ワイヤー矯正

ビーバー歯は矯正するべき?費用や注意点について解説します!

ビーバー歯は矯正するべき?費用や注意点について解説します!

「ビーバー歯」という言葉を聞いたことがありますか? もしかすると、自分の歯がビーバー歯なのではないかと心配している方もいるかもしれませんね。ビーバー歯とは、前歯が特に長く、上下の歯が噛み合わないことから、ビーバーのような見た目になることからこの名前がついています。

ビーバー歯は見た目が可愛いので良いという意見もありますが、自分がビーバー歯である人にとってはコンプレックスに感じて矯正したいと考えることが多いようです。では、ビーバー歯を矯正する必要は本当にあるのでしょうか? また、矯正する場合にはどのような方法があるのか、費用や時間はどれくらいかかるのか、気になるポイントはたくさんありますよね。

この記事では、ビーバー歯に関する疑問や不安を持つ方のために、様々な疑問に答えていきます。ビーバー歯の矯正について詳しく、そして分かりやすく解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

ビーバー歯は矯正する必要があるか

ビーバー歯とは何ですか?
ビーバー歯とは、前歯が特に長く、上下の歯がしっかりと噛み合わないことから、ビーバーのような見た目になる歯のことを指します。この特徴的な形状は、さまざまな要因によって形成されることがあります。・遺伝
家族にビーバー歯の人がいる場合、遺伝的な要因でビーバー歯になる可能性が高まります。・生活習慣
指をしゃぶる、舌の癖などの悪い口のクセが、歯の成長に影響を与えることがあります。

・歯の発育の過程
乳歯が抜けるタイミングや、永久歯が生える位置など、歯の発育の過程での問題がビーバー歯の原因となることがあります。

後述しますがビーバー歯は見た目の問題だけでなく、噛み合わせの問題や歯の健康にも影響を及ぼすことがあります。ただし、ビーバー歯という言葉は実際には歯科医学の専門用語ではありません。歯の形状が特徴的であるため一般的にこのように呼ばれています。

ビーバー歯は矯正した方が良いのでしょうか?
ビーバー歯を矯正するかどうかは、個人の状況や希望によって異なります。ビーバー歯自体が健康を害するわけではありませんが、噛み合わせの問題や見た目の悩みから、矯正を希望する人は多いと言われています。では、ビーバー歯を放置することによって発生するリスクにはどのようなものがあるのでしょうか。以下に発生しうるリスクをまとめてみました。・歯や顎の関節への負担
噛み合わせが悪いと、食事の際に食べ物をしっかりと噛むことができなかったり、長期的には歯や顎の関節に負担がかかることが考えられます。

・見た目の問題
ビーバー歯なので自分の笑顔に自信を持てない、人前で笑うのが恥ずかしいと感じる人もいるようです。

・虫歯のリスク
前歯気味になることによって口が開きやすい状態になると、食べ物や飲み物が歯に付着しやすくなり、虫歯のリスクが高まります。

・歯の怪我のリスク
歯が前に出ることにより、転んだ際などに歯を怪我しやすくなるリスクがあります。

このような悩みや問題を解消するために、ビーバー歯の矯正を選択する人は少なくありません。しかし、矯正は時間や費用がかかることもあるため、矯正をするかどうかの判断は、しっかりとした情報をもとに、自分自身の状況や希望を考慮して決めることが大切です。

ビーバー歯の矯正方法

ビーバー歯の矯正にはどのような方法がありますか?
ビーバー歯の矯正方法は、その程度や原因、そして患者の希望やライフスタイルに応じて、さまざまな方法が存在します。 以下は、矯正方法の一覧です。・ブレース(ワイヤー矯正)
最も一般的な矯正方法で、特に学生や自由な服装が許される職場の人におすすめです。

・マウスピース矯正
透明なプラスチック製のマウスピース(アライナー)を使用します。ビジネスシーンや接客業の人に適しています。

・リンガルブレース(舌側矯正)
歯の裏側にブラケットとワイヤーを取り付ける方法です。矯正器具が目立たないので、公の場に出ることが多い人や芸能人に人気と言われています。 また、矯正以外の治療方法についてもご紹介しておきます。

・IPR(歯間削磨)
歯の間を薄く削る(歯の形態を修正する)ことで、歯の位置を調整する方法です。軽度のビーバー歯の人に適しています。

・セラミッククラウン
歯の形や大きさを変えるための被せ物です。大きな変化を求める人や、矯正だけでは解決しきれない場合に選ばれる傾向にあります。

ビーバー歯の矯正方法を選ぶ際は、矯正歯科医としっかりと相談し、自分のライフスタイルや希望、予算などを考慮して最適な方法を選ぶことが大切です。例えば、外回りの営業職の方はマウスピース矯正のような目立たない矯正方法を、アーティストやモデルの方はリンガルブレース(舌側矯正)を選ぶことが多いようです。

ビーバー歯の矯正にかかる時間はどのくらいですか?
ビーバー歯の矯正にかかる時間は、矯正の方法やビーバー歯の程度、そして患者の年齢や歯の状態によって異なります。一般的に、ブレースを使用した矯正の場合、1年半から3年程度が平均的な期間とされています。しかし、軽度のビーバー歯の場合やマウスピース型矯正器具を使用する場合は、短期間での矯正が可能なこともあります。具体的な期間については、矯正歯科医との相談の上で決定していくと良いでしょう。
ビーバー歯の矯正費用について教えてください。
ビーバー歯の矯正費用は、選択する矯正方法やクリニック、地域によって異なります。一般的なブレースの矯正は、数十万円から数百万円の範囲で考えられます。マウスピース矯正や舌側矯正は、通常のブレースよりも高価となることが多いようです。IPR(歯間削磨)は、他の矯正方法と組み合わせることが多いため、単独の費用を考慮するというよりは、追加費用として考える場合が多そうです。セラミッククラウンの場合、歯ごとの費用となるため、全体の費用は矯正する歯の数やクリニックによって大きく変わりますが、一本あたり十万円程度が相場のようです。具体的な費用については、矯正を検討しているクリニックに直接問い合わせることをおすすめします。

ビーバー歯を矯正する際の注意点

ビーバー歯を矯正するクリニックの選び方のコツはありますか?
ビーバー歯を矯正する際には、適切なクリニックの選び方が非常に重要です。友人や知人の口コミも大切ですが、歯科医師や歯科衛生士の意見も参考にすると良いでしょう。また、クリニックのホームページやパンフレットで、矯正の前後の写真や症例を確認することができます。初めての診察時の医師やスタッフの対応は、クリニックの雰囲気やサービスの質を感じる良い指標となります。さらに、矯正治療後のフォローアップやアフターケアの内容も、クリニック選びのポイントとなります。
ビーバー歯の矯正に失敗する可能性はありますか?
ビーバー歯の矯正治療は、専門的な技術を要するものです。そのため、矯正治療には一定のリスクが伴います。十分な診断や計画がなされていない場合、矯正治療の結果が期待通りにならないことがあります。また、矯正器具の取り扱いや、定期的な通院が不十分な場合、治療が長引いたり、期待する結果が得られないことが考えられます。さらに、矯正治療は専門的な技術を要するため、技術力の不足したクリニックでは、治療の失敗や合併症のリスクが高まることがあります。

編集部まとめ

ビーバー歯の矯正は、多くの人々が悩む歯並びの問題を解決するための一つの方法です。しかし、矯正を始める前には、ビーバー歯の原因や矯正の必要性、さまざまな矯正方法やその費用、そして矯正を行う際の注意点など、多くの情報を知っておくことが大切です。

この記事を通じて、ビーバー歯の矯正に関する基本的な情報をまとめました。矯正治療は、自分の歯並びや口元の美しさを取り戻すための大きな一歩です。しかし、その一歩を踏み出す前に、しっかりとした情報を持って、自分に合った最適な方法を選ぶことが重要です。

参考文献

この記事の監修歯科医師
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
坂本 輝雄医師(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 矯正歯科 臨床准教授)

東京歯科大学卒業 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)修了 東京歯科大学歯科矯正学講座助手 慶応義塾大学医学部形成外科学教室非常勤講師 米国オクラホマ大学歯科矯正学講座 Visiting Assistant Professor 東京歯科大学歯科矯正学講座講師 東京歯科大学退職 東京歯科大学千葉歯科医療センター矯正歯科 臨床准教授

  1. 歯列矯正で手術が必要な場合の入院期間はどれくらい?どんな場合に手術が必要になるのか解説!

  2. 左右の歯の本数が違う!?歯列矯正で左右非対称を解消する方法

  3. 歯列矯正は最短どれくらいで終わらせられるの?早く終わらせるためのポイントを紹介します!

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-773-780