ワイヤー矯正

歯列矯正治療中にワイヤーが切れた?外れた?どうしたらいい?原因や対処法を紹介

歯科矯正で顎の位置は変化する?

矯正治療中のワイヤーのトラブルの対処法について知りたい方は多いのではないでしょうか。 本記事では矯正治療中のワイヤーのトラブルの対処法について以下の点を中心に解説していきます。

  • 歯列矯正治療中のワイヤーが切れたり外れたりする原因
  • 歯列矯正治療のワイヤー装置に関する注意点
  • 外れたり切れたりした場合の自分での対処法

矯正治療中のワイヤーのトラブルの対処法についてを理解するためにも参考にしてくださると幸いです。ぜひ最後までお読みください。

歯列矯正治療中のワイヤーが切れたり外れたりする原因

歯列矯正治療中のワイヤーが切れたり外れたりする原因

硬いものを食べると外れますか?
歯列矯正治療中には、硬いものを食べることで矯正装置が外れる可能性があります。ブラケットやワイヤーはデリケートで、硬い食べ物を噛むと装置に負担がかかり、外れることがあります。特に、キャラメル、キャンディ、アーモンド、ピーナッツ、ポップコーンなどは注意が必要です。また、氷を噛むことも避けましょう。 装置の破損や外れを防ぐためには、硬い食べ物を避けることが重要です。柔らかめの食べ物を選び、装置に優しい食事を心掛けましょう。食事後には歯磨きを丁寧に行うことも大切です。もし装置に何か問題を感じたら、早めに歯科医院に相談しましょう。歯科医師のアドバイスを仰ぐことで、治療の順調な進行と矯正結果の良好な達成が期待できます。
病院側による器具の外れはありますか?
歯列矯正治療中に病院側による器具(矯正装置)の外れは稀に起こります。矯正装置は患者さんの歯にしっかりと固定されていますが、接着剤の不良や調整のミスなどが原因で、ブラケットやバンド、ワイヤー、リガチャーが外れることがあります。歯科医師とスタッフは慎重な取り付けと適切な調整を心掛けるとともに、患者さん側にも適切なケアを促します。硬い食べ物の避け方や適切な歯磨きの指導などが含まれます。装置が外れた場合は、できるだけ早く歯科医院に連絡し、修復措置を受けることが大切です。適切な対応により、矯正治療のスムーズな進行と矯正結果の達成が期待できます。

歯列矯正治療のワイヤー装置に関する注意点

歯列矯正治療のワイヤー装置に関する注意点

天然歯でないと外れやすいですか?
歯列矯正治療のブラケットは、天然歯に比べて人工の歯(例:金属やジルコニア性のクラウン(かぶせもの))では外れやすい傾向があります。これは、天然歯と人工の歯との違いによるものです。天然歯は歯槽骨にしっかりと根付いており、矯正装置が安定して固定される傾向があります。一方で、人工歯は接着剤との相性が悪く外れやすい傾向にあります。人工の歯に矯正装置を取り付ける場合は、人工歯に対して特殊な表面処理を行い、人工歯と相性の良い(外れにくい)接着剤を選択する必要があります。矯正治療の際には、患者さんの口腔状態や治療対象となる歯をしっかりと評価し、適切な器材を選定することで、外れるリスクを最小限に抑えることができます。
器具が気になって触ると外れやすくなりますか?
矯正器具が気になって触ると、装置が外れやすくなる可能性があります。矯正装置はデリケートな構造で、定期的な調整が必要です。無理な力が加わると、バンド、ワイヤーが歪んだり、ブラケットが外れたりします。指で器具を触ったり、無理に動かしたりすると、矯正器具が不安定になり、外れるリスクが高まります。外れた場合は治療の進行が遅れるだけでなく、再修復が必要となります。 矯正治療中は、器具に触らずに注意深く過ごすことが大切です。気になる箇所があれば、歯科医師に相談して適切なアドバイスを仰ぎましょう。また、歯科医師の指示に従うことも重要です。 器具に問題がある場合や外れた場合は、速やかに歯科医院に連絡して対処しましょう。矯正治療の安定と効果を保つために、患者さん自身の適切なケアと歯科医師のサポートが必要です。

外れたり切れたりした場合の自分での対処法

外れたり切れたりした場合の自分での対処法

ブラケットが外れてしまったらどうしたら良いですか?
ブラケットが外れた場合は、次のステップを迅速に実行しましょう。まず冷静になり、鏡を使って外れたブラケットの位置を確認し保管します。自己処置は避け、歯科医院に直ちに連絡し、修復の依頼と予約の調整を行います。歯科医師の適切なケアに従うことで、治療が順調に進み、矯正結果が得られるようになります。
ワイヤーが外れてしまったらどうしたら良いですか?
ワイヤーが外れてしまった場合は、以下のステップが重要です。

  • 1. 冷静に対応する:焦らず冷静になりましょう。
  • 2. ワイヤーの確認:鏡を使って外れた箇所を確認します。
  • 3. ワイヤーを調整:歯科医師の指示に従って、優しく場所に戻します。
  • 4. 応急処置:一時的にワックスを使って口内の刺激を軽減します。
  • 5. 歯科医院に連絡する:早めに歯科医院に連絡し、修復を依頼します。
  • 6. 自己処置を避ける:専門的な知識が必要なので、素人が自己処置しないようにしましょう。

ワイヤーが外れたら、自己処置をせずに素早く歯科医院に連絡し、歯科医師の指示に従って適切な修復を受けることが大切です。歯科医師の専門的なケアによって、治療が順調に進み、矯正結果が得られるようになります。

リガチャーワイヤーが外れてしまった場合はどうしたら良いですか?
リガチャーワイヤーが外れた場合の対処方法は以下の通りです。

  • 1. 冷静に対応し、焦らずに次のステップを進めることが大切です。
  • 2. 口の中を鏡でよく観察し、外れた箇所を確認します。
  • 3. 自己処置は避け、専門的な歯科医院に連絡します。
  • 4. 歯科医師の指示に従い、必要に応じて治療の一時停止を行います。
  • 5. 歯科医院でリガチャーワイヤーを適切に修復してもらいましょう。
  • 6. 予約が修復前にある場合は、歯科医院と連絡を取り、予約を再調整します。

リガチャーワイヤーが外れたら、素早く歯科医院に連絡し、専門的なケアを受けることが重要です。歯科医師の適切な処置によって、治療がスムーズに進み、矯正結果を得ることができます。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで矯正中のワイヤーのトラブルの対処法についてお伝えしてきました。要点をまとめると以下の通りです。

  • 歯列矯正治療中に、硬いものを食べることで矯正装置が外れる可能性がある
  • 箇人工歯は天然歯より外れやすい傾向にある
  • ワイヤーが外れた場合は自己処理は避け歯医者に行く

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

  1. 歯列矯正で手術が必要な場合の入院期間はどれくらい?どんな場合に手術が必要になるのか解説!

  2. 左右の歯の本数が違う!?歯列矯正で左右非対称を解消する方法

  3. 歯列矯正は最短どれくらいで終わらせられるの?早く終わらせるためのポイントを紹介します!

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780