ワイヤー矯正

歯科矯正治療で出っ歯は治る?出っ歯の治療方法や費用相場まで紹介

歯科矯正で顎の位置は変化する?

歯科矯正治療で出っ歯は治るのかについて知りたい方は多いのではないでしょうか。本記事では歯科矯正治療で出っ歯は治るのかについて以下の点を中心に解説していきます。

  • 歯科矯正治療で出っ歯は治るのか
  • 歯科矯正治療による出っ歯の治療方法
  • 歯科矯正治療で出っ歯を治療する費用や期間

歯科矯正治療で出っ歯は治るのかについてを理解するためにも参考にしてくださると幸いです。ぜひ最後までお読みください。

歯科矯正治療で出っ歯は治るのか

歯科矯正治療で出っ歯は治るのか

出っ歯は、見た目だけでなく健康にも影響を及ぼす可能性があります。虫歯や歯周病のリスクが高まるだけでなく、噛み合わせの問題から頭痛や肩こりなどの体調不良を引き起こすこともあります。そこで、歯科矯正治療による出っ歯の治療が重要となります。
まず、自分が出っ歯かどうかを確認することが大切です。唇を閉じたときに上の前歯が邪魔でうまく閉じることができない、上の前歯が下の前歯よりも5mm以上前に出ている、上の前歯の真ん中の2本が目立つなどの症状があれば、出っ歯の可能性があります。
出っ歯の治療方法は様々で、マウスピース矯正、ワイヤー矯正、インプラント矯正、セラミック矯正、手術による矯正などがあります。それぞれの治療方法には特徴と適した症例があり、自分の症状や生活スタイルに合わせて選ぶことが重要です。
例えば、マウスピース矯正は透明なマウスピースを使うため目立たず、自由に取り外しが可能です。しかし、重度の出っ歯には適用できないことがあります。一方、ワイヤー矯正は強い力をかけて歯を動かすことができるため、重度の出っ歯にも対応可能ですが、装置が目立つというデメリットがあります。
出っ歯の治療は、自分一人で決めるべきではありません。矯正専門の歯科医師に相談し、自分にあった治療方法を選ぶことが大切です。

出っ歯について

出っ歯について

そもそもの出っ歯について解説していきます。

出っ歯とは?

出っ歯は上顎の前歯が前方に出ている状態で、咬み合わせ時に上顎の前歯が下顎の前歯よりも前に突き出ていることを指します。遺伝的な要因や習慣、顎の成長の問題、舌の位置や吸い指の習慣、口呼吸などが原因となることがあります。出っ歯の程度によっては見た目や咬み合わせに問題が生じ、外部の衝撃で歯が傷つくリスクもあります。
出っ歯の治療は歯科矯正治療で行われ、矯正装置を用いて上顎の前歯を後ろに移動させ、正しい咬み合わせを形成します。治療方法や期間は個人によって異なるため、歯科医師に相談して適切な治療を受けることが重要です。出っ歯の改善により見た目や咬み合わせの問題を解消し、健康な口腔環境を維持するためにも適切な治療を選択しましょう。

出っ歯のセルフチェック

出っ歯のセルフチェックは自分の歯並びに対する一定の目安を得るための手段です。鏡を使って前歯を注意深く観察し、特に上顎の前歯(特に中切歯)が下顎の前歯よりも前に突き出ているかを確認します。もし上顎の前歯が下顎の前歯よりも前に突き出ているように見える場合、出っ歯の可能性があります。
しかしこのセルフチェックはあくまで目安であり、正確な診断には歯科医師の専門的な判断が不可欠です。出っ歯の治療方法は個人によって異なるため、適切な治療を知るためには歯科医師の診断を受けることが重要です。
もし出っ歯の症状が気になる場合は、早めに歯科医師に相談し、適切なアドバイスや治療プランを得ることが大切です。適切な治療を選択することで、美しい歯並びと健康な口腔状態を実現することができます。

出っ歯を放置するリスク

出っ歯を放置すると、咬合や発音の不調、外傷リスク、自己意識やコンプレックスの増加、歯垢や虫歯のリスクが生じます。上顎の前歯が前に突き出ているため、噛み合わせが正しくなく不快感や痛みが起こるかもしれません。さらに、発音にも支障をきたす可能性があります。外部の衝撃により歯を傷つけるリスクも高まります。出っ歯の見た目に対して自己意識が高まり、コンプレックスを感じることもあります。歯並びの乱れによって歯垢や食べかすがたまりやすくなり、虫歯や歯周病のリスクも増大します。
これらのリスクを回避するためには、早めの出っ歯の治療を検討しましょう。歯科医師と相談して適切な治療プランを立て、咬合や発音の問題を改善し、外傷や口腔環境のリスクを軽減することができます。出っ歯の症状が気になる場合は、迅速な対応が重要です。早期治療がより効果的な結果をもたらすことがあるため、自分の状態に合った適切な治療を選択しましょう。

歯科矯正治療による出っ歯の治療方法

歯科矯正治療による出っ歯の治療方法

以下では、歯科矯正治療による出っ歯の治療法について解説します。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は歯科矯正治療の一種で、歯並びを整えるためにワイヤーを使用して歯を移動させる方法です。主に出っ歯や歯並びの乱れを改善するために行われます。ブラケットとワイヤーの組み合わせにより、歯の力学的な調整が行われ、正しい位置への移動が促されます。
ワイヤー矯正の特徴として、患者の歯の状態に合わせた精密な治療計画が立てられる点が挙げられます。ワイヤーやブラケットのタイプ、強さなどが個々の患者に適したものに選ばれます。
治療中は定期的な調整が行われ、歯の移動の進行を監視します。最近では審美性を考慮した透明なブラケットやワイヤーも使用され、装着時の見た目が向上しています。
ワイヤー矯正は効果的とされる治療法であり、美しい歯並びや正しい噛み合わせを実現できます。治療期間中は患者の協力が必要であり、歯科医師とのコミュニケーションが重要です。適切な治療を受けることで、美しい歯並びと健康な口腔状態を実現しましょう。

マウスピース矯正

マウスピース矯正は、透明なプラスチック製のマウスピース(アライナー)を使用して歯並びを整える歯科矯正治療です。目立ちにくく取り外し可能なマウスピースは、自然な笑顔を保ちながら治療ができる利点があります。また、金属のブラケットよりも痛みや違和感が少なく、快適な装着感を提供します。コンピューター技術による精密な治療計画は、患者の歯の状態に合わせた最適な治療を実現します。
軽度から中等度の歯並びの問題に対して効果的であり、見た目を気にする患者に好まれます。治療期間中は定期的なフォローアップやマウスピースの着用が必要ですが、食事の制限が少なく口腔ケアも容易なため、生活への影響が少ないとされています。個人の歯の状態に応じた適切な治療法を歯科医師と相談し、美しい歯並びと健康な口腔状態を目指しましょう。

セラミック矯正

セラミック矯正は、透明なセラミック製のブラケットを使用して歯並びを改善する歯科矯正治療です。セラミックは歯の色に近いため、金属ブラケットよりも目立ちにくく、見た目に配慮した審美性に優れています。セラミック矯正の主な特徴は、審美性の向上だけでなく、金属アレルギーの心配がなく、効果的な治療が行える点です。軽度から中等度の歯並びの問題に適しており、歯の移動を確実に行うことができます。また、取り外し可能なため食事の制限も少なく、患者の快適性を高めています。ただし、金属ブラケットよりも若干高価な点に留意する必要があります。治療期間中は歯科医師のフォローアップと適切なケアが欠かせず、患者の協力が重要です。セラミック矯正を選択することで、美しい歯並びと自信を持った笑顔を手に入れましょう。

手術と組み合わせる矯正

手術と組み合わせる外科的矯正治療は、歯並びや顎の骨格に重度の問題がある場合に用いられる治療法です。歯科矯正治療と顎外科手術を組み合わせることで、歯列矯正治療だけでは解決が難しい状態を改善します。 治療の流れは、まず正確な診断と計画を行い、その後通常の歯列矯正治療を進めます。歯の位置を整えた後に口腔外科医が手術を行い、顎の骨を適切な位置に移動させます。手術後は再び歯列矯正治療を行い、最終的な歯並びを整えるのが一般的です。
この治療法は、重度の咬合不調や顎の異常を改善することができ、患者の噛み合わせや口腔機能を改善します。ただし手術が必要なため、患者にとって大きな決断となることもあります。慎重な診断と計画が重要であり、患者の個別の状態に合わせて最適な治療方法を選択することが大切です。また、手術後の回復期間やアフターケアにも十分な配慮が必要です。

歯科矯正治療で出っ歯を治療する費用や期間

歯科矯正治療で出っ歯を治療する費用や期間

最後に、歯科矯正治療で出っ歯を治療する費用や期間について解説します。

費用相場

歯科矯正治療の費用は、治療の種類や期間、歯科医院の立地や評判、使用する矯正装置の種類によって異なります。一般的に、ワイヤー矯正(メタルブラケット)が80-100万円程度、セラミック矯正(透明ブラケット)が100-120万円程度、マウスピース矯正(インビザラインなど)が80-100万円程度、外科的矯正治療(手術と組み合わせる矯正治療)は、顎口腔機能診断施設で外科的矯正治療を受ける場合には、手術も含めて健康保険が適用されます。
これらは一般的な相場であり、実際の治療費用は個々の症例によって異なります。保険適用が可能な場合もありますが、審美性を重視した外科的矯正治療は保険対象外となることがあります。
矯正治療は長期間にわたる治療ですので、治療費用については歯科医師と十分に相談し、詳細な計画を理解することが重要です。また、一部の歯科医院では分割払いやローンのオプションを提供している場合もあるため、費用面での不安がある場合は遠慮せずに質問してみると良いでしょう。患者に合った適切な治療法と費用計画を考慮し、美しい歯並びと健康な口腔状態を実現しましょう。

治療期間

歯科矯正治療を行う機関は、一般の歯科医院、専門の矯正歯科医院、大学の歯学部附属病院などがあります。歯科医院では一般的な矯正治療が行われており、一般の歯科医師が治療を行います。一方、矯正歯科医院は矯正治療に特化し、専門の歯科医師と矯正補助スタッフが在籍しており、幅広い矯正治療が提供されます。さらに、大学の歯学部附属病院では学術的な研究と治療が行われており、高度な知識と経験を持つ専門家による治療を受けることができます。
治療を検討する際は、治療機関の専門性、治療費用、立地条件を考慮して選ぶことが大切です。また、自分の歯並びの状態に合った治療方法を提案してくれるか、しっかりとコミュニケーションが取れるかも重要なポイントです。歯科医師との相談を通じて、適切な治療機関を選び、健康的な歯並びを実現しましょう。

出っ歯の治療は保険適用になるのか

出っ歯の治療が保険適用になるかは、歯並びの矯正治療は美容的要素もあるため、全てが保険適用にはなりません。ただし、重度の歯並びの異常や咬合の問題がある場合で、顎変形症(外科的矯正治療:手術を併用する矯正治療)と診断された場合には顎外科手術を含めて健康保険の対象となります。詳細は治療機関で確認が必要です。

まとめ

まとめ

ここまで歯科矯正治療で出っ歯は治るのかについてお伝えしてきました。要点をまとめると以下の通りです。

  • もし出っ歯の症状が気になる場合は、早めに歯科医師に相談し、適切なアドバイスや治療プランを得ることが大切
  • 様々な種類の治療があるため自分に合った治療を探すことが大切
  • 歯科矯正治療も保険適用となる場合がある

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

  1. 左右の歯の本数が違う!?歯列矯正で左右非対称を解消する方法

  2. 歯列矯正は最短どれくらいで終わらせられるの?早く終わらせるためのポイントを紹介します!

  3. 歯列矯正で噛み合わせはよくなる?歯列矯正について徹底解説!

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780