ワイヤー矯正

歯列矯正用アンカースクリューとは?気になる治療方法やメリットについて解説していきます!

歯科矯正 奥歯

歯列矯正用アンカースクリューとはよく耳にするけれど、どのようなものだろうと疑問に感じている方は多いのではないでしょうか。 本記事では、歯列矯正用アンカースクリューについて以下の点を中心にご紹介します!

  • 歯列矯正用アンカースクリューとは
  • 歯列矯正アンカースクリューのメリット
  • 歯列矯正用アンカースクリューのデメリット
  • 改善が期待できる症状

歯列矯正用アンカースクリューについて理解するためにもご参考いただけると幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

歯列矯正用アンカースクリューとは

歯列矯正用アンカースクリューとは

歯列矯正用アンカースクリューは、チタン製の小さなねじであり、歯を効率的に動かすための固定源として使用されます。この治療法は、矯正治療の期間を短縮し、歯の動かし方の可能性を広げる効果があるとされる方法です。従来の方法では、歯を抜歯し前歯をひっこめる際にヘッドギアを使用する必要がありましたが、ヘッドギアの装着時間が長く患者自身が装着時間を守ることが必要でした。しかし、アンカースクリューを使用すると、ねじから連続的に引っ張るため、治療期間を短縮することが期待できます。

歯列矯正アンカースクリューのメリット

歯列矯正アンカースクリューのメリット

歯列矯正アンカースクリューを選択したときのメリットには、どのようなものがあるのかを解説していきます。

従来の矯正治療で難しいとされていた歯の動きが可能

歯科矯正用アンカースクリューを使用することで、従来の矯正治療では難しいとされていた歯の動きが可能となります。 これまでは、歯を動かす際には抜歯やヘッドギアなどの補助装置が必要でしたが、アンカースクリューを固定源とすることで、より精密な歯の移動が実現します。歯の方向への移動や回転、傾斜など、従来では難しいとされていた調整が可能になります。これにより、症例によっては外科手術が必要なケースでも、アンカースクリューを使用することで手術を回避できる場合があります。また、非抜歯矯正の可能性も広がります。従来の治療法では限定的だった歯の動きや補正が、アンカースクリューによって拡大され、より正確かつ効果的とされる矯正治療が実現されるのです。

患者さんの負担を軽減できる

歯科矯正用アンカースクリューを使用することで、従来の矯正治療で必要だった患者さん自身の装着や取り外しを伴う装置(例:ヘッドギア)の使用が不要になります。特に成人の方にとって、ヘッドギアなどの装置を十分な時間着用することは難しく、治療の進行が遅れることもありました。しかし、アンカースクリューを導入することで、装置の着脱作業や装着時間の確保といった負担が軽減されます。アンカースクリューは固定された状態で歯を引っ張るため、患者さんは日常生活や睡眠中に特別な装置をつける必要がありません。このようにすることで、治療の効果を継続的に高められます。また、装置着脱の手間や煩わしさから解放されるため、患者さんは治療に集中できます。

抜歯をしない矯正治療ができる場合がある

歯科矯正用アンカースクリューを使用することで、抜歯が必要な場合でも非抜歯での治療が可能となります。従来の矯正治療では、歯を移動させるためにスペースを確保するために抜歯が必要でした。しかし、アンカースクリューを導入することで、歯の動きをサポートする土台として使用できます。これにより、従来は抜歯が必要だった場合でも、歯を前に移動させるためのスペースをアンカースクリューを活用して作れるのです。結果として、抜歯を回避しながら効果的とされる歯列矯正が行える可能性が高まります。このメリットは、抜歯を避けたい患者にとって非常に魅力的であり、より自然な歯並びを実現できます。また、非抜歯治療によって咬み合わせの安定性や口腔機能の改善も期待できます。

歯列矯正用アンカースクリューのデメリット

歯列矯正用アンカースクリューのデメリット

メリットがある一方、歯列矯正用アンカースクリューを選択したときにはデメリットもあります。どのようなものがあるのかを解説していきます。

アンカースクリューが抜け落ちてしまうことがある

歯列矯正アンカースクリューは、骨にしっかり固定される場合と抜け落ちてしまう場合があります。特に骨が柔らかい場合や外側の骨が薄く、内側の海綿骨がスカスカな場合に抜ける可能性が高まります。個人差や場所によっても異なるため、注意が必要です。 下顎の奥歯や上顎の前歯の辺りは比較的アンカースクリューがしっかり固定されやすいですが、上顎の奥歯の頬側や舌側は骨が柔らかく、抜けやすい場合があります。 アンカースクリューが抜け落ちると、治療の進行が妨げられ、効果が減少する可能性があります。そのため、アンカースクリューを使用する際には、患者の骨の状態やアンカースクリューの適切な位置の選定が重要です。

歯根を傷つけてしまうことがある

アンカースクリューは骨にしっかりと固定されるため、歯を引っ張る力を加える際に歯根に負荷がかかる場合があります。 特に、アンカースクリューが適切に配置されていなかったり、力のかかり方が不均等だったりすると、歯根へのダメージが生じる可能性があります。これにより、歯の根部や周囲の組織が傷つき、歯の安定性や健康に影響を及ぼすことがあります。 歯根への傷害を最小限に抑えるためには、アンカースクリューの適切な配置と治療計画の設計が重要です。また、患者さんの組織状態や歯の位置、咬合状態などを適切に評価し、慎重な操作と管理が求められます。

別途費用がかかる場合がある

歯列矯正アンカースクリューは、一般的な矯正治療に比べて、高度な技術や装置が必要なため、治療費用がかかることがあります。そのため、多くの歯科医院ではオプションの治療となり、追加の費用が発生することが多いです。治療費用は、クリニックや地域によって異なりますが、約数万円から10万円程度が一般的です。費用については、治療前に医師とよく相談し、十分に理解したうえで、選択することが大切です。

歯列矯正用アンカースクリューを用いて改善が期待できる症状

歯列矯正用アンカースクリューを用いて改善が期待できる症状

歯列矯正用アンカースクリューによる治療で期待ができる症状にはどのようなものがあるでしょうか。解説していきます。

歯列矯正アンカースクリューは、ガミースマイル(歯茎が目立つ笑顔)の治療に効果的とされる方法です。ガミースマイルは、歯茎の露出が多く、見た目が悪い状態を指します。この治療では、アンカースクリューを使って上顎の骨にしっかりと固定し、歯茎の位置を制御します。アンカースクリューによる引っ張り力により、上顎の歯を上へ移動できます。これによって歯茎の露出を減らし、歯を美しく見せることが可能となります。

まとめ

まとめ

ここまで、歯列矯正用アンカースクリューについてお伝えしました。 要点をまとめると以下の通りです。

  • 歯列矯正用アンカースクリューとはチタン製の小さなねじで、それを固定源として効率的に歯を動かす治療方法である
  • 歯列矯正アンカースクリューのメリットは従来の矯正治療で難しいとされていた歯の動きが可能であり、患者の負担軽減や抜歯を避けられる点などが上げられる
  • 歯列矯正用アンカースクリューのデメリットは抜け落ちてしまうことがある点や別途費用がかかる点、歯根を傷つけてしまうことがある点などが上げられる
  • 改善が期待できる症状にはガミースマイルなどがある

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

  1. 噛み合わせの違和感の原因は?歯列矯正による治療法も解説

  2. インビザラインとワイヤー矯正はどっちがおすすめ?それぞれの特徴を比較

  3. 噛み合わせの治療は保険適用になる?適用される条件や費用相場

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780