ワイヤー矯正

歯科矯正の費用はローンを組める?支払い方法について解説

歯科矯正におけるデンタルローンとは?

矯正治療の高額な費用を一括で支払うのは難しい場合もありますが、ローンを組むことで、分割払いでの支払いが可能になります。 本記事では歯科矯正のローンについて以下の点を中心にご紹介します。

  • 歯科矯正の支払いについて
  • 歯科矯正の費用はローンを組むことはできるか
  • ローンでの支払いについて

歯科矯正のローンについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

歯科矯正の支払いについて

歯科矯正の支払いについて

歯科矯正の費用相場を教えてください。
歯科矯正の費用相場は、治療方法や機器、治療期間、治療の難易度、地域差などによって大きく異なります。しかし、一般的には以下のような相場があります。
  • マウスピース矯正:30万円〜150万円
  • セルフライガル矯正:40万円〜200万円
  • 舌側矯正:60万円〜300万円
  • 従来の矯正:50万円〜300万円

なお、これらの金額はあくまでも目安であり、個々のケースによっては費用が大幅に変動があります。矯正治療の必要性や治療方法によって費用が変わるため、矯正治療を受ける前には歯科医師との十分な相談が必要です。 また、矯正治療は長期間にわたる治療が必要であり、医療費控除の対象になることもあります。費用相場は参考程度にとどめ、まずは歯科医師とのカウンセリングを受けることをおすすめします。

歯科矯正の費用はローンを組むことはできますか?
歯科矯正は、治療期間が長く費用が高額な治療のひとつであるため、一括払いが難しい場合があります。しかし、ローンを利用することで、分割払いでの支払いが可能になります。 歯科矯正には、医療ローンとクレジットカードの二つの方法があります。医療ローンは、治療費の支払いを分割できることが特徴であり、金利が低く返済期間が長い場合もあります。また、クレジットカードを利用して支払いを分割することもできますが、カードによっては金利が高く、返済期間も短いことが多いため、事前に確認が重要です。 なお、矯正治療の費用は患者さんごとに異なるため、ローンの審査も必要となります。収入や職業、クレジットスコアなどが審査のポイントとなりますが、審査に落ちてしまった場合は保証人を用意するなどの対策が必要です。 矯正治療の費用を分割払いできるローンを活用することで、一括払いが難しい場合でも治療できます。しかし、返済期間や金利など、ローンの条件をよく確認して、無理のない返済プランを立てることが重要です。
歯科矯正ではどのような支払い方法が可能ですか?
歯科矯正における支払い方法は、現金やクレジットカード、保険、医療ローンなどがあります。現金での支払いはもちろん可能ですが、治療費用が高額であるため、一括での支払いが難しい場合があります。クレジットカードの場合は、分割払いが可能な場合がありますが、金利が高い場合があるため、注意が必要です。 保険によっては、矯正治療費の一部が補償されることがあります。例えば、日本では健康保険が一部補助してくれる場合がありますが、自己負担額が高額になるため、全額を補償してくれる保険に加入している場合が望ましいです。 また、医療ローンを利用することもできます。医療ローンは、一定の金利で貸し付けてくれる金融機関があります。短期間での返済が可能である場合もあるため、自分に合った返済プランを選ぶことが大切です。

ローンでの支払いについて

ローンでの支払いについて

ローンで支払うメリットはありますか?
歯科矯正において、治療費用をローンで支払うメリットはいくつかあります。 まず一つ目は、費用を分割払いできる点です。治療期間が長いため、一括での支払いは困難な場合があります。ローンを利用すれば、治療期間中に必要な支払いを分割できるため、治療できます。 二つ目は、金利が低い点です。一般的に、医療ローンの金利は低めに設定されています。また、返済期間が長いため、一度に支払うよりも負担が軽減されます。 三つ目は、審査が比較的容易な点です。医療ローンの審査は、一般的な消費者金融と比較すると比較的緩めになっている場合があります。また、審査に通過すると、すぐに融資を受けられます。 ただし、ローンを利用する場合には、返済に関する計画をしっかりと立てることが重要です。返済期間が長くなると、金利の分だけ総支払額が増えてしまいます。また、ローンの返済による負担が、治療中や治療後にも続くため、返済能力をしっかりと把握してから利用することが大切です。
ローンで支払うデメリットはありますか?
ローンで支払うデメリットは、利息負担があることです。借りたお金に対して、金利が発生するため、返済額が増えます。また、返済期間が長くなると、利息負担が増加し、支払総額が膨らんでしまう可能性があります。 また、ローンを組む場合、返済能力に応じた借り入れ制限があるため、希望する治療費用を全てローンで賄えない場合があります。また、返済期間中に何らかの事情で返済ができなくなった場合、遅延損害金や延滞損害金が発生し、支払い負担が増えることもあります。 さらに、ローンを組む場合、金利が高い場合や、元金返済方式である場合、最初の返済期間中は元金があまり減らないため、支払総額が増加する可能性があります。
ローンでの支払いに利息はつきますか?
ローンでの支払いには、利息がつきます。ローンは、金融機関から一定の金額を借り入れ、返済期間内に元金と利息を合わせて返済する形式の融資です。つまり、借りた金額に対して、一定の金利が設定され、借り入れ期間に応じて金利が乗算されて利息が発生する仕組みです。 利息は、借りた金額に対して設定された金利の割合で計算され、支払い期間が長くなるほど、利息の合計額も増加していきます。そのため、ローンでの支払いをする場合は、金利がどの程度か、返済期間はどの程度か、利息の合計額はいくらかなどを事前にしっかりと把握することが大切です。 ただし、近年では、金利が低くて長期間の返済ができる医療ローンが増えてきており、支払い負担を軽減するための手段として活用されています。医療ローンを利用する場合は、金利や返済条件などを比較検討し、自分に合うローンを選ぶことが大切です。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで歯科矯正のローンについてお伝えしてきました。歯科矯正のローンの要点をまとめると以下の通りです。

  • 歯科矯正の費用相場は、「マウスピース矯正:30万円〜150万円」「セルフライガル矯正:40万円〜200万円」「舌側矯正:60万円〜300万円」「従来の矯正:50万円〜300万円」。
  • 歯科矯正は、治療期間が長く費用が高額な治療のひとつであるため、一括払いが難しい場合がある。しかし、ローンを利用することで、分割払いでの支払いが可能になる。
  • 借りた金額に対して、一定の金利が設定され、借り入れ期間に応じて金利が乗算されて利息が発生する仕組み。

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
高橋 康代医師(青山高橋矯正歯科医院院長)

高橋 康代医師(青山高橋矯正歯科医院院長)

1985年 日本大学歯学部卒業 1985年 日本大学歯学部矯正学教室局 1990年 日本矯正歯科学会認定医取得 2004年 青山高橋矯正歯科医院開業

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
高橋 康代医師(青山高橋矯正歯科医院院長)

1985年 日本大学歯学部卒業 1985年 日本大学歯学部矯正学教室局 1990年 日本矯正歯科学会認定医取得 2004年 青山高橋矯正歯科医院開業

  1. 歯列矯正の種類はどれがいい?種類別の特徴や選ぶときのポイントを徹底解説!

  2. どうやって歯列矯正をするの?歯が動く仕組みや矯正種類など徹底解説!

  3. 歯列矯正中はストレスを感じやすい?ストレスとの向き合い方を解説

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780