ワイヤー矯正

歯科矯正の治療が難しい場合はある?症例について紹介

歯科矯正で得られる変化

歯科矯正治療が難しい場合はあるのでしょうか? 本記事では歯科矯正治療が難しい場合について以下の点を中心にご紹介します。

  • 歯科矯正治療が難しい場合とは
  • 歯科矯正治療は大人が難しいと言われる理由とは
  • 歯科矯正治療を始めるタイミングとは

歯科矯正治療が難しい場合について理解するためにも、ご参考頂けますと幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

歯科矯正治療が難しい症例

歯科矯正治療が難しい症例

歯科矯正治療が難しい場合はありますか?
下記のような場合、治療が難しいことがあります。
成長期前の幼児: 幼児の場合、歯や顎の成長がまだ完了していないため、治療が難しい場合があります。ただし、早期矯正により治療が可能な場合もあります。
成長期後の成人: 成人になると、歯や顎の骨が硬化しているため、治療が難しくなります。特に、顎の骨を拡大する治療が必要な場合は、手術が必要になる可能性があります。
異常な噛み合わせ:深い噛み合わせ(ディープバイト)やオーバーバイト、クロスバイトなど、歯並びの異常が非常に重度である場合、治療が難しくなります。
歯が生えていない場合: 歯が十分に生えていない場合、補綴物を作れず、治療が難しい場合があります。
患者さんの協力が得られない場合: 歯科矯正治療は、患者さん自身の協力やモチベーションが必要となります。そのため、患者さんが治療に協力的でない場合、治療が難しくなる場合があります。
以上のような症例については、治療が難しいとされています。しかし、現代の歯科技術や治療法の進歩により、治療が可能になっている場合があります。矯正治療を希望する場合は、まずは矯正歯科医に相談し、治療が可能かどうかを確認することが重要です。
大人になってから歯科矯正治療が難しいと言われる理由はなんですか?
下記のような場合、大人になってから歯科矯正治療が難しい場合があります。
顎の成長が完了している: 大人の場合は、顎の骨が成長しきっているため、上あごと下あご前後的な位置のずれがある場合、矯正治療が難しい可能性があります。
補綴物: すでに補綴物(詰め物や被せ物)が入っている場合、それらが邪魔をして矯正治療が難しくなる可能性があります。
歯周病: 歯周病が進行している場合、歯を動かすと病気が悪化するリスクがあります。
以上のような理由により、大人になってからの矯正治療は難しい場合があります。 しかし、現代の歯科技術の進歩により、セラミック製のブラケットなど、目立たない装置を用いることで患者さんに負担をかけずに治療できる方法が開発されています。
大人になってから歯科矯正治療をするメリットはありますか?
大人になってから歯科矯正治療をするメリットには、下記のようなものが挙げられます。
美しい笑顔が手に入る: 大人になってからでも歯列を正しく整えられるため、美しい笑顔が手に入ります。
歯周病や虫歯の予防につながる: 歯並びが悪いと、歯と歯の間に溜まった食べかすが取りにくくなり、虫歯や歯周病の原因になる恐れがあります。歯科矯正治療をすることで、歯並びが改善され、口腔内の清潔を保ちやすくなるため、虫歯や歯周病の予防につながります。
噛み合わせの改善による健康増進: 歯並びが悪いと、咬合に影響が出る可能性があります。正しい咬合を実現することで、歯や口腔内の健康を保てます。
自信を持ってコミュニケーションが取れるようになる: 歯並びが改善することで、自信を持って話せるようになり、コミュニケーションがスムーズに取れるようになることもあります。
症状が軽い場合は短期間で治療が可能: 大人の場合、症状が軽い場合は短期間で治療できる可能性があります。一方で、症状が重い場合は時間がかかることもありますが、治療の結果、美しい歯並びが手に入ります。
歯科矯正治療が必要かどうかの判断はどのように行いますか?
歯科矯正治療が必要かどうかの判断は、下記のような方法で行います。
口腔検査: 歯科医師が、歯並びや噛み合わせの状態を確認するために、患者さんの口腔を検査します。
口腔内および顔貌写真の撮影: 歯科医師が口腔内および顔貌写真を撮影し、歯並びや噛み合わせの問題を確認します。
歯列石膏模型の作成: 歯列石膏模型を作成し、歯の位置や噛み合わせを分析します。
レントゲン検査: 歯科医師がレントゲンを撮影し、歯根や骨の状態を調べます。
診断書の作成: 上記の検査結果をもとに、歯科医師が診断書を作成し、矯正治療が必要かどうかを判断します。
治療計画の作成: 治療が必要な場合は、歯科医師が治療計画を作成し、矯正装置の種類や期間、費用などを説明します。

歯科矯正治療のタイミング

歯科矯正治療のタイミング

大人の歯科矯正治療はいつから始めるのがいいですか?
大人の歯科矯正治療を始めるタイミングは、個人の歯並びの状態や治療目的によって異なりますが、以下のようなことが考慮されます。
成長が完了しているかどうか: 歯科矯正治療は、成長段階にある子供や若者に行うことが一般的ですが、成長が完了してからでも歯科矯正治療はできます。ただし、成長が完了している場合、歯や顎の形状を変えることが難しく、治療期間が長くなる可能性があるため、早めの治療が望ましいとされています。
歯や歯列の状態: 歯や歯列の状態によっては、歯科矯正治療を必要と感じる方もいらっしゃいます。また、歯周病や虫歯などの歯のトラブルがある場合は、それらを治療してから歯科矯正治療を始めることが望ましいとされています。
治療目的: 歯科矯正治療の目的には、美容目的のほか、噛み合わせや発音、呼吸などの機能的な問題を改善するためのものもあります。治療目的によっては、歯科矯正治療をするタイミングが異なります。
一般的には、成長が完了している場合でも、できるだけ早めに歯科矯正治療を開始することが望ましいとされています。ただし、個人の歯の状態や治療目的によっては、後期の成人期や更年期以降に歯科矯正治療を開始することもあります。治療を考える場合は、まずは歯科医師に相談することが重要です。
子供の歯科矯正治療はいつから始めるのがいいですか?
6歳頃から歯科検診を受け、歯並びの異常が見つかった場合は、早期に矯正治療を開始することが望ましいとされています。早期に治療を行うことで、将来的な矯正治療期間を短くできるためです。 一般的には、小学校低学年から中学年くらいまでの時期が、矯正治療を開始する良い時期とされています。この時期は、成長期に入り歯並びが変化しやすい時期であり、まだ成長途中のため、矯正治療が容易にできることが理由です。 総じて、子供の歯科矯正治療は、前の小学校低学年から中学年くらいまでの時期に始めることが望ましいとされています。ただし、歯科医師と相談して治療時期を決定することが重要です。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで歯科矯正治療が難しい場合についてお伝えして来ました。 歯科矯正治療が難しい場合について、要点をまとめると以下の通りです。

  • 歯科矯正治療は、歯や顎の成長具合によって難しい場合がある
  • 大人の歯科矯正治療は、顎が成長しきっている場合や詰め物がある場合、難しいことがある
  • 歯科矯正治療は、顎が成長しきる前が推奨されている

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき有り難うございました。

この記事の監修歯科医師
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

  1. 左右の歯の本数が違う!?歯列矯正で左右非対称を解消する方法

  2. 歯列矯正は最短どれくらいで終わらせられるの?早く終わらせるためのポイントを紹介します!

  3. 歯列矯正で噛み合わせはよくなる?歯列矯正について徹底解説!

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780