ワイヤー矯正

歯列矯正治療はやり直しができる?2回目の注意点なども解説

歯科矯正はやり直しができる?

歯列矯正治療のやり直しについてお悩みはありませんか? 本記事では、歯列矯正治療のやり直しについて以下の点を中心にご紹介します!

  • 歯列矯正治療はやり直せるのか
  • 歯列矯正治療のやり直しが必要な方
  • 歯列矯正治療をやり直す際の費用

歯列矯正治療のやり直しについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。 是非、最後までお読み下さい。

歯列矯正治療のやり直しについて

歯列矯正治療のやり直しについて

歯列矯正治療はやり直せますか?
歯列矯正治療は、歯並びを整える治療方法ですが、完全な成功を保証するものではありません。治療が終了しても、歯並びに問題が残った場合や、再び歯並びが悪化した場合は、歯列矯正治療をやり直せます。歯列矯正治療のやり直しには、いくつかの方法があります。例えば、再度矯正治療を行う方法や、矯正器具を交換する方法があります。
ただし、歯列矯正治療のやり直しは、歯科医師の技術や経験によっては難しい場合があります。矯正治療のやり直しを考える場合には、信頼できる歯科医師に相談することが重要です。また、歯列矯正治療のやり直しには、時間や費用がかかる場合があります。 そのため、自分の歯並びの問題点をしっかりと把握し、治療を行う前には、歯科医師との相談や検査を受けることが大切です。歯列矯正治療のやり直しによって、より美しい歯並びにできます。
歯列矯正治療のやり直しが必要な方はどのような方ですか?
歯列矯正治療のやり直しが必要な方は、矯正治療が終了しても歯並びに問題が残っている方や、治療中に器具が破損したり紛失したりし、治療が遅れてしまった方、矯正治療後に歯並びが再び悪化してしまった方、そして矯正治療が完了しても咬合(かみ合わせ)に問題が残っている方などが挙げられます。これらの方々は、歯列矯正治療のやり直しを検討できます。
しかし、歯列矯正治療のやり直しは、簡単なものではありません。歯科医師が行った矯正治療の評価や、歯や骨の状態、治療後の経過など、多くの要素を考慮しなければなりません。また、治療期間や費用なども確認し、納得いくまで話し合うことが重要です。
そのため、信頼できる歯科医師と相談することが大切です。歯科医師は、矯正治療のやり直しに必要な検査を行い、自分に合う治療方法を提案してくれます。また、治療期間や費用なども説明してくれます。
再矯正できる場合とできない場合の違いを教えてください。
再矯正が可能な場合、まず治療前の歯や骨の状態を評価し、治療計画を立てます。治療中にも、歯の移動や咬合の改善の進み具合を定期的に確認し、適切に調整を行います。治療後も、定期的に歯科医師のチェックを受け、歯並びや咬合の状態を維持するように指導を受けることが重要です。
一方、再矯正が難しい場合もあります。例えば、歯や骨の形態的な問題がある場合や、歯を抜歯してしまった場合などが挙げられます。また、治療中に矯正器具を正しく使用しなかった場合や、治療後に指示通りのケアを怠った場合には、再矯正が難しくなることがあります。
再矯正を検討する場合、まずは信頼できる歯科医師に相談することが重要です。歯科医師は、治療前の評価や治療中の経過、治療後の結果などを総合的に判断し、自分に合う治療法を提案してくれます。また、再矯正に必要な費用や治療期間、注意点なども詳しく説明してくれます。
やり直す際の費用はどのくらいになりますか?
歯列矯正治療のやり直しにかかる費用は、ケースによって異なります。まず、再矯正の必要性を判断するために、歯科医師が検査や診断を行います。その結果、歯並びの歯列矯正治療が必要と判断された場合、費用の見積もりが提示されます。
再矯正の費用は、矯正方法や治療期間、治療に必要な器具や材料、歯科医師の経験や技術などによって異なります。例えば、矯正方法によっては、マウスピース型矯正など費用が安い方法もありますが、歯並びが複雑な場合は、従来の矯正器具を使う必要があるため、費用が高くなる場合もあります。また、再矯正によって必要となる治療期間が長い場合や、治療に必要な器具や材料が多い場合は、費用が高くなる傾向があります。 一般的には、再矯正の費用は初回の矯正に比べて高くなることが多いため、歯列矯正治療を受ける前に、費用や治療内容についてよく理解しておくことが大切です。

歯列矯正治療のやり直しについての注意点

歯列矯正治療のやり直しについての注意点

歯列矯正治療のやり直しに関するリスクを教えてください。
歯列矯正治療のやり直しにはいくつかのリスクが存在します。まず、再度矯正を行うことで歯に負担がかかります。また、前回の矯正によって歯の根にダメージが与えられていた場合、やり直しによって歯の根に再びダメージが与えられる可能性があります。さらに、歯列矯正治療には一定の時間が必要であり、やり直しによって矯正期間が延びることもあります。
やり直しをすることで歯に負担がかかるため、やり直しによって歯の根に再びダメージが与えられる可能性があることを考慮して、できる限り矯正の専門家による診断やアドバイスを受けることが重要です。また、矯正装置の管理方法や口内環境の維持に注意することも、再度矯正を行う際のリスクを軽減するために必要です。
やり直しに関する注意点はありますか?
まず、やり直しを行う前に、現在の矯正治療に対して不満を持つ理由を明確にする必要があります。それが、痛みや違和感などの治療に関する問題、継続的なケアやメンテナンスに関する問題、見た目に関する問題など、さまざまな理由があるかもしれません。また、やり直しには再度の費用と時間がかかることを覚悟しておく必要があります。
また、やり直しを行う場合、今までの矯正治療によって歯や口腔内の状態が変化している可能性があります。そのため、再度の矯正治療によって歯や口腔内の健康に影響が出る可能性があります。治療中に異常を感じた場合には、遠慮なく担当医に相談することが大切です。
さらに、やり直しを行う場合、再度の矯正治療に必要な情報を事前に収集することが重要です。たとえば、以前の矯正治療で使用した装置や方法、治療経過、現在の歯の状態などを詳しく調べる必要があります。また、再度の矯正治療を行う場合には、新たな担当医を探すことも必要になるかもしれません。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで歯列矯正治療のやり直しについてお伝えしてきました。歯列矯正治療のやり直しについての要点をまとめると以下の通りです。

  • 歯列矯正治療は、治療が終了しても歯並びに問題が残った場合や、再び歯並びが悪化した場合は、やり直せるが、歯科医師の技術や経験によっては難しい場合がある
  • 歯列矯正治療のやり直しが必要な方は、矯正治療が終了しても歯並びに問題が残っている方や、治療中に器具が破損したり紛失したりして治療が遅れてしまった方、矯正治療後に歯並びが再び悪化してしまった方などが挙げられる
  • 歯列矯正治療をやり直す際の費用は、矯正方法や治療期間、治療に必要な器具や材料、歯科医師の経験や技術などによって異なり、初回の矯正に比べて高くなることも多い

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

  1. 部分矯正ですきっ歯は治せる?治療方法のメリット・デメリットや治療できないケースについて解説

  2. 小児矯正の治療期間 | 第1期・第2期の器具ごとの期間と長引かせないための注意点を解説

  3. インビザラインをおすすめしない理由とは?その他の矯正との比較やメリットまで解説

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340