズレがない
  • 隣の歯と重なっていない
  • 骨格のズレが少ない

通常の歯並びは、上の前歯が下の前歯より2~3mm程前に出ている状態ですが、上の前歯が3mm以上前に出ている場合、出っ歯と診断されます。

出っ歯になる原因は、遺伝による先天的なもの日々の癖や生活習慣からなる後天性なものの2種類です。

先天性なものとは、顎の骨格や歯の形・大きさなどが遺伝するといわれています。上顎骨が大きすぎる場合、下顎骨より前に出てしまい、出っ歯になります。

対して、下顎骨が小さすぎる場合、上顎骨より奥にいってしまい、相対的に上の前歯が前に出ることで出っ歯になるわけです。

後天的なものとは、幼少期の頃の癖や生活習慣が関係しています。

例として、指しゃぶりや爪を噛む行為は癖になりやすく、長期間に渡って前歯に負担をかけてしまい、出っ歯の原因につながる可能性があるため注意が必要です。

また、やわらかいものばかり食べていると顎の発達が不十分になり、下顎骨が下がってしまうことで出っ歯の原因になります。幼少期の食事は、栄養のバランスだけでなく、食感のバランスも大切です。

部分矯正で治療できないケース

医者が禁止ポーズ
歯並びの症状によっては、部分矯正で治療できないケースがあります。

今回は、部分矯正で治療できない症状を6つご紹介します。これから部分矯正で治療を考えている方は、自身の症状と照らし合わせてみてください。

すきっ歯

すきっ歯は、別名「空隙歯列」ともいわれており、顎の骨格に対して歯が小さいことで歯と歯の間にすき間ができてしまう状態です。

上の前歯にすき間ができることを「正中離開」といい、すきっぱのなかでもこのケースの方が多いといわれています。

一見、歯の間のすき間を埋めるだけなので、部分矯正を行えるように見えます。しかし、原因は多岐にわたる可能性があるため注意が必要です。

すきっ歯の原因は顎の骨格ではなく、下顎の歯が上顎の歯に強くあたることで上顎の歯が下から突き上げられ、前歯が次第に押し出されるためです。これにより、すきっ歯が生じます。このほかにも、埋伏過剰歯によるものもあります。

また、奥歯が原因の場合に前歯の部分矯正を行ったとしても、噛み合わせの度に少しずつすき間が空いていってしまうため、奥歯を含む広範囲の全体矯正が必要になるというわけです。

前歯の軽度のすき間で、上下顎のズレがない場合には部分矯正で治療可能です。

八重歯

八重歯は別名「叢生」ともいわれ、日本人のなかで最も割合が高い不正咬合といわれています。顎と歯の大きさのバランスが悪く、歯が並びきらずに歯並びがデコボコした状態です。

八重歯の矯正には、抜歯をして、顎と歯の大きさのバランスを整える治療法が一般的です。

開咬

開咬は、上下の歯が噛み合わない状態を示す言葉であり、前歯が噛めないものを「前歯部開咬」、奥歯が噛めないものを「臼歯部開咬」といいます。日常生活で顎に痛みを感じる、滑舌があまり良くない、口呼吸が多い人などに多いといわれています。

顎の骨格が原因の場合、ズレを整えるために抜歯の可能性が高いです。骨格に問題がない場合は、歯を削り小さくすることで、治療できる例もあるようです。かかりつけの歯科医師に相談して、適切な治療法を行ってもらいましょう。

隣の歯と重なっている

隣の歯と重なっている場合は、重なった歯を移動させるスペースが必要です。

前歯の重なりが大きすぎる場合、部分矯正では歯を移動させる十分なスペースが確保しづらいため、全体矯正または抜歯でスペースを作る必要があります。

骨格のズレが大きい

骨格のズレによる症状として、「交叉咬合」があります。交叉咬合は上下の歯が正常な状態とは逆に噛み合っている状態です。原因は骨格のズレのほかに、上顎歯列の狭窄や上顎歯の舌側傾斜、下顎歯の唇側・頬側傾斜などがあります。

骨格の改善には、部分矯正では範囲が限られているため、専用の矯正装置が必要です。上顎を矯正装置で拡げ、歯並びの傾きを修正する治療方法が行われます。

過蓋咬合

過蓋咬合は、奥歯で噛んだときに下の歯が見えない程、上の歯が被さる状態の噛み合わせのことをいいます。

上の歯が被さりすぎてスムーズにお口を動かせず、顎に負担がかかり顎関節症を引き起こすこともあります。

また、治療が終了してから後戻りをしないために歯を保定する保定装置(リテーナー)の装着が難しいため、部分矯正では歯列矯正ができません。時間をかけて行っても後戻りする可能性が高いからです。

出っ歯の治療ができる部分矯正

説明をする男性医師
ここからは、出っ歯の治療ができる部分矯正を3つご紹介します。各矯正方法のメリット・デメリットも合わせて解説していきますので、ぜひ治療方法を選ぶ際の参考にしてください。

なお、歯列矯正の治療の一つとして挙げられることがあるセラミック矯正ですが、矯正治療ではありません。

健康な歯を削ることは歯の寿命を縮める行為です。それをわかっていながら利益のために行う歯科医師は信用できません。

マウスピース型矯正

歯型模型とマウスピース
マウスピース型矯正とは、患者さんの歯型をもとに作られたマウスピース型の装置を使い、歯並びを徐々に動かしていく矯正方法です。

透明なマウスピースを使うため、矯正していることが周りに目立ちにくい点がメリットといえます。また、着脱が簡単にできる上にお手入れがしやすいので、口内やマウスピースを清潔に保ちやすいです。

気軽に矯正治療をやってみたいという方におすすめです。しかし、すき間がない場合にはマウスピースでも治すことは難しいものとなっています。マウスピースだからといって、部分的に簡単に治せるわけではありません。

また、決められた装着時間を守らないと効果を実感しにくいため、治療期間が長期になりやすい点がデメリットになります。マウスピース型矯正を行う際は、専門の医師の指示に従い、できるだけ治療計画を守るように心がけましょう。

ワイヤー矯正

矯正器具のイメージ
ワイヤー矯正とは、歯にワイヤーを通すためのブラケットとよばれる装置をつけて、ワイヤーを引っ張ることで歯並びを整える歯列矯正治療です。表側と裏側(舌側)の2種類の治療方法があります。

幅広い歯並びに対応できるのが特徴で、ブラケットの素材もセラミックや金属などがあり、アレルギーが心配な方にもおすすめです。マウスピース型矯正に比べ、治療期間が短くなる傾向があります。

マルチブラケット治療では、ブラケットをメタルフリーにしてもワイヤーはメタルを使用するので、金属アレルギーが発症する可能性はあることに留意しましょう。そのような場合には、金属アレルギーがほとんど起こらないチタン合金のワイヤーを使用して対応します。ワイヤーをブラケットに結び付けるのも通常の細い金属のワイヤー線ではなく、ゴムのリングで結び付けます。

ワイヤー矯正は、歯磨きや器具のお手入れがやりづらいため、清潔感を保つのが難しいというデメリットがあるという点も知っておきましょう。また、表側につける場合は、装置が目立ちやすいため見た目が気になる方は、注意してください。

対して、裏側(舌側)の矯正方法は、歯の裏側に装置をつけるため目立ちにくいメリットがあります。

ただし、装置が舌に当たり発音がしにくいことや、歯磨きの際に装置が見えないため汚れを落としづらいといったデメリットも存在します。特に、治療費は表側より高額になるケースが多いため、注意が必要です。

ワイヤー矯正でも、前に出ている歯を後ろに下げるすき間がない場合には、部分矯正では出っ歯を治すことはできません。

ハイブリッド矯正

歯科矯正
ハイブリッド矯正とは、はじめにワイヤー矯正を施した後にマウスピース型矯正を行い、歯並びをきれいに整える矯正方法です。

マウスピース型矯正だけでは対応できない歯並びがあるため、はじめにワイヤー矯正を行いある程度矯正をした後、歯の後戻りを防ぐリテーナー(保守装置)の役割も兼ねて、マウスピース型矯正による微調整を行います。

ハイブリッド矯正は、歯科医師から適応範囲内と診断された場合のみ治療を受けられます。また、複数の矯正方法を行うため、治療費も高額になる傾向が高いようです。

部分矯正で出っ歯を治療する費用の目安

医療費のイメージ
ここまで症状や治療方法について解説してきましたが、気になるのは部分矯正の治療にかかる費用です。

矯正する歯の本数や歯科医院の料金設定によって金額は異なりますが、上記で紹介した3つの治療方法の費用と、実際に治療を受けた方の一例をご紹介します。

  • マウスピース型矯正
    300,000~400,000円(税込)程になります。治療期間は、3~12ヵ月です。
  • ワイヤー矯正
    表側が200,000~300,000円(税込)程、裏側(舌側)が400,000~700,000円(税込)程になります。
    治療期間は、3~6ヵ月くらいが目安のようです。
  • ハイブリッド矯正
    150,000~800,000円(税込)程になります。治療期間は、6~12ヵ月くらいが目安のようです。
    治療費には以下の追加費用もかかってきます。

治療費には以下の追加費用もかかってきます。

  • 矯正前の診断料
  • カウンセリング料
  • 月に数回の通院料
  • 矯正後の後戻りを防ぐリテーナーを装着する費用

また、矯正治療は自由医療に定められるため、指定された疾患などの場合を除き、健康保険は適応されません。そのため、治療費用に諸費用を加えた合計金額は高額になると予想できます。
以下が、実際に出っ歯の症状の方が矯正治療を受けた症例をまとめたものになります。

  • 年齢(性別):31歳(女性)
  • 矯正治療箇所:上顎の左右4番の歯
  • 矯正治療方法:上下のワイヤー矯正、上下のハイブリッド矯正、上顎の左右4番抜歯
  • 治療期間:2年3ヵ月
  • 治療費用:865,000円(税別)

上記の症例に似た症状の方は、矯正治療費の目安にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

女性の医師
本記事では、出っ歯を治療できる矯正方法、また部分矯正できない症状や治療費の目安について解説してきました。

出っ歯は部分矯正で治療ができます。しかし、原因が骨格にある場合や、自身が部分矯正を行える症状なのかどうかを正しく判断する必要があります。ほとんどの症例では部分矯正では治すことはできません。

症状の確認は、信頼できる歯科医院にて診断してもらいましょう。そのうえで、適切な医療方法を選択してください。

また、治療を行う際は、指定された疾患などに該当しない場合、医療費は全額負担になることを覚えておきましょう。

本記事が、現在出っ歯に悩んでおり、矯正治療をするか迷っている方の後押しになれたら幸いです。

参考文献

この記事の監修歯科医師
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

  1. 八重歯の裏側矯正はどんな治療?メリットやデメリット、そのほかの矯正もあわせて解説

  2. 小児矯正のランパ(RAMPA)セラピーとは?一般的な小児矯正との違い

  3. 部分矯正は下の歯のみでも可能?適応例やメリット・デメリットを解説

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780