ワイヤー矯正

高校生の歯科矯正にかかる費用は?種類別にかかる費用と支払い方法を徹底解説!

高校生の歯科矯正にかかる費用はどれくらい? 本記事では、高校生の歯科矯正にかかる費用について以下の点を中心にご紹介します!

  • 高校生の歯科矯正にかかる費用
  • 歯科矯正と保険適用
  • 歯科矯正の支払い方法

高校生の歯科矯正の費用について理解するためにも参考にしていただけると幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

高校生の歯科矯正にかかる費用

高校生の歯科矯正にかかる費用

表側矯正の費用はいくらかかりますか?
表側矯正の総額として大体500,000〜1,000,000円の範囲が一般的です。表側矯正は、他の矯正方法、例えば裏側矯正と比較した際、リーズナブルな場合が多いです。 矯正治療を検討する際、表側矯正はその費用の面からも多くの方に選ばれています。
裏側矯正にかかる費用を教えてください。
裏側矯正の費用は、一般的に1,000,000〜1,500,000円となります。その理由として、裏側からの矯正は技術的な面で難易度が高く、専門的な技術や経験が必要とされるからです。表側矯正と比較すると、費用面での差は明確にありますが、その価格差は技術や手間の面での難しさを反映したものと言えるでしょう。 矯正治療を検討する際には、費用だけでなく、治療の目立たなさや期間、技術的な難しさなど、多くの要因を総合的に考慮することが必要です。
マウスピース矯正はどのくらいの費用がかかりますか?
マウスピース矯正の費用は、使用するマウスピースの種類や矯正の範囲、ブランドによって大きく変動します。 部分的な矯正を希望する方や、ある特定の歯だけの位置調整を目指す場合、治療費は比較的低価格な100,000〜200,000円程度で済むことが多いです。しかし、歯全体の矯正を望む場合や、特定の高品質なブランドを選択すると、費用は1,000,000円近くにもなり得ます。 ワイヤーを使用する従来の矯正治療と比較すると、マウスピース矯正は痛みが少ないのが特徴です。ただし、治療期間や成果には個人差があるため、適切な方法を選択することが求められます。
高校生の歯科矯正の費用は、大人と同じですか?
歯列矯正の費用において、高校生が支払う額は大人の矯正費用と変わらない場合が多いです。 矯正治療を検討されている高校生やそのご家族は、治療の詳細や費用、そして支払い方法などについてしっかりと情報収集し、医師との相談を通じて最適なプランを選択することをおすすめします。

高校生の歯科矯正と保険適用

高校生の歯科矯正と保険適用

高校生の歯科矯正は健康保険が適用されますか?
高校生が歯科矯正治療を受ける場合、多くの方がその費用について気にされるポイントの一つとして健康保険の適用があるかどうかが挙げられます。矯正治療に関しては一般的に「審美的な処置」のカテゴリーに分類されることが多いのです。そのため、残念ながら高校生であっても、歯科矯正治療の費用に健康保険を適用することは難しい状況となっています。このことから、矯正治療を希望する高校生やその保護者の方は、治療の初期段階から費用の全額を自己負担と考え、予算の計画をしっかりと立てることが重要となります。
高校生の歯科矯正で保険適用になるケースはありますか
先天的な形成異常である口蓋裂や口唇裂は、食事や発音に関わる重要な問題を引き起こすことが知られています。このような疾患に関しては、指定された矯正歯科医院や自立支援医療機関での治療が保険適用の対象となり、自治体からの補助も期待できます。 また、顎の骨格に大きなずれが生じている顎変形症も保険適用の対象です。特に、外科的手術を必要とするケースでは、専門の医療機関での治療が推奨され、その費用も保険を通じてサポートされることが多いです。
高校生の歯科矯正治療の保険適用時と非適用時での差はどのくらいですか?
保険適用の場合医療費の7割が公的保険からの補助となり、患者の自己負担は残りの3割となります。 一方、自由診療は保険の適用を受けられない治療のことを指します。この場合、治療費は全額、患者の負担となります。したがって、一般的な歯科治療と比較すると、歯列矯正治療の費用はかなりの差が出ることとなります。

高校生の歯科矯正の支払い方法について

高校生の歯科矯正の支払い方法について

分割払いやローンは利用できますか?
高校生の間で歯列矯正の需要が高まる中、一括での支払いが難しい場合、分割払いやローンの選択肢が考えられます。しかし、実際に高校生がローンを組むことは容易ではありません。多くの高校生はアルバイトをしていても、シフト制のため収入は不安定です。そして、ローンを組む際には安定した収入が重要な要件となります。不安定な収入状況では、多くの金融機関からローンの審査を通過するのは難しいでしょう。 さらに、未成年者のローンに関する特有の問題点が存在します。未成年者が自らローン契約を結ぶと、親の同意がない場合、「未成年者取り消し」として契約の無効化が可能です。このようなリスクを回避するため、多くのローン会社は未成年者への貸付を控えています。 高校生が分割払いを行うためには、親や保護者にローンを組んでもらう必要があります。この場合、親や保護者が正式な契約者としてローンを組むことになりますが、高校生自身が実際の返済を行うことも可能です。もちろん、これには親の同意と協力が不可欠となりますが、この方法を通じて治療費の支払いの負担を軽減することが期待できます。
分割払いには利息はつきますか?
多くの歯科医院では「利息なしの分割払い」を提供しており、この方法を利用すれば、追加の利息負担なしで、治療費を数回に分けて支払えるでしょう。ただし、歯科医院ごと異なる場合があるので、事前に確認することをおすすめします。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで高校生の歯科矯正にかかる費用についてお伝えしてきました。 高校生の歯科矯正にかかる費用の要点をまとめると以下の通りです。

  • 高校生の矯正費用は大人と変わらない場合が多い
  • 基本的には矯正費用は保険適用外
  • 高校生がローンを利用する場合は親や保護者に組んでもらう必要がある

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

  1. 八重歯の裏側矯正はどんな治療?メリットやデメリット、そのほかの矯正もあわせて解説

  2. 小児矯正のランパ(RAMPA)セラピーとは?一般的な小児矯正との違い

  3. 部分矯正は下の歯のみでも可能?適応例やメリット・デメリットを解説

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780