ワイヤー矯正

歯列矯正中に食いしばりすると危険?食いしばりと歯列矯正の関係について徹底解説!

歯科矯正 食いしばり

歯列矯正中に食いしばりで悩む方はいませんか?本記事では歯列矯正中の食いしばりについて以下の点を中心にご紹介します。

  • 食いしばりの原因
  • 食いしばりを改善する方法
  • 食いしばりと歯列矯正の関係

歯列矯正中の食いしばりについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。ぜひ最後までお読みください。

食いしばりについて

食いしばりについて

食いしばりは何が原因ですか?
食いしばりの原因は、主に歯並びや噛み合わせの不良、詰め物や被せ物の不適合、そして精神的要因であるストレスや疲れに起因します。
歯の噛み合わせが悪い場合、噛む力が不均衡に分散され、歯を食いしばる習慣が生まれやすくなります。特に、過蓋咬合や開咬が問題となります。
詰め物や被せ物が不適合である場合も、歯の噛み合わせに問題を引き起こし、食いしばりの原因となります。金属製の詰め物や被せ物が合わないと、口内の不快感やアレルギー反応が食いしばりを誘発する可能性があります。
さらに、ストレスや疲れが精神的な原因として大きな役割を果たします。強いストレスによって交感神経が刺激され、口の筋肉が緊張して無意識に歯を食いしばることがあります。一部の方は、食いしばりや歯ぎしりをストレス解消の方法として選択することもあります。
食いしばりを放置するとどうなりますか?
食いしばりを放置すると、様々な健康問題が悪化する可能性があります。
まず、歯が摩耗し欠けることが起こり、これにより歯の感覚が敏感になり、知覚過敏が生じることがあります。
また、歯ぐきが下がり、歯の根元が露出することで、痛みや知覚過敏が一層増加します。
さらに、食いしばりによってあごに負担がかかり、痛みや口の開閉が制限されることがあります。この痛みや不自由さは日常生活に支障をきたす可能性があります。
また、食いしばる際に使う筋肉にも負担がかかり、頭痛や肩こりの原因になることがあります。
食いしばりを治す方法はありますか?
食いしばりを治す方法は、複数のアプローチを組み合わせて取り組むことが重要です。
まず、専用のマウスピースを歯科医院で作成し、夜間に装着することで無意識の食いしばりを防ぎます。これは歯や歯ぐきへのダメージを軽減する助けになります。
次に、歯科医院にて噛み合わせの調整をし、不均衡な噛み合わせを改善します。全身のストレッチ運動を取り入れ、特に首や肩の緊張を和らげることが大切です。疲れた筋肉をほぐすことで食いしばりを減少させることが期待できます。
さらに、咬筋肉へのボツリヌス注射がおすすめです。この治療法は、筋肉の収縮を抑制するボツリヌス毒素を直接咬筋肉に注入することで、食いしばりによる筋肉の過度な緊張を和らげます。結果として、顎関節症や歯ぎしりなどの症状が軽減され、顔の形も自然に戻ります。ただし、定期的な注射が必要となる場合があります。
イメージトレーニングで上下の歯を無意識に接触させないように意識を向けることも役立つでしょう。深呼吸やリラックステクニックを組み合わせて、食いしばりの緊張を軽減しましょう。
脱力運動は、筋肉の緊張感を緩めるためのトレーニングであり、手や肩の筋肉を緊張させてからリラックスさせる方法です。頬杖などの癖も改善し、顎への負担を軽減します。
最後に、寝ている時の姿勢にも気を付けましょう。偏った力がかからないように注意し、適切な枕の高さを選びましょう。これらの方法を組み合わせて、食いしばりを改善し、口腔と全身の健康を守りましょう。

食いしばりと歯列矯正の関係

食いしばりと歯列矯正の関係

食いしばりは歯列矯正に悪影響を及ぼしますか?
食いしばりは歯列矯正に悪影響を及ぼす可能性があります。歯列矯正中は歯を移動させるプロセスが進行中であり、この時期に食いしばりがあるといくつかの問題が生じます。
まず、食いしばりによって歯に垂直な力がかかることで、歯の移動が妨げられます。歯医者の計画に沿った位置に歯を移動させるためには、正確な圧力と方向が必要です。食いしばりによる垂直な力は、このプロセスを阻害し、矯正治療の進行を遅らせる可能性があります。
また、食いしばりによって歯や歯茎に過度の圧力がかかることで、痛みが増大する可能性があります。歯列矯正中は歯の根っこが不安定な状態で、神経に刺激が加わることで痛みを感じやすくなります。
総じて、食いしばりが歯列矯正に与える悪影響は、矯正治療の進行の妨げや痛みの増加など、重要です。
歯列矯正中の方は特に食いしばりに気を付け、必要であれば歯科医の指導のもとで対策を取ることが重要です。
食いしばりの状態で歯列矯正を受ける際のリスクや注意点はありますか?
食いしばりの状態で歯列矯正を受ける際にはいくつかのリスクと注意点が存在します。
まず、食いしばりがある場合、歯の動きを邪魔する可能性があり、治療期間が通常よりも長引くことが懸念されます。食いしばりによって歯にかかる圧力は、矯正の成果に影響を及ぼす可能性があるため、歯科医との協力が必要です。
インビザラインを使用する場合も、食いしばりによるマウスピースの変形や損傷が心配されます。
このような場合、ワイヤー矯正が適切な選択肢となることもあるでしょう。

食いしばりが引き起こすトラブル

食いしばりが引き起こすトラブル

食いしばりをすると歯にひびが入ったりしますか?
はい、食いしばりは歯にひびが入る可能性があります。食いしばると、歯にかかる圧力が増加し、その結果、歯の表面に微小なひびや割れが生じることがあります。特に、治療で神経を抜いた歯は脆くなり、ひびが入りやすくなります。これは歯の健康や見た目の美しさに影響を及ぼす可能性があります。
歯にひびが入ると、感覚過敏や痛みを引き起こすことがあり、またひびが広がると歯の機能や強度にも悪影響を及ぼすことがあります。歯のひび割れは早期に発見し、適切にケアすることで悪化を防ぎます。
食いしばりは矯正中の歯を動かしにくくしますか?
食いしばりは矯正中の歯の動きを妨げる可能性が高いです。歯列矯正治療は歯を前後左右に移動させる過程で、正確な力と方向が必要です。しかし、食いしばりによって垂直方向に歯に加わる余分な圧力があると、歯の移動が難しくなります。これは歯の位置や噛み合わせの調整に影響を及ぼし、治療の成果を損なう可能性があります。
さらに、矯正中の歯は通常よりも不安定で、歯の根っこがぐらぐらすることがあります。食いしばりによって歯に強い力がかかると、神経刺激や痛みが生じ、歯の根っこにヒビが入る可能性も考えられます。これは治療プロセスを遅らせるだけでなく、歯の健康にも悪影響を及ぼすことがあります。
歯周病や知覚過敏のリスクを高めますか?
食いしばりは、歯だけでなく歯茎にも悪影響を及ぼし、歯周病や知覚過敏のリスクを高める可能性があります。食いしばることで歯と歯茎の間に余分な圧力がかかり、以下のような影響が考えられます。
まず、歯と歯茎の間に隙間ができる可能性があります。これにより、食べかすや細菌が歯茎の下に蓄積し、歯周ポケットと呼ばれる部分に炎症が起きやすくなります。歯周病の初期段階である歯肉炎が進行し、重度の歯周病につながる可能性があります。
また、食いしばりによって歯にかかる圧力が増加することで、歯のエナメル質が削れることがあり、知覚過敏が発生するリスクが高まります。知覚過敏は冷たい、熱い、甘い食べ物や飲み物に対して敏感に反応し、不快感を伴うことがあります。特に歯周病を既に患っている人は、食いしばりによって歯茎の炎症が悪化する可能性があり、歯周病が進行するリスクが高まります。
したがって、食いしばりに悩んでいる人は、歯周病や知覚過敏の予防に対する注意を強化することが重要でしょう。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで歯列矯正中の食いしばりについてお伝えしてきました。歯列矯正中の食いしばりの要点をまとめると以下の通りです。

  • 食いしばりの原因は、歯並びや噛み合わせの悪さ、ストレス、疲れなどの精神的要因が関与している
  • 食いしばりを改善する方法には、マウスピースの使用、噛み合わせの調整、ストレス管理、筋肉の脱力運動などがあすすめ
  • 歯列矯正中の食いしばりは歯の移動を妨げ、治療期間の延長や歯のダメージのリスクを高める要因となる

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

  1. 床矯正は大人でも可能?注意点や治療中の生活についてもご紹介します

  2. マウスピースで歯列矯正を行う際の費用について徹底解説

  3. マウスピースを使った歯列矯正の費用は?少しでも安くする方法はある?

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780